Citrix SD-WAN

110-LTE-WiFiアプライアンスでのLTE機能の構成

LTE接続を使用して、Citrix SD-WAN 110-LTE-WiFiアプライアンスをネットワークに接続できます。このトピックでは、モバイルブロードバンド設定の構成、LTE 用のデータセンターおよびブランチアプライアンスの構成などについて詳しく説明します。Citrix 110-LTE-WiFi ハードウェアプラットフォームについて詳しくは、「 Citrix SD-WAN 110 Standard Editionアプライアンス」を参照してください。

LTE 接続は、SIM キャリアまたはサービスプロバイダーのネットワークによって異なります。

Citrix SD-WAN 110-LTE-WiFiの使用を開始する

  1. アプライアンスの電源を入れ、Citrix SD-WAN 110-LTE-WiFiアプライアンスのSIMカードスロットにSIMカードを挿入します。

    Citrix SD-WAN 110-LTE-WiFiアプライアンスは、2つの標準を持っています (2FF) SIMスロット. マイクロ(3FF)およびナノ(4FF)サイズのSIMを使用するには、SIMアダプタを使用します。小さいSIMをアダプタにスナップします。アダプタは、フィールド交換可能ユニット(FRU)としてCitrixから入手するか、SIMプロバイダから入手できます。

  2. アンテナをCitrix SD-WAN 110-LTE-WiFiアプライアンスに固定します。詳細については、「 LTE アンテナの取り付け」を参照してください。
  3. アプライアンスの電源を入れます。

  4. APN 設定を構成します。SD-WAN GUI で設定 > アプライアンス設定 > ネットワークアダプタ > モバイルブロードバンド > APN 設定にナビゲートして下さい

    キャリアから APN 情報を入手します。

    APN設定

  5. SIMカードを選択し、 通信事業者から提供されたAPNユーザー名パスワード認証を入力します 。PAP、CHAP、PAPCHAP認証プロトコルから選択できます。通信事業者が認証タイプを提供していない場合は、[ なし]に設定します。

    これらのフィールドはすべてオプションです。

  6. [ APN 設定の変更] をクリックします。

  7. SD-WAN アプライアンスの GUI で、[ 構成 ] > [ アプライアンスの設定 ] > [ ネットワークアダプタ ] > [ モバイルブロードバンド] に移動します。

    モバイルブロードバンド設定のステータス情報を表示できます。

    モバイルブロードバンドの状態情報

以下は、いくつかの有用なステータス情報です。

  • 動作モード:モデムの状態を表示します。
  • アクティブSIM:アクティブになることができるSIMはいつでも、1つのみです。現在アクティブになっているSIMを表示した。
  • カードの状態:Present は SIM が正しく挿入されていることを示します。
  • 信号強度: 信号強度の品質-優秀、良好、公正、不良、または信号なし。
  • ホームネットワーク:挿入された SIM のキャリア。
  • APN 名:LTE モデムが使用するアクセスポイント名。
  • セッション状態:Connected は、デバイスがネットワークに参加したことを示します。セッション状態が切断されている場合は、アカウントが有効になっていて、データプランが有効になっていれば、通信事業者に確認してください。

SIM プリファレンス

Citrix SD-WAN 110-LTE-WiFiアプライアンスに2つのSIMを挿入できます。一度に 1 つの SIM だけがアクティブになります。 SIM プリファレンスを選択します

  • SIM One 推奨: 2 つの SIM が挿入されている場合、起動時に LTE モデムは SIM One を使用します (使用可能な場合)。LTE モデムが起動して実行されると、その時点で使用可能なSIM(SIM 1 または SIM 2)が使用されます。SIMがアクティブになるまで使用し続けます。
  • SIM Two 推奨:SIMが2台挿入されている場合、LTEモデムはSIMTwoを使用します(利用可能な場合)。LTE モデムが起動して実行されると、その時点で使用可能なSIM(SIM 1 または SIM 2)が使用されます。SIMがアクティブになるまで使用し続けます。
  • SIM One: 両方の SIM スロットの SIM 状態に関係なく、SIM One のみが使用されます。SIM Oneは常にアクティブです。
  • SIM Two:両方の SIM スロットの SIM 状態に関係なく、SIM Two のみが使用されます。SIM Two は常にアクティブです。

SIM プリファレンス

SIMピン

PIN でロックされている SIM カードを挿入した場合、SIM ステータスは 有効化-検証されていない 状態になります。SIM PIN で認証されるまで、SIM カードは使用できません。SIM PIN は通信事業者から入手できます。

SIM PIN 操作は、アクティブな SIM にのみ適用されます。

SIM PIN 操作を実行するには、[ 構成] > [アプライアンスの設定] > [ネットワークアダプタ] > [モバイルブロードバンド] > [SIM PIN] に移動します。

