Product Documentation

既存のAppDNAデータベースの追加

Jul 08, 2016

ここでは、AppDNAのインストールに既存のデータベース(別のSQL Serverマシンにある古いデータベースなど)を追加する手順について説明します。 ウィザードにより、必要に応じてデータベースが自動的にアップグレードされ、AppDNAでデータベースへの接続に使用できるサイトが作成されます。

  1. AppDNAサーバーマシンで、Windowsの[スタート]画面/メニューから、[すべてのプログラム][Citrix AppDNA][Management Tools][Configure AppDNA]の順に選択します。
  2. AppDNA環境構成ウィザードの最初のページで、[Reconfigure installation]を選択し、[Next]をクリックします。
  3. [Existing Configuration]ページで、[Add existing database]をクリックし、[Next]をクリックします。
  4. [Add Existing Database]ページで、次のように詳細情報を指定します。
    • SQL Server instance – 「<Machine>\<Instance>」形式で入力します。ここで、<Machine>はSQL Serverをホストするマシンの名前で、<Instance>は名前付きのSQL Serverインスタンスを使用する場合のインスタンス名です。 名前付きのインスタンスを使用しない場合には、バックスラッシュ(\)を省略します。
    • Authentication – SQL Serverデータベースに接続するための資格情報を入力します。

      使用する認証方法にかかわらず、ユーザーにはbulkadminサーバーロールとdb_ownerデータベースロールが必要です。

      • Windows authentication - この種の認証では、ログオンに使用するWindowsユーザーアカウントをデータベース接続に使用します。 ユーザーアカウントのパスワードを設定する必要があります。
      • SQL Server authentication – 2つの追加のボックスがアクティブ化されます。それらのボックスでユーザー名とパスワードを入力します。
  5. [Connect]をクリックします。[Database name]ボックスの一覧に、指定したSQL ServerインスタンスにあるAppDNAデータベースが表示されます。
  6. 追加するデータベースを選択します。
  7. [Next]をクリックして[System Check]ページに進みます。
  8. [Next]をクリックして処理を開始します。 必要に応じて、現在のバージョンのAppDNAにデータベースがアップグレードされます。
  9. 処理が完了すると、確認のページが開きます。 サイトの名前を記録します。 このデータベースに接続するときに、[Logon]画面の[Site]ボックスの一覧でこの名前を選択する必要があります。

AppDNAで新しいデータベースに接続するには、AppDNAにログオンするときに、手順9で記録した名前のサイトを選択します。

注:サイトの名前は、AppDNAにログオンした後に必要に応じて変更することができます。 詳しくは、「サイト」を参照してください。