Personal vDisk

Personal vDisk機能を使用すると、プールされるデスクトップやストリーム配信されるデスクトップを単一のイメージで管理でき、しかもユーザーによるアプリケーションのインストールやデスクトップ設定の変更が可能になります。従来の仮想デスクトプインフラストラクチャ(VDI)では、仮想デスクトップでユーザーが設定を変更したりアプリケーションをインストールしたりしても、管理者がマスターイメージを更新するたびにそれらの変更が破棄されてしまいます。Personal vDiskを使用すると、ユーザーによる変更がそのまま保持されます。管理者は、ユーザーによるデスクトップのカスタマイズや個人設定を許可しながら、マスターイメージを容易に一元管理できます。

Personal vDiskでは、ユーザーの仮想マシンに対するすべての変更をその仮想マシンに割り当てられた別ディスク(Personal vDisk)にリダイレクトすることにより、変更内容を保持します。Personal vDiskに保存された内容はデスクトップの実行時にマスターイメージの内容と統合され、ユーザーに一貫した操作環境が提供されます。この方法では、管理者がマスターイメージでプロビジョニングしたアプリケーションにもユーザーは引き続きアクセスできます。

Personal vDiskは、デフォルトで同じ容量の2つの領域で構成されます。

  • ユーザープロファイル:ここには、ユーザーデータ、ドキュメント、およびユーザープロファイルが格納されます。デフォルトではドライブ文字「P」が割り当てられますが、マシンカタログを作成するときに別のドライブ文字を選択することもできます。使用されるドライブの設定は、レジストリキーEnableUserProfileRedirectionにも依存します。
  • 仮想ハードディスク(VHD)ファイル:ここには、そのほかのすべてのファイル(C:\Program Filesにインストールされたアプリケーションなど)が格納されます。この部分はWindows Explorerには表示されず、Version 5.6.7以降ではドライブ文字は必要ありません。

Personal vDiskでは、個々のユーザーがダウンロードしてインストールするアプリケーションに加えて、部門レベルでプロビジョニングするアプリケーションがサポートされます。これにはドライバー(Phase 1ドライバーを除く)やデータベースを必要とするアプリケーション、およびマシン管理ソフトウェアなどがあります。ユーザーによる変更と管理者による変更が競合する場合でも、Personal vDiskの機能を使って簡単かつ自動的に解決できます。

さらに、ローカルで管理されるアプリケーション(ローカルのIT部門によりプロビジョニングされて管理されるアプリケーションなど)をユーザーの環境にプロビジョニングすることもできます。Personal vDiskを使用する場合でも、ユーザーの操作性は変更されません。ユーザーが変更した設定やインストールしたアプリケーションは、自動的にPersonal vDisk上に格納されます。Personal vDisk上のアプリケーションがマスターイメージ上のものとまったく同じである場合、Personal vDisk上のアプリケーションが破棄されます。これにより、そのアプリケーションは使用可能なままPersonal vDiskの容量が節約されます。

物理的には、Personal vDiskをハイパーバイザーに格納します。ただし、仮想デスクトップにアタッチされているほかのディスクと同じ場所に配置する必要はありません。これにより、Personal vDiskストレージのコストを削減できます。

サイトの作成中、コネクションを作成するときに、仮想マシンで使用されるディスクのストレージを指定します。Personal vDiskは、オペレーティングシステム用のディスクとは異なるストレージに配置できます。各仮想マシンは、どちらのストレージにもアクセスできる必要があります。これらのディスクをローカルストレージに配置する場合は、同じハイパーバイザーからアクセスできる必要があります。このため、これらの条件を満たすストレージのみが表示されます。後で、Personal vDiskとそのストレージを既存のホストに追加することもできます(マシンカタログには追加できません)。これを行うにはStudioで[構成]の[ホスト]を選択します。

Personal vDiskは、適切な方法で定期的にバックアップしてください。vDiskはハイパーバイザーのストレージ層の標準のボリュームであるため、ほかのボリュームと同様の方法でバックアップできます。

