リンク冗長性のための LACP

リンクアグリゲーションを使用すると、ポートの冗長性をサポートできます。この場合、2 つ以上のポートをグループ化して、1 つのポートとして機能し、任意の時点でトラフィックを送信できます。

Citrix SD-WAN リリース11.0では、単純なLAG(アクティブバックアップ)がサポートされています。802.3ad LACP プロトコルベースのネゴシエーションは、現在のリリースではサポートされていません。アクティブなポートはいつでも 1 つだけであり、他のポートはバックアップモードになります。アクティブおよびバックアップのサポートは、LACP 機能のためにデータプレーン開発キット (DPDK) パッケージに依存しています。LACP 機能は、VPX/VPXL を除き、DPDK がサポートするプラットフォームでのみ使用できます。

制限事項

  • 210および410のアプライアンスで最大3つのLACPポートを作成でき、LACPグループごとに最大4つのポートを追加できます。

  • 他のすべてのアプライアンス(210 および 410 を除く)では、4 つの LACP グループを作成し、各グループに 4 つのポートを追加できます。

長所

  • パフォーマンスと冗長性の向上。
  • 可用性の向上
  • 迅速な構成と再構成

リンクアグリゲーショングループを表示するには、[ 構成] に移動し、[仮想 WAN] を展開し、[構成エディタ] を選択します。変更管理から仮想 WAN 構成.db ファイルを選択するか、ファイルを参照してインポートするファイルを選択します。

ローカライズされた画像

ドロップダウンリストから適切なオプションを選択し、[インポート] をクリックします。

ファイルがインポートされたら、[サイト] タブに移動し、[リンク集約グループ] をクリックします。

ローカライズされた画像

使用可能な物理ポートおよびイーサネットインターフェイスをすべて表示できます。[ + ] をクリックして LAG を作成または追加し、メンバーポートを選択して [ 適用] をクリックします。ポートが LAG に追加されると、メンバーではなく、 インターフェイスグループ 内の LAG ポートだけを表示できます。

メモ

インターフェイスグループに LACP ポートがある場合、このリンク状態伝播(LSP)機能はサポートされません。 LACP ポートは、LAN/WAN サイトおよび HA ポート用に構成できます。

アクティブおよびスタンバイLAGポートの詳細を表示するには、[ 構成 ]に移動し、[ アプライアンスの設定 ]を展開し、[ ネットワークアダプタ ]をクリックし、[ イーサネット]タブを選択します。

ローカライズされた画像

構成設定を変更するには、スレーブポートが LAG に属しているため、選択できません。つまり、LAGで設定が変更された場合、同じ変更がスレーブポートに自動的にプッシュされます。

リンク冗長性のための LACP