販売の生産性

営業チームは組織の成功のために不可欠ですが、営業担当者は、勤務時間の34%しか営業に費やしておらず、残りの時間は活動の記録、情報の検索、さまざまな場所での営業に関する最新情報の入力に費やしているそうです。

ワークスペース内の販売の生産性マイクロアプリの新しいポートフォリオを使用して、営業チームを強力にバックアップできます。営業担当者は、パーソナライズされた通知で終了までの時間を短縮し、活動の記録に費やす時間を削減し、必要なときに必要な情報を見つけることができます。

Citrix Workspaceは、場所やデバイスに関係なく、ユーザーに一貫したエクスペリエンスを提供するという点でユニークです。常に同じエクスペリエンスであることによって、従業員の生産性と安全性が維持されます。開始を支援するために、Citrixは、プロセス効率の向上、時間の節約、あらゆるデバイスでの従業員エクスペリエンスの向上を実現する、明確な販売の生産性ワークフローを特定しました。

ワークフロー

このユースケースでは、SalesforceとMS Dynamics CRMとの追加設定不要なテンプレート統合により、マイクロアプリサービス経由で、以下のワークフローに対応します:

商談の更新 – 商談をすばやく編集し、商談の詳細を表示します。

タスク管理 – リアルタイムの通知で生産性を向上させます。

契約の承認 – 更新情報を受け取り、必要な編集を送信することで、終了までの時間を短縮します。

活動ログ – 販売前の活動と通話をログに記録することで効率性を高めます。

検索 – 販売関連の管理タスクのためのパーソナライズされた検索エクスペリエンス。

販売ワークフロー

統合とマイクロアプリ

このユースケースは、これらの統合のすべてで使用できます。

SalesForce

SalesForceの統合をセットアップして開始します。利用者の管理によってこれらのマイクロアプリでワークフローを有効にします:

  • [リードの作成] を有効にして、新しいリードを送信するためのフォームを提供する

  • [リードの返還] を有効にして、リードを変換するためのフォームを提供する

  • [連絡先の作成] を有効にして、新しい連絡先を送信するためのフォームを提供する

  • [ユーザーに割り当てられた商談(新規)] 通知を有効にして、新しい商談がユーザーに割り当てられたときにユーザーが通知を受信できるようにする

  • [ユーザーに割り当てられたアカウント(新規)] 通知を有効にして、新しいアカウントがユーザーに割り当てられたときにユーザーが通知を受信できるようにする

MS Dynamics CRM

MS Dynamics CRMをセットアップして開始します。利用者の管理によってこれらのマイクロアプリでワークフローを有効にします:

  • [リードの作成] を有効にして、新しいリードを送信するためのフォームを提供する

  • [連絡先の作成] を有効にして、新しい連絡先を送信するためのフォームを提供する

  • [ユーザーに割り当てられた商談(新規)] 通知を有効にして、新しい商談がユーザーに割り当てられたときにユーザーが通知を受信できるようにする

  • [ユーザーに割り当てられたアカウント(新規)] 通知を有効にして、新しいアカウントがユーザーに割り当てられたときにユーザーが通知を受信できるようにする

ビデオリソース

営業チーム向けWorkspaceのビデオについては、次のビデオをご覧ください:

販売の生産性マイクロアプリのデモ

販売の生産性