Citrix SD-WAN

ECMP 負荷分散

ECMP(等コストマルチパス)グループを使用すると、同じコスト、宛先、サービスで複数のパスをグループ化できます。接続またはセッション・データは、ECMPグループのタイプに応じて、ECMPグループ内のすべてのパスでロード・バランシングされます。たとえば、同じルートコストを持つブランチとデータセンターの間に 2 つの WAN リンクを持つネットワークがあるとします。従来、WAN リンクの 1 つはアクティブで、もう 1 つはフォールバックリンクとして機能している状態のままでした。ECMP グループを使用すると、これらの WAN リンクをグループ化して、両方の WAN リンクを通じてトラフィックの負荷分散を行うことができます。ECMP 負荷分散により、次のことが保証されます

  • 複数の等価コストパスへのトラフィックの分散
  • 利用可能な帯域幅の最適な使用。
  • リンクに障害が発生した場合に、他の ECMP メンバーパスへのトラフィックの動的転送ECMP は、IPsec/GRE トンネルでスタティックルートをサポートします。

ECMPロード・バランシングは、仮想パスおよびイントラネット・サービスでサポートされています。ECMP グループは、グローバルレベルで定義されます。ネットワークには、最大 254 の ECMP グループを定義できます。ECMP グループ内の ECMP 適格ルートの最大数は、アプライアンスとライセンスタイプによって異なります。Citrix SD-WAN では、次の2種類のECMPグループがサポートされています。

  • 送信元/宛先 IP アドレス: 複数のクライアントが同じ宛先に接続しようとするネットワークでは、同じコストの WAN リンク間で接続の負荷分散が行われます。
  • セッション:単一のクライアントが宛先に接続され、 複数のセッションが生成されるネットワーク。セッションデータは、等コストの WAN リンク間で負荷分散されます。

ECMP グループを構成するには、構成エディタで [ グローバル ] > [ ECMP グループ] に移動します。ECMP グループの名前を入力し、必要に応じて [ Src/Dest IP アドレス ] または [ セッション ] としてタイプを選択します。

ECMP グループ

ECMP グループは、仮想パスおよびイントラネットのデフォルトセットに関連付けることができます。

デフォルトセットを ECMP グループに関連付ける

ECMP グループを仮想パスおよびイントラネットサービスに関連付けるには、次の 3 つの方法があります。

  • 継承: サービスは、デフォルトセットに関連付けられた ECMP グループを継承します。デフォルトセットに関連付けられた ECMP グループがない場合、サービスはどのECMPグループにも関連付けられません。

    継承

  • なし: デフォルトセットが ECMP グループに関連付けられている場合でも、サービスはどのECMPグループにも関連付けられません。

    なし

  • ECMP グループ: グローバルレベルで定義された ECMP グループの 1 つを選択して、ECMP グループをサービスに関連付けます。選択した ECMP グループは、デフォルトセットに関連付けられた ECMP グループよりも優先されます。

    なし

ECMP 負荷分散を監視するには、SD-WAN UI で、[ 監視 ] > [ 統計 ] > [ ルート ] に移動し、ECMP グループ名を使用して検索結果をフィルタリングします。

監視

サンプルデータでは、共通の ECMP グループを持つサービス内のすべてのルートが ECMP グループに属していることがわかります。 たとえば、6.6.0/24 と 5.5.5.0/24 は ECMP グループに属します。ただし、トラフィックの負荷は、宛先 IP 5.5.5.0/24 を共有し、同じ ECMP グループに関連付けられているサービス New_Intranet_Service-3と New_Intranet_Service-4 の間で分散されます。

)SIA および Zscaler サービスでは、ECMP (アクティブ/アクティブ) を使用して 2 つの IPsec トンネルパス間で負荷分散できます。

ECMP負荷分散機能は、次の SD-WAN アプライアンスではサポートされていません。

  • Citrix SD-WAN 1000 SE/PE
  • Citrix SD-WAN 2000 SE/PE
  • Citrix SD-WAN 4000 SE
ECMP 負荷分散