高遅延接続でHDX帯域幅を最適化する

Citrix Virtual Apps and Desktopsの管理者は、HDXを構成して、高遅延接続でのネットワークスループットを改善することができます。データの送信に使用するバッファの数を適切に構成することで、高遅延接続でも利用可能な帯域幅すべてをHDXで活用できるようになります。

バッファを調整する

デフォルトでは、接続に最適なTCP受信ウィンドウサイズが64キロバイトであれば、HDXは利用可能な帯域幅を正常に使用します。最適なTCP受信ウィンドウサイズが64キロバイトを超えている場合に利用可能帯域幅をすべて活用するには、バッファの数を増やす必要があります。この調整では、HDX接続に最適なTCP受信ウィンドウサイズを計算してから、計算値に基づいて、利用可能帯域幅をすべて使用するために必要なバッファの数を求めます。

最適なTCP受信ウィンドウサイズを計算する

クライアントとサーバー間のHDXセッションの帯域幅と遅延時間がわかっている場合は、次の式から最適なTCP受信ウィンドウサイズを計算できます: 最適なTCP受信ウィンドウサイズ(バイト単位)=帯域幅(kbps)/8 x 遅延時間(ミリ秒) 。次に、このサイズを、一番近いTCP MSS(Maximum Segment Size:最大セグメントサイズ)の倍数にまで切り上げます: TCP MSS = MTU(1500)- IPとTCPのヘッダー(40)= 1460(タイムスタンプが有効な場合は1428)

このリリースでは、デフォルトのバッファ数が44から100に増えたことで、デフォルトのウィンドウサイズが64キロバイトから146キロバイトに増加しています。この新しいデフォルトのウィンドウサイズおよびデフォルトのoutbuf数を変更する必要があります。

例: 帯域幅が6Mpbs(6144kbps)で遅延時間が200ミリ秒の場合 最適なTCP受信ウィンドウサイズ= 6144/8 x 200 = 153600バイト MSSサイズ(1460)の一番近い倍数まで切り上げ= 154760バイト

最適な受信ウィンドウサイズが146キロバイトを超える場合、デフォルト設定のままでは、HDXはサーバーとクライアント間で利用可能な帯域幅(6Mbps)を一部しか使用できません。テストから、この場合は6Mbpsのうち2.5Mbpsしか使用できないことが確認されています。このようなネットワークシナリオでは、HDXセッションのパフォーマンスが低下します。

バッファの数を計算する

TCP受信ウィンドウサイズを一番近いTCP MSSサイズの倍数サイズまで切り上げたら、次の式から必要なバッファの数を計算します: バッファ数= TCP受信ウィンドウサイズ/TCP MSS

注意:

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、Windowsのインストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

この切り上げに使用するTCP MSSサイズが、次のレジストリのOutBufLengthと等しいことを確認してください(デフォルト値は1460):

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA Client\Engine\Configuration\Advanced\Modules\TCP/IP "OutBufLength"="1460"

バッファの数を計算したら、クライアント側のレジストリに結果の値を設定します:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA Client\Engine\Configuration\Advanced\Modules\TCP/IP "OutBufCountClient2"= Number of OutBufs (default is 100) "OutBufCountHost2"= Number of OutBufs (default is 100)

帯域幅が6Mbpsで遅延時間が200ミリ秒の場合、OutBufsの数値= 154760/1460 = 106

その後、セッションを切断して再接続します。

そのほかの情報の入手先

WANで推奨されるバッファ数

帯域幅 遅延時間 おおよその最適なTCPウィンドウサイズ 利用可能な帯域幅すべてを活用するための推奨バッファ数 推奨バッファ数を使用する場合のTCPウィンドウサイズ(64KBの倍数)バッファ数x TCP MSS
2Mbps 100ミリ秒 26KB 44 64KB
2Mbps 200ミリ秒 52KB 44 64KB
2Mbps 300ミリ秒 77KB 88 128KB
3Mbps 100ミリ秒 39KB 44 64KB
3Mbps 200ミリ秒 78KB 88 128KB
3Mbps 300ミリ秒 116KB 88 128KB
6Mbps 100ミリ秒 77KB 88 128KB
6Mbps 200ミリ秒 153KB 176 256KB
6Mbps 300ミリ秒 230KB 176 256KB

XenAppおよびXenDesktopのリリース7.12より、XenAppおよびXenDesktopのアダプティブトランスポートでは、可能な限り、Enlightened Data Transport(EDT)という新しいCitrixプロトコルをTCPより優先して適用することで、データ転送を最適化します。

EDTはTCPと比較して、困難な長距離WANおよびインターネット接続でのユーザーエクスペリエンスが優れています。ただし、上記の設定を使用することで、[セッション画面の保持] が有効な場合のEDTのパフォーマンスをさらに最適化することができます。

XenAppおよびXenDesktop 7.16以降/Citrix Virtual Apps and Desktop 7 1808以降では、デフォルトで [HDXアダプティブトランスポート][優先] に設定されています。EDTをサポートするバージョンのCitrix ReceiverおよびCitrix Workspaceアプリでは、可能な限りEDTが使用されます。

高遅延接続でHDX帯域幅を最適化する