Product Documentation

Webサイトの資格情報

Jul 08, 2016

AppDNA環境構成ウィザードの[AppDNA Web Site Credentials]ページで、データベースに接続するときにAppDNA Webサイトの内部で使用される資格情報を指定します。 実稼働システムでは、パスワードが期限切れにならないAppDNA固有のサービスアカウントを使用することをお勧めします。

注:ここで言うAppDNA WebサイトはAppDNA製品の一部で、外部のWebサイトではありません。 AppDNA Webサイトでは、ローカルのイントラネットユーザーがAppDNA Webクライアントでアクセスしてレポートの結果を表示できます。 AppDNAソフトウェアをインストールする必要はありません。

Configure a local service account for me – (SQL Serverをローカルマシンにインストールし、ログオンするユーザーにWindowsユーザーアカウントを作成する権限がある場合にのみ使用できます)このオプションでは、ローカルマシンでAppDNASvcAccountというWindowsユーザーアカウントが自動的に構成されます。 このアカウントが既存でない場合は、このウィザードによって作成され、期限切れにならないランダムなパスワードが生成されます。 このオプションが使用でき、新しいAppDNAサーバーのインストールを構成しているか、または新しいデータベースを作成している場合は、このオプションがデフォルトです。

必要に応じて、ローカル管理者が[コントロールパネル][ユーザーアカウント]を使用して、生成したパスワードを後でリセットできます。 ただし、パスワードをこの方法で変更した場合は、新しいパスワードを使用するようにWebサイトを再構成する必要があります。

Use these credentials – このオプションでは、データベースに接続するときにAppDNA Webサイトが内部で使用する資格情報を入力します。

  • Authentication type – これにより、SQL Serverデータベースへの接続時にAppDNA Webサイトで使用される認証メカニズムが決まります。
    • Windows authentication – この種類の認証では、AppDNA Webサイトの実行に使用するユーザーアカウントを使用して、Webサイトからデータベースへの接続が行われます。 AppDNA Webサイトを実行するアカウントの名前とパスワードを指定できます。 実稼働環境用システムの場合、パスワードが失効しないサービスアカウントを使用することをお勧めします。 試用モードの展開環境では、一般的にログイン済みのユーザーアカウントをそのまま使用できます。

      インストールの準備」で説明しているように、このアカウントにはローカルの管理者特権を付与する必要があります。

    • SQL Server authentication – この種類の認証では、以下で入力する特定のSQL Serverログインの詳細情報を使用します。
  • User name – [SQL Server authentication]を選択した場合、AppDNA WebサイトがSQL Serverへの接続に使用するユーザー名を入力します。 Windows認証を使用する場合は、ドメイン修飾Windowsユーザー名(domain\usernameなど)を指定してください。
  • Password – ユーザー名を入力した場合は、アカウントのパスワードを入力する必要があります。 ユーザーアカウントにパスワードがない場合は、操作を続ける前にアカウントのパスワードを設定する必要があります。