Personal vDisk 7.6.1の新機能

このリリースには、以下の改善が含まれています。

  • Personal vDiskのパフォーマンスが向上し、Personal vDiskカタログにイメージ更新を適用するときの時間が短くなりました。

このリリースでは、以下の問題が解決されています。

  • 基本仮想マシン上のMicrosoft Office 2010をMicrosoft Office 2013にインプレースアップグレードすると、再構成のウィンドウが開いた後で「エラー25004。入力したプロダクトキーは、このコンピューターでは使用できません」というエラーメッセージが表示されることがありました。これまでのリリースでは、基本仮想マシンからOffice 2010をアンインストールしてからOffice 2013をインストールすることでこのエラーを避けることができました。このリリースでは、Office 2010をアンインストールせずにインプレースアップグレードできます(#391225)。
  • ユーザーのPersonal vDisk上に新しいバージョンのMicrosoft .NETが存在する場合、イメージの更新時に基本仮想マシン上の以前のバージョンで上書きされるという問題がありました。この問題により、新しいバージョンの.Netを使用するPersonal vDisk上のアプリケーション(Visual Studioなど)が正しく動作しなくなることがありました(#439009)。
  • Personal vDiskがインストールされ有効なProvisioning ServicesイメージディスクでPersonal vDiskを使用しないマシンカタログを作成できないという制限事項がありました。このリリースでは、この制限事項はありません(#485189)。

Personal vDisk 7.6について

Version 7.6には、以下の新機能が追加されています。

  • 拡張されたPersonal vDiskのエラー処理およびレポート。Personal vDiskが有効なマシンをStudioのマシンカタログで表示すると、[PvD]タブにイメージ更新時の監視状態や推定完了時間、および進行状況が表示されます。また、より詳細な状態情報が表示されるようになりました。
  • 以前のバージョンで提供されていたPersonal vDiskイメージ更新の監視ツール(Image Update Monitoring Tool)が、ISOイメージのISO\Support\Tools\Scripts\PvdToolフォルダーに収録されています。以前のバージョンでも監視機能が提供されていましたが、このリリースではより高度なレポート機能が提供されます。
  • Provisioning Servicesのテストモジュールを使用すると、テストカタログ内の更新済みイメージでマシンを起動できます。起動したマシンの安定性を確認した後で、テスト用のPersonal vDiskを実稼働用に昇格させることができます。
  • インベントリ実行時に、(Personal vDiskデスクトップ単位ではなく)2つのインベントリの相違を計算できるようになりました。新しく追加されたコマンドを使用して、MCSカタログの既存のインベントリをエクスポートしてインポートできます。(Provisioning ServicesのマスターvDiskの場合は、以前のインベントリが既に含まれています。)

Version 7.1.3で確認されVersion 7.6で解決された問題は以下のとおりです。

  • Personal vDiskのアップグレードを中断すると、既存のPersonal vDiskが破損することがありました。 [#424878]
  • Personal vDiskを長時間実行して非ページメモリリークが発生すると、仮想デスクトップが応答不能になることがありました。 [#473170]

Version 7.6で新たに確認された問題は以下のとおりです:

