Citrix Virtual Apps and Desktops

Windows Server 2022のサポート

特に明記されていない限り、Windows ServerプラットフォームをサポートするこのリリースのCitrixコンポーネント、機能、およびテクノロジは、Windows Server 2022もサポートするようになりました。

既知の問題

Citrix Virtual Apps and Desktops

  • Skypeを使用している場合、ネットワークが一時的に切断された後、カメラが正常に機能しないことがあります。 [HDX-29950]

  • VDAセッション内のクライアントにマップされたドライブに赤いバツ印が表示される場合があります。 [HDX-29984]

  • Windows InkとペンのショートカットがVDAで正しく設定されない場合があります。 [HDX-30097]

  • クライアントの自動再接続時の認証ポリシーがDelivery Controllerに設定されている場合、セッションは再接続に失敗します。クライアントの自動再接続時の認証ポリシーを使用して接続が復元された場合も、セッションは切断されます。 [HDX-32475]

  • セッションのローミング後、クライアント側のドライブがセッションに再接続されないことがあります。 [HDX-32584]

  • (Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスにのみ適用されます。)有料のAzure Marketplaceイメージから作成された仮想マシンからMCSカタログを作成すると、次のエラーが表示されます:MarketplaceイメージまたはMarketplaceイメージを基にしたカスタムイメージから仮想マシンイメージを作成する場合、リクエストのプラン情報が必要です。この問題は、有料イメージの場合、仮想マシンに関するAzureプランの説明にはない課金メカニズムが必要なために発生します。 [PMCS-18326]

  • さまざまなハイパーバイザーでマシンの電源を入れ直すことができません。 [PMCS-18325]

  • MCSIOを使用してプロビジョニングされたターゲットデバイスは、Windows Server 2022をHyper-V仮想マシンとしてサポートしません。 [PVS-8663]

Citrix Provisioning

  • Windows 2022をハイパーバイザーとして使用している場合、Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードと仮想マシンのストリーミングウィザードを使用してイメージをプロビジョニングすると、ターゲットデバイスを作成できません。 [PVS-8504]

  • Windows 2022システムのイメージを作成してから仮想ディスクから起動すると、Windowsはクラッシュ回復を開始します。 [PVS-8791]

  • Windows 2022 Hyper-V Gen 1仮想マシンは、プロビジョニングされたターゲットデバイスとしてサポートされていません。

Profile Management

  • Outlookで検索インデックスの移動を有効にする機能を有効にした場合、ユーザーがMicrosoft Outlookでメールを検索すると、次のエラーメッセージが表示されます:エラーが発生したため、検索を完了できませんでした。この問題は、Profile Managementが関連するAPIをWindows Searchサービスにフックできないために発生します。 [UPM-3535]

Workspace Environment Management

  • (フィルター条件のタイプにクライアントOSを使用して)フィルター条件に一致する結果としてWindows Server 2022を構成しようとすると、一致結果メニューにWindows Server 2022が表示されません。 [WEM-14036]
Windows Server 2022のサポート