HRセルフサービス

今日の従業員は、無数のアプリと際限のないログインに悩まされ続けています。従業員は、毎週のように丸一日を費やしてシステムを検索して情報を見つけなければならず、会社から得られるメリットを活用することができていません。

ビジネスを差別化し、レベルアップさせるクラス最高の従業員エクスペリエンスを提供することに新たな重点を置くことにより、企業が人材戦略について再考することがこれまで以上に重要になっています。ワークスペース内のHRセルフサービスマイクロアプリの新しいポートフォリオを活用することで、組織はプロセスの効率を改善し、時間を節約し、HR案件の量を減らすことができます。

Citrix Workspaceは、場所やデバイスに関係なく、ユーザーに一貫したエクスペリエンスを提供するという点でユニークです。常に同じエクスペリエンスであることによって、従業員の生産性と安全性が維持されます。スムースに開始するために、プロセス効率の向上、時間の節約、HR案件の量の削減につながる個別のHRセルフサービスワークフローを特定しました。

ワークフロー

このユースケースは、WorkdayおよびSAP SuccessFactorsとの追加設定不要なテンプレート統合によりマイクロアプリサービス経由で利用でき、これらのワークフローに対応します。

有給休暇を申請 – 休暇の申請をすばやく送信します。

有給休暇の残り日数 - パーソナライズされた残りの休暇日数の一覧を表示します。

PTOワークフロー

ユーザー – 検索機能やユーザーの詳細へのリンクなどユーザーのテーブルビューを提供します。

コース - 利用可能なコースとトレーニングアイテムの詳細ページへのリンクの一覧を提供します。

スケジュールされたオファリングの詳細 – 講師の一覧およびオファリングに登録するオプションなど、スケジュールされたオファリングの詳細ビューを提供します。

コースワークフロー

統合とマイクロアプリ

このユースケースには、これらの統合と次のマイクロアプリが必要です。

Workday

Workday統合をセットアップして開始します。利用者の管理によってこれらのマイクロアプリでワークフローを有効にします:

  • [有給休暇の作成]マイクロアプリを有効にして、有給休暇(PTO)申請を提出します。

  • [有給休暇の残り日数]マイクロアプリを有効にして、パーソナライズされた残りの休暇日数の一覧を表示します。

SAP SuccessFactors

SAP SuccessFactorsの統合をセットアップして開始します。利用者の管理によってこれらのマイクロアプリでワークフローを有効にします:

  • [ディレクトリ]マイクロアプリを有効にして、対応する詳細で従業員を検索、表示、編集します。

  • [学習]マイクロアプリを有効にして、利用可能な学習コースを検索、表示、共有、登録します。

Kronos Workforce Central

Kronos Workforce Centralの統合をセットアップして開始します。利用者の管理によってこれらのマイクロアプリでワークフローを有効にします:

  • Request Time Offマイクロアプリを有効にして、休暇の申請を送信します。

  • My Accrual Balanceマイクロアプリを有効にして、さまざまな日の見越残高を即座に表示します。

ビデオリソース

このユースケースのデモについては、このビデオをご覧ください:

HRセルフサービスマイクロアプリのデモ

HRセルフサービス