  • アンチウイルス製品をインストールすると、インベントリや更新に時間がかかる場合があります。CtxPvD.exeおよびCtxPvDSvc.exeをアンチウイルス製品の除外プロセスの一覧に追加すると、パフォーマンスを向上させることができます。これらのファイルは、C:\Program Files\Citrix\personal vDisk\binにあります。 [#326735]
  • マスターイメージから継承されたファイル間のハードリンクは、Personal vDiskカタログで保持されません。 [#368678]
  • Personal vDiskマスターイメージ上のOffice 2010をOffice 2013にアップグレードすると、仮想マシン上でのOfficeの起動に失敗することがあります。これは、アップグレード時にOffice KMSライセンスプロダクトキーが削除されるために発生します。この問題を回避するには、マスターイメージ上でOffice 2010をアンインストールしてからOffice 2013を再インストールしてください。 [#391225]
  • Personal vDiskカタログはVMware Paravirtual SCSI(PVSCSI)コントローラーをサポートしません。デフォルトのコントローラーを使用してください。 [#394039]
  • Personal vDisk Version 5.6.0を使用する仮想デスクトップでユーザーが作成したファイルが、Personal vDisk Version 7へのアップグレード後に消失することがあります。この問題は、プールされた仮想マシンにログオンしたときに新しいユーザープロファイルが作成されるために発生します。現在、この問題を回避する方法はありません。 [#392459]
  • Windows 7を実行するPersonal vDiskでWindowsシステム保護機能が有効な場合、バックアップと復元機能を使用できません。システム保護を無効にするとユーザープロファイルがバックアップされますが、userdata.v2.vhdファイルは除外されます。システム保護を無効にしてバックアップと復元機能を使ってユーザープロファイルのバックアップを作成することをお勧めします。 [#360582]
  • ディスクの管理ツールを使用して基本仮想マシン上でVHDファイルを作成する場合、VHDをマウントできないことがあります。この問題を解決するには、Personal vDiskボリュームにVHDをコピーしてください。 [#355576]
  • Office 2010ソフトウェアを削除しても、そのショートカットが仮想デスクトップから削除されません。ショートカットは手作業で削除してください。 [#402889]
  • Microsoft Hyper-V環境でPersonal vDiskを使用するマシンカタログを作成するときに、ローカルに格納されたマシンとクラスターの共有ボリューム(CSV)に格納されたvDiskを指定すると、エラーが発生して処理に失敗します。この問題を回避するには、vDiskにほかのストレージを使用してください。 [#423969]
  • Provisioning Servicesを使用するマシンカタログの仮想デスクトップに初めてログオンする場合、(ctxpvd.exe -s resetコマンドで)Personal vDiskがリセットされていると、デスクトップの再起動を求めるメッセージが表示されます。この場合、デスクトップを再起動する必要があります。この問題は初回ログオン時にのみ発生し、それ以降のログオン時に再起動は不要です。 [#340186]
  • .NET 4.5をPersonal vDiskにインストールした後で、イメージの更新により.NET 4.0をインストールまたは修正すると、.NET 4.5に依存するアプリケーションを実行できなくなります。この問題を回避するには、基本イメージに.NET 4.5をインストールしてイメージを更新してください。
  • XenApp/XenDesktop 7.6の「既知の問題」のトピックも参照してください。

Personal vDisk 7.1.3について

Version 7.1.1で確認されVersion 7.1.3で解決された問題は以下のとおりです:

  • Personal vDisk 5.6.0からPersonal vDisk 7.xへの直接アップグレードにより、Personal vDiskに問題が発生することがありました。 [#432992]
  • Personal vDiskを使用する仮想デスクトップにユーザーが断続的に接続できなくなる場合がありました。 [#437203]
  • Personal vDisk 5.6.5以降からPersonal vDisk 7.0以降へのアップグレード時にPersonal vDiskのイメージ更新処理が中断されると、それ以降の更新処理に失敗することがありました。 [#436145]

Personal vDisk 7.1.1について

Version 7.1で確認されVersion 7.1.1で解決された問題は以下のとおりです:

  • イメージ更新を介してSymantec Endpoint Protection 12.1.3を更新すると、symhelp.exeによりアンチウイルス定義の破損が報告されます。 [#423429]
  • サービスコントロールマネージャー(services.exe)がクラッシュすると、プールされたデスクトップがPersonal vDiskにより再起動されることがありました。 [#0365351]

Version 7.1.1で新たに確認された問題:ありません。

Personal vDisk 7.1について

Version 7.1には、以下の新機能が追加されています。

  • Windows 8.1を実行するデスクトップを備えたPersonal vDiskを使用できるようになりました。また、イベントログ機能も向上しています。
  • コピーオンライト(CoW)はサポートされなくなりました。Personal vDiskをバージョン7.0から7.1にアップグレードすると、CoWによって管理されたデータに対するすべての変更が失われます。これはXenDesktop 7の評価用機能であり、デフォルトでは無効になっていました。そのため、この機能を有効にしなかった場合には、特に影響を受けません。

