Citrix SD-WAN

ブランチへの構成のデプロイ

構成エディタを使用して構成を準備し、構成パッケージを変更管理の受信ボックスにエクスポートしたら、次の手順で SD-WAN アプライアンスパッケージをクライアントノードに配布できるように準備します。MCN 上の 管理 Web インターフェイスで、変更 管理ウィザードを使用します。

SD-WAN アプライアンスモデルごとに異なる SD-WAN ソフトウェアパッケージがあります。アプライアンス・パッケージは、展開する構成パッケージにバンドルされた、特定のモデルのソフトウェア・パッケージで構成されます。したがって、ネットワーク内のアプライアンス・モデルごとに異なるアプライアンス・パッケージを用意し、生成する必要があります。

必要な SD-WAN ソフトウェアパッケージをネットワークに接続されている PC にまだダウンロードしていない場合は、ここでダウンロードできます。ソフトウェアの取得とダウンロードについては、「SD-WAN ソフトウェアパッケージの取得」を参照してください。

パッケージと設定を MCN にアップロードしてインストールするには、次の手順を実行します。

  1. MCN アプライアンスの管理 Web インターフェイスにログインします。

    接続された PC に以前にダウンロードしたソフトウェアパッケージをアップロードしています。便宜上、この同じ PC を使用して MCN に再度接続することもできます。

  2. [構成]タブを選択します。

  3. 左側のペインで、[ 仮想 WAN ] セクションを開き、[ 変更管理] を選択します。変更管理 ウィザードの最初のページである「 変更プロセスの概要 」ページが表示されます。

    変更プロセスの概要

  4. [ 開始] をクリックします。指定した構成およびソフトウェアパッケージが表示されることをアップロードおよび確認するための [ Change Prepar ation] ページです。

    変更の準備

  5. ネットワークに必要な各 SD-WAN ソフトウェアパッケージをアップロードします。 展開する SD-WAN ソフトウェアパッケージごとに、次の手順を実行します。

    1. 「アイテムの アップロード」 フィールドの 横にある「ファイルを選択」をクリックします。アップロードする SD-WAN ソフトウェアパッケージを選択するためのファイルブラウザが開きます。

    2. SD-WAN ソフトウェアパッケージを選択し、[ OK] をクリックします

    3. 以前にローカル PC にダウンロードした SD-WAN ソフトウェアパッケージに移動し、アップロードするパッケージを選択します。

    4. [ アップロード] をクリックします

    5. ネットワークに必要な各 SD-WAN ソフトウェアパッケージについて、手順 (i) ~ (iii) を繰り返します。

  6. 構成 」フィールドのドロップダウンメニューで、 変更管理にエクスポートした新しい構成パッケージを選択します。

  7. アプライアンスのステージをクリックします。アプライアンスのステージングでは、次のアクションが開始されます。

    • 選択したソフトウェアパッケージと設定を MCN に転送します。

    • 選択した構成で識別される各アプライアンス・モデルに対して、アプライアンス・パッケージを生成します。

    • 新しいアプライアンス・パッケージを、サイト・アプライアンス・テーブルで使用可能なパッケージのリストに追加します。

    • 新しい設定と適切なソフトウェアパッケージを MCN にステージングします。

  8. [次へ] をクリックします。「 アプライアンスのステージング 」ページに進みます。

    アプライアンスのステージング

    ステージング操作が完了すると、Site-Appliance** テーブルに、新しくステージングされたアプライアンス・パッケージ情報が入力されます。

    これが初期展開の場合、MCN のみが更新され、ステージングされます。既存の展開を更新していて、展開されたサイト間で仮想パスがすでに機能している場合は、展開されたクライアントノードに適切なアプライアンスパッケージが配布され、それらのノードでステージングが開始されます。ただし、既存のVirtual WAN展開に新しいクライアント・ノードを追加する場合は、この手順の残りの手順で説明するように、新しいクライアントごとに適切なApplianceパッケージを手動でアップロード、ステージングおよびアクティブ化する必要があります。

    [ 変更管理] ページでサイトが接続されていないと表示される場合は 、ステージングプロセス中に失敗としてマークされ、進行状況バーは 100% まで完了します。接続されていないサイトがオンラインに戻り 、接続されると、MCN はそれを自動修正します。

  9. エラーが発生したときに以前のアプリケーションパッケージに戻すには、[ エラー時に元に戻す] を選択します。詳細については、「構成のロールバック」を参照してください。

  10. [ ステージングを有効化] をクリックします。

    ステージング MCN をアクティブ化

    この時点の結果と次のステップは、これが初期構成であるか、既存の構成を更新または置き換えるかによって、次のように異なります。

    • 既存の配置の設定を更新または変更する場合。
      • これが初期構成でない場合は、MCN アプライアンスの新しい構成と適切なアプライアンスパッケージがアクティブになります。その後、適切なアプライアンスパッケージがSD-WAN内の各クライアントに配布され、自動的にアクティブ化されます。この処理が完了するまで数秒かかることがあります。

    アクティベーションが完了しました

    アクティベーションが完了すると、[ アクティベーション完了 ] ステータスメッセージが表示され、[ 完了 ] ボタンが有効になります。さらに、表の上にある [ Configuration Filenames] ステータス行 (Configuration Filenames) の [ Active] フィールドに、新しくアクティブ化されたパッケージの名前が表示されるようになりました

  11. [ **完了] をクリックし、次のいずれかの操作に進みます。

    -初期構成をアクティブ化 する場合、新しい構成パッケージはこの時点ではアクティブ化されず、さらに実行する必要がある手順があります。次の手順では、構成パッケージをローカルアプライアンスのステージング領域にコピーし、MCN 上で構成パッケージをステージングおよびアクティブ化するための準備を行います。

    以下を実行します:

  12. [ ステージのアクティブ化] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。

    ステージングされたメッセージのアクティブ化

  13. [OK] をクリックします。

  14. [ ステージングされたアクティブ化] をクリックします。

    これにより、アクティベーション操作の確認を求めるダイアログボックスが表示されます。

    アクティブ化の段階確認ポップアップ

    アクティブ化の段階確認

  15. [OK] をクリックします。

    これにより、ステージングされた構成パッケージのアクティブ化が開始されます。この処理には数秒かかります。この間、進捗状況メッセージが表示されます。

    アクティベーションが完了すると、アクティベーションが完了したことを示すステータスメッセージが表示され、[ 完了 ] ボタンが有効になります。

  16. [完了] をクリックします。これにより、[管理 Web Interface Dashboard ] ページに進み、アクティブ化の結果を表示できます。

これで、MCN での SD-WAN アプライアンスパッケージの準備が完了しました。クライアントアプライアンスをネットワークに接続する(/en-us/citrix-sd-wan/current-release/configuration/connecting-client-appliances-to-network.html)に進みます。

ヒント

変更管理 ウィザードでは、サイト・アプライアンスのテーブルを検索できます。これにより、複数のサイトがある大規模なネットワーク上のサイトを検索し、必要な段階的な構成をダウンロードできます。エラー状態を検索することもできます。たとえば、「失敗」や「未接続」などです。これにより、その状態にあるすべてのサイトのリストが表示されます。

ブランチへの構成のデプロイ