Product Documentation

既存のデータベースの追加

Jul 08, 2016

AppDNA環境構成ウィザードの[Add Existing Database]ページで、AppDNA Webサイトに追加する既存のAppDNAデータベースを選択します。 たとえば、この機能を使用して、別のSQL Serverマシンに置かれた古いデータベースをAppDNA Webサイトに追加できます。 ウィザードにより、必要に応じてデータベースが自動的にアップグレードされ、AppDNAでデータベースへの接続に使用できるサイトが作成されます。

Server name – Machine\Instanceの形式で入力します。ここで、MachineはSQL Serverのインストールをホストするマシンの名前です。Instanceは名前付きのSQL Serverインスタンスを使用する場合のインスタンスの名前です。 名前付きのインスタンスを使用しない場合には、バックスラッシュ(\)を省略します。 SQL Serverで標準以外のポートを使用する場合は、Machine,Portの形式で指定します。ここで、Portはカスタムポート番号です。

Authentication – SQL Serverに接続するための資格情報を入力します。 どの種類の認証方法を使用する場合も、bulkadminサーバーの役割とdb_ownerデータベースの役割が必要です。

  • Windows authentication - この種の認証では、ログオンに使用するWindowsユーザーアカウントをデータベース接続に使用します。
  • SQL Server authentication – 2つの追加のボックスが表示されます。
    • User name – SQL Serverへの接続に使用するユーザー名を入力します。
    • Password – SQL Serverへの接続に使用するパスワードを入力します。

Connect – クリックするとSQL Serverに接続します。 指定したサーバー上のAppDNAデータベースの名前がウィザードの[Database]ボックスの一覧に表示されます。

Database – AppDNAのインストールに追加するデータベースの名前を選択します。 必要に応じて、ウィザードでデータベースが自動的にアップグレードされます。

[Next]をクリックして次の手順に移ります。

[Add Existing Database]ページを開く手順については、「既存のAppDNAデータベースの追加」を参照してください。