Version 7.0.1で確認されVersion 7.1で解決された問題は以下のとおりです。

  • Personal vDiskレジストリキーのEnableProfileRedirectionの値を1またはONに設定し、また後からイメージの更新中に値を0またはOFFに変更すると、Personal vDiskスペース全体がユーザーによってインストールされたアプリケーションに割り当てられ、ユーザープロファイル用の領域がなくなってvDisk上に残ることがありました。このプロファイルのリダイレクトがカタログに対して無効で、イメージの更新中にそれを有効にする場合、ユーザーは仮想デスクトップにログオンすることができないことがあります。 [#381921]
  • Personal vDiskのインベントリ更新に失敗すると、デスクトップサービスによって正確なエラーがイベントビューアーに記録されませんでした。 [#383331]
  • Personal vDisk 7.xにアップグレードするときに、変更済の規則が保持されないという問題がありました。この問題は、Version 7.0からVersion 7.1へのアップグレードでは発生しません。ただし、Version 5.6.5をVersion 7.1にアップグレードする場合は、最初に規則ファイルを保存し、次にアップグレードの後で規則を再度適用する必要があります。 [#388664]
  • Windows 8が動作するPersonal vDiskで、 Windowsストアからアプケーションをインストールできないという問題がありました。この場合、「購入処理は完了できませんでした」という内容のエラーメッセージが表示されます。Windows Updateサービスを有効にしてもこの問題は解決しませんでしたが、現在はこの問題が解決されています。ただし、ユーザーがインストールしたアプリケーションは、システムの再起動後に再インストールする必要があります。 [#361513]
  • Personal vDiskを使用するWindows 7のプールされたデスクトップで、一部のシンボリックリンクが欠落するという問題がありました。この問題により、C:\Users\All Usersにアイコンを格納するアプリケーションでは、[スタート]メニューにアイコンが表示されませんでした。 [#418710]
  • インベントリの更新後にシステムに多くの変更を追加すると、更新シーケンス番号(USN)ジャーナルオーバーフローが発生し、Personal vDiskが起動しないという問題がありました。 [#369846]
  • 状態コード0x20およびエラーコード0x20000028により、Personal vDiskが起動しませんでした。 [#393627]
  • Symantec Endpoint Protection 12.1.3により「Proactive Threat Protectionは誤動作しています」というメッセージが表示され、このコンポーネントのLive Update Statusを使用できませんでした。 [#390204]

バージョン7.1の新しい既知の問題:XenDesktop 7.1リリースの既知の問題のドキュメントを参照してください。

Personal vDisk 7.0.1について

Version 7.0.1の新機能:環境の変更に対してPersonal vDiskがより強固になりました。イメージ更新に失敗した場合でもPersonal vDiskを伴う仮想デスクトップをDelivery Controllerに登録できるようになっており、また安全でないシステムシャットダウンによりvDiskが使用不可となってしまうことがなくなりました。さらに、規則ファイルを使用することで、展開時にvDiskからファイルやフォルダーを除外できるようになりました。

Version 5.6.13で確認されVersion 7.0.1で解決された問題は以下のとおりです:

  • プールされた仮想デスクトップ上でのユーザーによるグループのメンバーシップの変更内容が、イメージの更新後に失われることがありました。 [#286227]
  • Personal vDiskに十分な領域がある場合でも、イメージ更新がディスク容量不足によるエラーで失敗することがありました。 [#325125]
  • 一部のアプリケーションで仮想デスクトップのPersonal vDiskへのインストールに失敗し、再起動を求めるメッセージが表示されることがありました。これは、保留中の名前変更操作によるものです。 [#351520]
  • マスターイメージ内で作成されたシンボリックリンクが、Personal vDiskを使用する仮想デスクトップで正しく機能しないという問題がありました。 [#352585]
  • Citrix Profile managementとPersonal vDiskを使用する環境では、プロファイルのリダイレクトが有効な場合にシステムボリューム上でユーザープロファイルを調査するアプリケーションは正常に機能しないことがありました。 [#353661]
  • インベントリのサイズが2GBを超える場合に、マスターイメージ上でのインベントリの更新に失敗するという問題がありました。 [#359768]
  • イメージの更新がエラーコード112により失敗し、Personal vDiskが破損することがありました。この問題は、更新に必要な空き領域がvDiskにある場合でも発生します。 [#363003]
  • カタログのデスクトップ数が250を超える場合に、サイズ変更スクリプトの処理が失敗するという問題がありました。 [#363365]
  • ユーザーによる環境変数に対する変更が、イメージの更新時に失われることがありました。 [#372295]
  • Personal vDiskを使用する仮想デスクトップ上で作成されたローカルユーザーが、イメージ更新時に失われるという問題がありました。 [#377964]
  • インベントリの更新後にシステムに多くの変更を追加すると、更新シーケンス番号(USN)ジャーナルオーバーフローが発生し、Personal vDiskの起動に失敗するという問題がありました。この問題を避けるには、USNジャーナルのサイズをマスターイメージ内で32 MB以上に増やして、イメージ更新を実行します。 [#369846]
  • Personal vDiskでAppSense Environment Managerを置き換えモードで使用する場合、レジストリハイブが正しく処理されないという問題が確認されています。これは、Personal vDiskがインストールされるときのRegRestoreKey APIの動作に関連しています。CitrixとAppSenseは共同でこの問題の解決にあたっています。[#0353936]