SIM ピンの状態

PIN を確認をクリックします。通信事業者から提供された SIM PIN を入力し、[ PIN の確認] をクリックします。

PINの検証

ステータスは [ 有効化検証済み]に変わります。

SIM が有効になっていることを確認しました

SIM PIN を無効にする

SIM PIN が有効で確認されている SIM の SIM PIN 機能を無効にすることができます。

SIM が有効になっていることを確認しました

PIN を無効にするをクリックしますSIM PIN を入力して、[ 無効にする] をクリックします。

SIM PIN を無効にする

SIM PIN を有効にする

SIM PIN は、無効になっている SIM に対して有効にすることができます。

SIM PIN が無効になっています

PIN を有効にするをクリックします。通信事業者から提供された SIM PIN を入力し、[ 有効] をクリックします。

PIN を有効にする

SIM PIN の状態が enabled-not-verifiedに変わった場合は、PIN が検証されず、PIN が検証されるまで LTE 関連の操作を実行できないことを意味します。

SIM ピンの状態

PIN を確認をクリックします。通信事業者から提供された SIM PIN を入力し、[ PIN の確認] をクリックします。

PINの検証

SIM PIN の変更

PIN が有効検証済み状態になったら 、PIN の変更を選択できます。

SIM が有効になっていることを確認しました

PIN の変更をクリックします。通信事業者から提供された SIM PIN を入力します。新しい SIM PIN を入力し、確認します。 PIN の変更をクリックします

PINの変更

SIM のブロック解除

SIM PINを忘れた場合、通信事業者から取得したSIM PUKを使用してSIM PINをリセットすることができます。

SIM のブロック解除

SIM のブロックを解除するには、[ ブロック解除] をクリックします。選択した SIM PIN を入力します。キャリアから入手した SIM PUK を入力し、[ ブロック解除] をクリックします。

SIM のブロック解除

注: SIMカードは、SIMのブロックを解除しながら、PUKの10回の試行に失敗して永久にブロックされます。新しいSIMカードについては、通信事業者に連絡する必要があります。

SIMカードがブロックされました

ネットワーク設定

内部LTEモデムをサポートするCitrix SD-WAN アプライアンス上のモバイルネットワークを選択できます。サポートされるネットワークは、3G、4G、またはその両方です。

ネットワーク設定

ローミング

ローミングオプションは、LTE アプライアンスではデフォルトで有効になっています。無効にすることもできます。

ローミング

モデムの有効化/無効化

LTE機能を使用する意図に応じて、モデムを有効/無効にします。デフォルトでは、LTE モデムは有効になっています。

モデムの有効化

モデムの再起動

モデムをリブートします。再起動操作が完了するまで、最大で 7 分かかる場合があります。

SIM のリフレッシュ

このオプションは、110-LTE-WiFiモデムによってSIMカードが正しく検出されない場合に使用します。

[SIM の更新] 操作は、アクティブな SIM に対してのみ適用されます。

SIM リフレッシュ

Citrix SD-WAN Centerを使用して、ネットワーク内のすべてのLTEサイトをリモートで表示および管理できます。詳細については、 リモート LTE サイト管理を参照してください

CLI を使用した LTE 機能の設定

CLIを使用して110-LTE-WiFiモデムを設定します。

  1. Citrix SD-WANアプライアンスコンソールにログインします。
  2. プロンプトで、CLI インターフェイスにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。
  3. プロンプトで、コマンド lteを入力します。 >helpと入力します。これにより、設定に使用できる LTE コマンドのリストが表示されます。

110 LTE CLI

次の表に、 LTE コマンドの説明を示します。

コマンド 説明
ヘルプ {lte>help} 使用可能なLTEコマンドとパラメータをリストします
ステータス {lte>status} LTE 接続ステータスを表示します。
{lte>show} を表示 LTE 設定を表示します。
{lte>Disable} を無効にする LTE モデムを無効にします。
{lte>Enable} を有効にする LTE モデムを有効にします。
APN {lte>apn} APN 設定情報を設定します。
SIM電源オフ、オン、リセット> {lte>sim-電源オフ、オン、リセット} SIMカードの電源を切る、SIMカードの電源を入れ、SIMカードをリフレッシュする
[1l2] [1l2] {lte>select [1l2] [1l2]} を選択 LTEモデム用のSIMを選択します。
SIM-prefer {lte>sim-prefer} 優先する SIM または使用する SIM を選択します。
SIM PIN {lte>sim-pin} SIM PIN 関連の操作
再起動 {lte>reboot} LTE モデムを再起動します

ファームウェア関連の操作は、110-LTE-WiFi アプライアンスではサポートされていません。

LTE 用の MCN の設定

110-LTE-WiFi アプライアンスを MCN として構成することはできません。ただし、MCN が LTE ブランチアプライアンスと連携するには、MCN アプライアンスで次の設定を実行します。

MCN を設定するには、次の手順を実行します。

  1. SD-WAN アプライアンスの GUI にログインします。[構成エディタ] に移動します。MCN サイトの設定を完了します。 MCN の設定を参照してください

  2. WAN リンク設定の一部として、ルーティング可能なパブリック IP アドレスを指定してください。クライアントアプライアンスのパブリック IP アドレスを設定する必要はありません。

    LTE 用の MCN の設定

LTE のブランチを構成する

110-LTE-WiFiアプライアンスをブランチサイトとして設定するには:

  1. SD-WAN アプライアンス GUI で、設定エディタに移動します。 ブランチの設定を参照してください
    • インターフェイスグループを作成します。
    • 次の項目を選択して、最大 1 つの仮想インターフェイスと 1 つのインターフェイスグループを作成し、LTE アダプタで WAN リンクを設定します。
      • イーサネットインターフェイス — LTE 1
      • セキュリティ:信頼できない(デフォルト)
      • DHCP クライアント:有効(デフォルト)

    インターフェイスグループ

  2. LTE インターフェイス用に作成された仮想インターフェイスを使用して WAN リンクを設定する場合は、WAN リンク設定の AutoDetect Public IP を有効にします。

    パブリック IP の自動検出

  3. デフォルトでは、LTE インターフェイスを使用して WAN リンクを設定しようとすると、WAN リンクは従量制リンクおよびラストリゾートスタンバイモードとしてマークされます。必要に応じて、これらのデフォルト設定を変更できます。

    スタンバイモード

    WAN リンクのアクセスインターフェイスの IP アドレスおよびGateway アドレスは、DHCP を介してキャリアから情報を受信するため、設定する必要はありません。

    アクセスインターフェイス

  4. 110-LTE-WiFi アプライアンスに必要なブランチ設定の残りの部分を完了します。 ブランチの設定を参照してください

  5. SD-WAN ソフトウェアをアップロードして、変更管理を実行します。 変更管理の手順を参照してください

  6. ローカル変更管理プロセスを通じて構成をアクティブ化します。変更管理を実行すると、構成がアクティブ化され、必要な構成が適用されます。

LTE経由のゼロタッチ展開

SD-WAN 110 SE アプライアンスは、管理ポートとデータポートを介して、SD-WAN アプライアンスの day-0 Provisioning と day-n 管理の両方をサポートします。

LTE経由のゼロタッチ導入サービスを有効にする前提条件:

  1. アンテナを取り付け、アプライアンスの電源を入れ、SIMカードを挿入します。
  2. SIM カードに有効なデータプランがあることを確認します。
  3. 管理/データポートが接続されていないことを確認します。
    • 管理/データポートが接続されている場合は、管理/データポートを切断します。
    • 管理/データインターフェイスにスタティック IP アドレスが設定されている場合は、DHCP を使用して管理/データインターフェイスを設定し、設定を適用してから、管理/データポートを切断する必要があります。
  4. 110-LTE-WiFi アプライアンスの設定で、LTE インターフェイスに対してインターネットサービスが定義されていることを確認します。

アプライアンスの電源がオンになると、ゼロタッチ展開サービスは LTE ポートを使用して、最新の SD-WAN ソフトウェアと SD-WAN 構成を取得します。

SD-WAN Center GUI を使用して、110-LTE-WiFi アプライアンスをゼロタッチ展開サービス用に展開および設定できます。

SD-WAN Center を使用した 110-LTE-WiFi アプライアンスのデプロイと設定の詳細については、 ゼロタッチデプロイメント手順を参照してください

110-SE LTEアプライアンスの管理/データインターフェースを介したゼロタッチ導入サービス

管理/データポートをインターネットに接続し、他のすべての非 LTE プラットフォームでサポートされている標準のゼロタッチ展開手順を使用します

サポートされていないプラットフォーム

Day-0 プロビジョニングと Day-N 管理は、次の SD-WAN アプライアンスではサポートされていません。

  • Citrix SD-WAN 1000 SE/PE
  • Citrix SD-WAN 2000 SE/PE
  • Citrix SD-WAN 4000 SE

LTE REST API

LTE REST API の詳細については、SD-WAN GUI に移動し、[ 構成] > [アプライアンスの設定] > [NITRO API] の順に移動します。[ Nitro API ドキュメントのダウンロード ] をクリックします。SIM PIN機能用のREST APIは、Citrix SD-WAN 11.0で導入されています。

REST API

AT コマンド

AT コマンドは、LTE モデムの設定とステータスのモニタリングとトラブルシューティングに役立ちます。 ATはAtTensionの略称。すべてのコマンドラインが atで始まるので、AT コマンドと呼ばれます。LTEをサポートするCitrix SD-WAN プラットフォームモデルは、ATコマンドの実行をサポートします。AT コマンドはモデム固有であるため、AT コマンドのリストはプラットフォームによって異なります。

AT コマンドを実行するには、次の手順に従います。

  1. Citrix SD-WANアプライアンスコンソールにログインします。
  2. プロンプトで、CLI インターフェイスにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。
  3. プロンプトで「 lte」と入力します
  4. at と入力し、AT コマンドを入力します。

以下はその例です:

  • at at+cpin — SIM ステータス情報を提供します。

    LTE AT SIM ステータスコマンド