Product Documentation

Webサイト資格情報の変更

Jul 08, 2016

このトピックでは、AppDNA Webサイトがデータベースのアクセスに使用する資格情報を変更する方法について説明します。 この変更は、ユーザーアカウントのパスワードが変わるときに実行する必要があります。

注:必要な場合は、この手順によってIISが自動的にリセットされます。 リセットが行われると、このサーバー上のIISでホストされているほかのすべてのWebサイトがしばらくの間利用できなくなります。
  1. 構成ウィザードを実行する前にAppDNAクライアントを停止します。

    構成ウィザードを実行するとIISがリセットされます。 IISがリセットされると、AppDNA Webサイトとデータベースの両方をホストするWebサーバーに接続している、実行中のAppDNAクライアント上のインポートおよび分析セッションが終了します。

  2. AppDNAサーバーマシンで、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム][Citrix AppDNA][Management Tools][Configure AppDNA]の順に選択します。
  3. AppDNA環境構成ウィザードの最初のページで、[Reconfigure installation]を選択し、[Next]をクリックします。
  4. [Existing configuration]ページで、[Reconfigure system]を選択し、[Next]をクリックします。
  5. [Edit configuration]ページで、[Web site database credentials]を選択し、[Next]をクリックします。
  6. [Choose database]ページで、変更する資格情報があるデータベースを選択し、[Next]をクリックします。
  7. [AppDNA web site credentials]ページで、作成されたデータベースに接続するときにAppDNA Webサイトが使用する資格情報を指定します。 使用できるオプションは、次のとおりです。
    • Configure a local service account for me – このオプションでは、AppDNASvcAccountと呼ばれるWindowsユーザーアカウントがローカルマシンに構成されます。 このアカウントが既存でない場合は、このウィザードによって作成され、期限切れにならないランダムなパスワードが生成されます。 このオプションは、ローカルマシンにSQL Serverがインストールされていて、ログオンするユーザーにWindowsユーザーアカウントを作成する権限がある場合にのみ使用できます。
    • Use these credentials – 使用する資格情報を指定します。 実稼働環境用システムでは、データベースの作成に使用したアカウントではなく、パスワードの有効期限がないAppDNA固有のサービスアカウントをお勧めします。

    詳しくは、「Webサイトの資格情報」を参照してください。

  8. [Next]をクリックして[System Check]ページに進みます。 チェックの内容およびトラブルシューティングの方法については、「システムチェックの問題」を参照してください。
  9. [Configure]をクリックして資格情報を変更します。
  10. [Close]をクリックしてウィザードを終了します。