ITセルフサービス

エンドユーザーとITサービスデスクの両方が、繰り返し発生するマイナーなITチケットとインシデントのためにフラストレーションを感じます。組織は、従業員が必要とするさまざまなツールやテクノロジによってコストの上昇や非効率的なIT件数に直面しています。一方、従業員は、生産性を維持するために、できるだけ早くインシデントを解決できることを望んでいます。

Citrix Workspaceを使用すると、企業はどのデバイスでも一貫した作業エクスペリエンスを提供できます。これにより、従業員は必要なときに必要なITリソースをすばやく見つけることができます。ワークスペース内のITセルフサービスマイクロアプリの新しいポートフォリオを活用することで、組織は従業員がITタスクに費やす時間を削減し、ITサービスの従業員全体のNPSを改善し、ITケースの件数を減らすことができます。

Citrix Workspaceは、場所やデバイスに関係なく、ユーザーに一貫したエクスペリエンスを提供するという点でユニークです。常に同じエクスペリエンスであることによって、従業員の生産性と安全性が維持されます。スムースに開始するために、従業員の生産性と満足度の向上につながる個別のITセルフサービスワークフローを特定しました。

ワークフロー

このユースケースは、ServiceNow、Zendesk、およびJIRAとの追加設定不要なテンプレート統合によりマイクロアプリサービス経由で利用でき、これらのワークフローに対応します。

Submit Incident – 必要なときにすぐにヘルプを要請します。

Incident Ownership - インシデントが割り当てられたときに通知を送信して、従業員の生産性を維持します。

Incident Updates – 更新された情報を含む通知によって解決までの時間を短縮します。

My Open Incidents – 要請、報告、または割り当てられている未解決のインシデントを簡単に見つけることができます。

チケットワークフロー

統合とマイクロアプリ

このユースケースは、これらの統合のすべてで使用できます。

ServiceNow

ServiceNow統合をセットアップして開始します。利用者の管理によってこれらのマイクロアプリでワークフローを有効にする:

  • 新しいインシデントを送信するには、[インシデントの送信]マイクロアプリを有効にします。

  • [インシデント]マイクロアプリ を有効にしてインシデントを検索し、詳細を表示して、コメントの追加と更新を行います。

Zendesk

Zendesk統合をセットアップして開始します。利用者の管理によってこれらのマイクロアプリでワークフローを有効にする:

  • Zendeskチケットを提出するには、[チケットの追加]マイクロアプリ を有効にします。

  • [チケット]マイクロアプリ を有効にして、Zendeskチケットを詳細と共に表示します。

Jira

Jira統合をセットアップして開始します。利用者の管理によってこれらのマイクロアプリでワークフローを有効にする:

  • [チケットを作成]マイクロアプリを有効にして、詳細を含む新しいJiraチケットを作成します。

  • [チケット]マイクロアプリを有効にして、チケットの表示、コメントの追加、サブタスクの作成、ステータスと担当者の変更を行います。

ビデオリソース

このユースケースのデモについては、このビデオをご覧ください:

ITセルフサービスマイクロアプリのデモ

ITセルフサービス