Citrix SD-WAN

SD-WAN アプライアンスのシングルステップアップグレード

シングルステップアップグレード機能を使用するには、シングルステップアップグレードをサポートするバージョンを MCN で実行する必要があります。たとえば、Citrix SD-WANリリースバージョン9.3.x以降などです。

SD-WAN GUI 変更管理オプションを使用して、ネットワーク内の非 SD-WAN コンポーネントを該当するすべてのプラットフォームエディションにアップグレードするシングルステップアップグレードパッケージが導入されています。MCN は、必要なすべてのソフトウェアコンポーネントをネットワーク内のサイト(ブランチ)に配布します。

ブランチがアップグレードコンポーネントファイルを受け取った後、これらのファイルは、ユーザーが指定したスケジュールされた時間間隔でインストールできます。スケジュールされた時刻が指定されていない場合、すべてのブランチに対して MCN によって設定されたデフォルトの時刻が使用されます。

MCN は、オンデマンドでサイト用のパッケージも生成します。アクティブなハイパーリンクからアクティブなパッケージをダウンロードします。ダウンロードしたアクティブパッケージを使用して、新しいサイトをネットワークに取り込むか、ブートストラップすることができます。

<version-number\ >以前のリリースバージョン(8.1.x、9.0.x、9.1.x、9.2.x)からシングルステップアップグレード(ctx-sw-\ .zip ファイル)を実行しようとすると、変更管理のアップロードエラーが発生します。

バージョン 9.3.3 以降を現在実行している場合は、 ctx-sw-10.1.0.122.zip (シングルステップアップグレードパッケージ) ファイルをアップロードします。

アップグレードする手順は、次のとおりです。

動作中の仮想 WAN 構成で 10.2 にアップグレードする

仮想 WAN 構成を使用せずに 10.2 にアップグレードする

サポートされているアップグレードおよびダウングレードのシナリオ

SD-WAN SE(Standard Edition)および PE(Premium Edition)アプライアンスでサポートされているアップグレードおよびダウングレードのシナリオを次に示します。まず Virtual WAN ソフトウェアをアップグレードし、必要なソフトウェアをブランチサイトまたは MCN でステージングした後、他のコンポーネントをアップグレードすることを前提としています。

工場出荷のアプライアンス

MCN からローカル変更管理パッケージをダウンロードし、出荷時のアプライアンスに適用できます。ローカル変更管理パッケージがブランチサイトボックスに適用されると、関連するすべてのコンポーネントはメンテナンスウィンドウを待たずにただちにアップグレードされます(該当する場合)。

レガシー仮想 WAN ソフトウェアを搭載したアプライアンス

  1. 仮想パスが稼働しているアクティブなネットワークに現在あるアプライアンス。
  • アプライアンスは MCN からパッケージを受信します。コンポーネントがインストールされ、MCN からすべてのファイルが受信され、スケジュールされたタイムウィンドウで使用できます。
  1. アプライアンスは現在、仮想パスがダウンしているネットワーク外にあります。
  • このプロセスは、工場出荷のアプライアンスのアップグレードと同様です。MCN からローカル変更管理をダウンロードし、ブランチサイトアプライアンスにソフトウェアパッケージをアップロードする必要があります。

シングルステップアップグレードをサポートするアプライアンス

アプライアンスは、アプライアンスのモデルとプラットフォームのエディションに基づいて、ブランチサイトに適用可能な複数のファイルをステージングします。バージョン情報は、ブランチサイトまたは構成オプション(該当する場合)によって報告されます。ブランチサイトアプライアンスは、ステージングされたファイルを利用してアップグレードを実行します。非仮想 WAN ソフトウェアコンポーネントは、基本設定、手動、スケジュールに基づいてインストールできます。

バージョン切り替えまたは元に戻す

以前のバージョンの仮想 WAN ソフトウェアへのダウングレードがサポートされています。シングルステップのアップグレードプロセスで、特定の Virtual WAN ソフトウェアバージョンでパッケージ化された WANOP ソフトウェアをインストールできます。アップグレードできるのは、パッケージ内のソフトウェアバージョンが高い場合にのみ、修正プログラム、SVM バージョンのみです。

従来の仮想 WAN ソフトウェアサポートへのシングルステップアップグレード

tar.gz ファイルを使用して、必要な構成でレガシソフトウェアを再インストールできます。

以前のソフトウェアバージョンにダウングレード:

tar.gz アップグレードプロセスを使用して既存のソフトウェアバージョンをリリースバージョン 10.2 にアップグレードした場合は、ソフトウェアバージョンを以前のソフトウェアバージョンにダウングレードできます。

.zip(シングルステップアップグレード)手順を使用してバージョン 10.2 にアップグレードした場合、ソフトウェアバージョンを以前のソフトウェアバージョンにダウングレードすることはできません。

高可用性デプロイモードでのシングルステップアップグレード

シングルステップアップグレード中に、高可用性フリップが発生した場合は、手動で古いプライマリアプライアンスに切り替えるか、シングルバンドルパッケージを新しいプライマリアプライアンスにアップロードする必要があります。

SD-WAN アプライアンスのシングルステップアップグレード