Product Documentation

サイト

Jul 08, 2016
サイトは名前付きのデータベースとAppDNA Webサイトを組み合わせたものです。 指定したデータベースにAppDNAクライアントを接続するときに、このサイトが使用されます。
  • 使用するサイトは、AppDNAにログオンするときに指定できます(統合ログオンまたは自動ログオンを使用しない場合)。
  • ログオンした後は、AppDNA画面の左下にある[Switch Site]ポップアップリストでデータベースを切り替えることができます。
  • 上記の2つの状況で表示されるデフォルトサイトを変更することもできます。

サイトを管理するには、以下の操作を行います。

  • AppDNAのメニューで、[Administration][Sites]の順に選択します。

サイトの追加または削除

複数のデータベースを使用できるため、たとえばWebアプリケーションをデスクトップアプリケーションと分けてテストする場合に便利です。 複数のデータベースを使用できるのは、同時に複数の顧客のアプリケーションポートフォリオをテストする必要があるシステムインテグレーターにとっても便利です。 通常、各サイトで異なるデータベースを使用しますが、すべてのサイトで同じAppDNA Webサイトを使用します。 すべてのサイトで同じAppDNA Webサイトを使用する場合は、新しいバージョンのAppDNAをインストールするとき、参照するすべてのデータベースをアップグレードする必要があります。

現在のAppDNAクライアントマシンとユーザーに対してサイトを追加および削除できます。

サイトを追加するには

  1. [Manage Sites]画面上部の[Retrieve Available Databases]をクリックします。
  2. 新しいサイトを作成するためのデータベースをクリックして、[Add Selection to List]をクリックします。

    このデータベースに基づいて新しいサイトが作成されます。

  3. サイトの一覧で新しいサイトをクリックして、サイトの詳細および場所を入力してから[Save]をクリックします。

サイトを削除するには

  • サイトの一覧でサイトを選択し、[Remove]をクリックしてから[Save]をクリックします。

サイトを削除しても関連付けられているデータベースは削除されません。

デフォルトサイトの定義

AppDNAはデフォルトのサイトに接続します。 デフォルトサイトを変更するには、以下の操作を行います。

  • サイトの一覧でサイトを選択し、[Set Default]をクリックしてから[Save]をクリックします。

サイトのインポートまたはエクスポート

サイトの名前や構成を複数のAppDNAクライアントマシンやユーザー間で標準化するために、サイトをエクスポートすることができます。これを行うには、[Manage Sites]ツールバーの[Export]をクリックします。 ほかのAppDNAユーザーは、エクスポートされたファイルを自分のマシンにインポートします([Manage Sites]ツールバーの[Import]をクリック)。

サイトをエクスポートすると、一覧のすべてのサイトの構成情報が1つのXMLファイルに格納されます。