Product Documentation

Active Directoryからのユーザーのインポート

Jul 08, 2016

Active Directoryからユーザーをインポートするには、AppDNAをActive Directoryドメインに接続し、そのドメイン内のユーザーアカウントに対して読み取りアクセスを持つ資格情報で実行する必要があります。

Active Directoryグループの認証がサポートされています。 Active DirectoryグループをAppDNAに追加できるようにするには、AppDNAサーバーをドメインユーザーとして実行する必要があります。

Active Directoryドメインからユーザーをインポートするには

  1. AppDNAのメニューで、[Administration][User Management]、[Users]の順に選択します。
  2. [Import from AD]をクリックします。 これにより、Windows Active Directory Object Pickerが開きます。Microsoft社が提供するドキュメントの説明に従って操作を完了してください。
    次に、AppDNAによりActive Directory内で一致するユーザーが検索され、[User Management]画面内のユーザー一覧に追加されます。
    新しいユーザーが自動的に選択され、それぞれの[AD Linked]チェックボックスがオンになります。 これにより、ユーザーの統合ログオンが自動的に構成されます(「統合ログオン」を参照)。
  3. Active Directoryから追加された新しいユーザーは、自動的にデータベースに保存されます。 Active Directoryからインポートされたデフォルトのプロパティを変更する場合、またはユーザーを別の役割に割り当てる場合は、変更を加え、関連するユーザー行が選択されていることを確認して、[Save]をクリックします。