Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス

クイック展開でのトラブルシューティング

はじめに

リソースの場所には、デスクトップとアプリを提供するマシンが含まれています。これらのマシンはカタログで作成されるため、カタログはリソースの場所の一部と見なされます。各リソースの場所には、Cloud Connectorも含まれています。Cloud Connectorにより、Citrix Cloudはリソースの場所と通信できるようになります。通常、シトリックスがCloud Connectorのインストールおよび更新を行います。

オプションで、複数のCloud Connectorおよびリソースの場所の操作を開始できます。以下の情報も参照してください:

このサービスには、デスクトップとアプリ(VDA)を提供するマシンとの構成および通信の問題を解決するのに役立つトラブルシューティングツールとサポートツールがあります。たとえば、カタログの作成に失敗したり、ユーザーがデスクトップやアプリを起動できなかったりすることがあります。

このトラブルシューティングには、踏み台マシンまたは直接RDPでCitrix Managed Azureサブスクリプションにアクセスすることが含まれます。サブスクリプションにアクセスした後、Citrixサポートツールを使用して問題を特定して解決できます。詳しくは、次のページを参照してください:

踏み台マシンまたは直接RDPを使用したVDAのトラブルシューティング

サポート機能は、Citrixサービスの問題のトラブルシューティングをした経験がある人を対象としています。以下が対象となります:

  • Citrix Virtual Apps and Desktops製品の技術的知識とトラブルシューティングの経験を持つ、Citrix Service Provider(CSP)など。
  • Citrixサポート担当者。

Citrixコンポーネントのトラブルシューティングに慣れていない、または自信がない場合は、Citrixサポートにサポートを依頼できます。Citrixサポート担当者から、このセクションで説明されているアクセス方法の1つを設定するように求められる場合があります。ただし、Citrixのツールと技術を使用した実際のトラブルシューティングはCitrixの担当者が行います。

重要:

これらのサポート機能は、ドメイン参加済みマシンにのみ有効です。カタログ内のマシンがドメイン未参加の場合、Citrixサポートはトラブルシューティングのヘルプを要求するよう案内します。

アクセス方法

以下のアクセス方法は、Citrix Managed Azureサブスクリプションでのみ有効です。詳しくは、「Azureサブスクリプション」を参照してください。

2つのサポートアクセス方法が提供されています。

  • 顧客専用のCitrix Managed Azureサブスクリプション内の踏み台マシンを使用して、リソースにアクセスします。踏み台マシンは、サブスクリプション内のマシンへのアクセスを許可する単一のエントリポイントです。指定された範囲のIPアドレスからのリモートトラフィックを許可することにより、これらのリソースへの安全な接続を提供します。

    この方法の手順は次のとおりです:

    • 踏み台マシンを作成する
    • RDPエージェントをダウンロードする
    • 踏み台マシンにRDPアクセスする
    • サブスクリプション内の踏み台マシンから他のCitrixマシンに接続する

    踏み台マシンは短期間の使用を目的としています。この方法は、カタログまたはイメージマシンの作成に関連する問題を対象としています。

  • 顧客専用のCitrix Managed Azureサブスクリプション内のマシンに直接RDPアクセスします。RDPトラフィックを許可するには、ネットワークセキュリティグループでポート3389を定義する必要があります。

    この方法は、ユーザーがデスクトップを起動できないなど、作成以外のカタログの問題を対象としています。

注意事項:これら2つのアクセス方法以外の方法については、Citrixサポートにお問い合わせください。

踏み台マシンアクセス

  1. [管理]>[クイック展開] を選択してから、右側にある [トラブルシューティングとサポート] を開きます。
  2. [トラブルシューティングオプションの表示] をクリックします。
  3. [トラブルシューティング] ページで、最初の2種類の問題のいずれかを選択し、[トラブルシューティングマシンを使用する]をクリックします。
  4. [踏み台マシンを使ってトラブルシューティングを行う] ページで、カタログを選択します。

    • 選択したカタログのマシンがドメイン未参加の場合は、Citrixサポートに連絡するように指示されます。
    • 選択したカタログのネットワーク接続へのRDPアクセスで踏み台マシンが既に作成されている場合は、手順8にスキップします。
  5. RDPアクセス範囲が表示されます。ネットワーク接続で許可されている範囲よりも狭い範囲にRDPアクセスを制限する場合は、[IPアドレス範囲内のコンピューターのみにRDPアクセスを制限する]チェックボックスをオンにして、目的の範囲を入力します。
  6. 踏み台マシンにRDPアクセスするとき、ログインに使用するユーザー名とパスワードを入力します。パスワードの要件

    ユーザー名にUnicode文字を使用しないでください。

  7. [踏み台マシンを作成] をクリックします。

    踏み台マシンが正常に作成されると、ページタイトルが踏み台 - 接続に変わります。

    踏み台マシンの作成が失敗した場合(または操作中に失敗した場合)、失敗通知ページの下部にある [削除] をクリックします。もう一度、踏み台マシンの作成を試行してください。

    踏み台マシンの作成後に、RDP範囲の制限を変更できます。[編集] をクリックします。新しい値を入力し、チェックマークをクリックして変更を保存します(変更をキャンセルするには、[X]をクリックします)。

  8. [RDPファイルのダウンロード] をクリックします。
  9. 踏み台マシンの作成時に指定した資格情報を使用して、踏み台マシンにRDPアクセスします(踏み台マシンのアドレスは、ダウンロードしたRDPファイルに埋め込まれています)。
  10. サブスクリプション内の踏み台マシンから他のCitrixマシンに接続します。その後、ログを収集して診断を実行できます。

踏み台マシンは、作成時に電源がオンになります。コストを節約するため、マシンが起動後にアイドル状態のままである場合、マシンの電源は自動的にオフになります。マシンは数時間後に自動的に削除されます。

ページの下部にあるボタンを使用して、踏み台マシンを電源管理または削除できます。踏み台マシンの削除を選択した場合は、マシン上のアクティブなセッションが自動的に終了になることを確認する必要があります。また、マシンに保存されていたデータやファイルはすべて削除されます。

直接RDPアクセス

  1. [管理]>[クイック展開] を選択してから、右側にある [トラブルシューティングとサポート] を開きます。
  2. [トラブルシューティングオプションの表示] をクリックします。
  3. [トラブルシューティング] ページで、[その他のカタログの問題]を選択します。
  4. [RDP アクセスを使ってトラブルシューティングを行う] ページで、カタログを選択します。

    選択したカタログのネットワーク接続へのRDPアクセスが既に有効になっている場合は、手順7にスキップします。

  5. RDPアクセス範囲が表示されます。ネットワーク接続で許可されている範囲よりも狭い範囲にRDPアクセスを制限する場合は、[IPアドレス範囲内のコンピューターのみにRDPアクセスを制限する]チェックボックスをオンにして、目的の範囲を入力します。
  6. [RDPアクセスを有効にする] をクリックします。

    RDPアクセスが正常に有効になると、ページタイトルがRDPアクセス - 接続に変わります。

    RDPアクセスが正常に有効になっていない場合は、失敗通知ページの下部にある [RDPの有効化を再試行] をクリックします。

  7. Active Directory管理者の資格情報を使用してマシンに接続します。その後、ログを収集して診断を実行できます。

支援が必要な場合

依然として問題が解決しない場合は、「ヘルプとサポートの利用」の手順に従ってチケットを開いてください。

クイック展開でのトラブルシューティング