接続

Citrix Workspaceにより、仮想デスクトップやアプリケーションへの安全なセルフサービスアクセスと、Windows、Web、およびSaaS(Software as a Service)アプリケーションへのオンデマンドアクセスが提供されます。ユーザーのアクセスは、Citrix StoreFrontや従来のWeb InterfaceのWebページにより管理されます。

Citrix Workspaceのユーザーインターフェイスを使用してリソースに接続するには

Citrix Workspaceアプリのホームページには、ユーザーのアカウント設定(つまり接続先のサーバー)とCitrix Virtual Apps and Desktopsの管理者による構成に基づいて、そのユーザーに提供されている仮想デスクトップやアプリケーションが表示されます。ユーザーは、[環境設定]ダイアログボックスの[アカウント]ページにStoreFrontサーバーのURLや自分のメールアドレス(メールアドレスによるアカウント検出が有効な場合)を入力してアカウントの構成を行います。

ヒント:

StoreFrontサーバーの複数のストアに同じ名前を使用する場合、数字を追加することで重複を防ぐことができます。このようなストアの名前は追加する順番に従います。Program Neighborhoodエージェントの場合、ストアURLが表示され、ストアを確実に識別します。

ストアへの接続後、セルフサービスで次のタブが表示されます。お気に入り、デスクトップ、アプリケーション。セッションを起動するには、適切なアイコンをクリックします。アイコンを[お気に入り]に追加するには、アイコンの横の[詳細]リンクをクリックして[お気に入りに追加]を選択します。

コネクション設定の構成

Linux向けCitrix Workspaceアプリと、Citrix Virtual Apps and Desktopsサーバー間の接続に対する複数のデフォルト設定を構成できます。また必要に応じて、個々のコネクションに対する設定を変更することもできます。

このセクションの以降のトピックでは、Citrix Workspaceアプリのユーザーが実行する一般的な操作の手順について説明します。管理者とユーザーの作業と責任範囲は重複することがありますが、ここでは一般的にユーザーが行う操作について「ユーザー」という用語を使用して区別します。