Product Documentation

既存の構成

Jul 08, 2016

AppDNA環境構成ウィザードの[Existing Configuration]ページで、構成が必要な既存の構成の部分を指定します。

使用できるオプションは、次のとおりです。

  • Reconfigure system – 別のポートを使用するようにWebサイトを再構成する、データベースに接続するためにAppDNA Webサイトで使用するユーザーアカウントの新しいパスワードを入力するなど、AppDNAサーバーの構成を編集する場合は、このオプションを選択します。 [Next]をクリックすると、[Edit Configuration]ページが表示されます。
  • Add database – 新しいAppDNAデータベースおよびこのデータベースにAppDNA内部から接続するために使用するサイトを作成する場合は、このオプションを選択します。 [Next]をクリックすると、[Database Creation]ページが表示されます。

    デスクトップアプリケーションとは別にWebアプリケーションをテストする場合は、複数のデータベースがあると便利です。 複数のデータベースを使用できるのは、同時に複数の顧客のアプリケーションポートフォリオをテストする必要があるシステムインテグレーターにとっても便利です。 詳しくは、「データベース」を参照してください。

  • Add existing database – 既存のAppDNAデータベースをAppDNAのインストールに追加する場合は、このオプションを選択します。 たとえば、このオプションを使用して、別のSQL Serverマシンに置かれた古いデータベースを、AppDNA Webサイトに追加することができます。 ウィザードにより、必要に応じてデータベースが自動的にアップグレードされ、AppDNAでデータベースへの接続に使用できるサイトが作成されます。 [Next]をクリックすると、[Add Existing Database]ページが表示されます。

[Existing Configuration]ページを開くには

  1. AppDNAサーバーマシンで、Windowsの[スタート]ボタン[プログラム]メニューから、[Citrix AppDNA][Management Tools][Configure AppDNA]の順に選択します。
  2. AppDNA環境構成ウィザードの最初のページで、[Reconfigure installation]を選択し、[Next]をクリックします。