バージョンに依存しない既知の問題

  • マスターイメージ上でWindowsストアとメトロアプリケーションが更新されると、vDiskがテストまたは実稼働にアップグレードされた後、PvDが有効なターゲットデバイスの競合が発生する可能性があります。さらに、アプリケーションイベントログエラーをトリガしている間に、Metro Appsの起動に失敗することがあります。PvDが有効なターゲットデバイスに対してWindowsストアとMetroアプリケーションを無効にすることをお勧めします。

  • Personal vDisk上にインストールされたアプリケーションがマスターイメージ上にインストールされた同一バージョンのアプリケーションと関連付けられている場合、イメージの更新後にPersonal vDisk上のアプリケーションが動作しなくなることがあります。この問題は、マスターイメージ上のアプリケーションをアンインストールしたりアップグレードしたりしたために、Personal vDisk上のアプリケーションで必要なファイルがマスターイメージから削除されると発生します。この問題を回避するには、マスターイメージ上のアプリケーションを保持しておきます。

    たとえば、マスターイメージ上にOffice 2007をインストールして、Personal vDisk上にVisio 2007をインストールします。その後で管理者がマスターイメージ上のOffice 2007をOffice 2010にアップグレードして、そのイメージを使用してマシンを更新すると、Visio 2007が動作しなくなります。この問題を避けるには、Office 2007をマスターイメージ上にインストールしたままにしておきます。 [#320915]

  • Personal vDiskを使用するデスクトップにMcAfee Virus Scan Enterprise(VSE)を展開する場合は、マスターイメージ上にVersion 8.8 Patch 4以降をインストールしてください。 [#303472]

  • マスターイメージ内で作成されたファイルのショートカットが動作しなくなった場合(そのショートカットのリンク先の名前がPersonal vDisk内で変更された場合など)は、ショートカットを作成し直してください。 [#367602]

  • マスターイメージ内で絶対/ハードリンクを使用しないでください。 [#368678]

  • Windows 7のバックアップと復元機能は、Personal vDiskでサポートされていません。 [#360582]

  • 更新したマスターイメージを適用した後で、ローカルユーザーおよびグループのコンソールがアクセス不能になったり不正なデータが表示されたりすることがあります。この問題を解決するには、仮想マシン上でユーザーアカウントをリセットします。これを行うには、セキュリティハイブのリセットが必要です。この問題はVersion 7.1.2で解決されており、Version 7.1.2以降で作成された仮想マシンは正しく処理されます。ただし、アップグレード前に作成された仮想マシンでの問題は解決されません。 [#488044]

  • ESXハイパーバイザー環境でプールされた仮想マシンを使用する場合、SCSIコントローラーの種類として[VMware Paravirtual]を選択すると再起動を確認するメッセージがユーザーに表示されます。この問題を避けるには、SCSIコントローラーの種類としてLSIを使用してください。 [#394039]

  • Provisioning Servicesで作成されたデスクトップ上でPersonal vDiskをリセットすると、ログオンしたユーザーに再起動を確認するメッセージが表示されることがあります。この問題が発生した場合は、デスクトップを再起動してください。 [#340186]

  • Windows 8.1のデスクトップを使用するユーザーがPersonal vDiskにログオンできなくなることがあります。この問題が発生すると、「システムが正しくシャットダウンされなかったためPersonal vDiskが無効になっています」というメッセージが管理者に表示され、PvDActivation.logに「Failed to load reg hive [\Device\IvmVhdDisk00000001\CitrixPvD\Settings\RingCube.dat]」というメッセージが記録されます。この問題は、ユーザーの仮想マシンを正しくシャットダウンできなかった場合に発生します。この問題を解決するには、Personal vDiskをリセットしてください。 [#474071]