Product Documentation

Users

Jul 08, 2016

AppDNAのユーザーアカウントを表示、作成、および変更し、統合ログオン対応のユーザーアカウントを構成できます。

クイックリンク:

統合ログオン

統合ログオンは、AppDNAユーザーがそのWindowsユーザーアカウントの資格情報を使用して自動的にAppDNAにログオンできるようにする、オプションの機能です。 つまり、ログオン画面が省略され、ユーザーはユーザー名とパスワードを入力する必要がありません。 この機能を使用するには、AppDNAユーザーアカウントを次のように構成する必要があります。

  • ユーザーの[AD Linked]チェックボックスをオンにする必要があります。
  • AppDNAのログオン名はユーザーのドメイン修飾Windowsユーザー名である必要があります。たとえば、domain\usernameです。

統合ログオンが有効なアカウントは、手動でも、Active Directoryからのインポートでも作成できます。 Active Directoryからインポートするユーザーアカウントには、自動的に統合ログオンがセットアップされます。 ただし、インポートの後に[AD Linked]チェックボックスをオフにすれば、この設定を変更できます。 次に、AppDNAによりユーザーの新しいパスワードが自動的に生成されます。 必要に応じて、自動生成のパスワードを手動設定のパスワードに置き換えられます。

統合ログオンが有効なアカウントを持つユーザーは自動ログオンを無効にできます。たとえば、管理タスクを実行するために、一時的に管理者アカウントでログオンする必要がある場合です。 これを行うには、[Login Settings]ページで[Enable Auto Integrated Login]チェックボックスをオフにします。

注:統合ログオンが有効なアカウントでAppDNA Webクライアントにログオンすることはできません。

統合ログオンに関するFAQ

統合ログオンにActive Directoryとの通信は必要ですか?

いいえ。 唯一の要件は、統合ログオンが構成されているAppDNAユーザーアカウントと一致するWindowsドメインアカウントで、AppDNAを起動することです。

Windowsパスワードを変更したら、AppDNAユーザーアカウントも更新する必要はありますか?

いいえ。 バックグラウンドでAppDNAによりパスワードの変更が制御されます。

既存のAppDNAユーザーアカウントについて統合ログオンを有効にできますか?

そのユーザーのログオン名がドメイン修飾Windowsユーザー名と一致する場合にのみ、有効にできます。 通常、Active Directoryからユーザーアカウントをインポートした場合は、一致しているはずです。 ユーザーアカウントの[AD Linked]チェックボックスをオンにし、変更を保存するだけで、統合ログオンを有効にできます。 AppDNAのログオン名が有効なドメイン修飾ユーザー名ではない場合は、ドメイン修飾Windowsユーザー名を使用して新しいユーザーアカウントをセットアップし、[AD Linked]チェックボックスをオンにする必要があります。 手動で、またはActive Directoryからのインポートによりこれを行えます。