Product Documentation

Webサイト

Jul 08, 2016

AppDNA Webサイトでは、ローカルのイントラネットユーザーがAppDNA Webクライアントでアクセスしてレポートの結果を表示できます。

AppDNAデータベースにアクセスするための資格情報を変更するには

ユーザーアカウントのパスワードを変更した場合は、AppDNA Webサイトの資格情報も更新する必要があります。 これを行うには、AppDNA構成ウィザードを開始して、[Reconfigure installation][Reconfigure system]の順に選択します。次に、データベースを選択して[AppDNA web site credentials]ページで資格情報を指定して、 画面の指示に従ってウィザードを完了します。

注:必要な場合は、この手順によってIISが自動的にリセットされます。 リセットが行われると、このサーバー上のIISでホストされているほかのすべてのWebサイトがしばらくの間利用できなくなります。
構成ウィザードの使用方法について詳しくは、「サーバーインストールの構成」を参照してください。

Webサイトのポートを変更するには

注:AppDNA Webサイトの名前を変更することは可能ですが、推奨はしません。

AppDNA Webサイトでは、デフォルトでポート8199が使用されます。 デフォルトのポートが既に使用されている場合にのみポートを変更することをお勧めします。 これを行うには、AppDNA構成ウィザードを開始して、[Reconfigure installation][Reconfigure system]の順に選択します。次に、Webサイトを選択して[Web site Configuration]ページで新しいポート番号を入力します。 ポート範囲0~1023、または3500などの一般的なポートは使用しないでください。 画面の指示に従ってウィザードを完了します。

Webサイトのポートを変更すると、構成ウィザードによりAppDNAサーバーサイト一覧(XMLファイル)が更新されます。 AppDNAクライアントがこのWebサイトに接続している場合は、更新されたサイト一覧ファイルを各クライアントマシンにコピーする必要があります。

注:クライアントマシン上のサイト一覧ファイルをバックアップしてから次の操作を行うことをお勧めします。
  1. AppDNAサーバーマシンで、次のフォルダーに置かれたSiteList.xmlファイルをコピーします。
    %ProgramData%\App-DNA\AppTitude
  2. 各クライアントマシン上のAppDNAを終了します。
  3. 手順1.でコピーしたSiteList.xmlファイルを、すべてのクライアントマシンの次のフォルダーに貼り付けます。
    %AppData%\App-DNA\AppTitude