Product Documentation

アプリケーションの依存関係

Jul 08, 2016

ユーザーにアプリケーションを展開する場合、XenApp、XenDesktop、またはそのほかの方法のいずれを使用するかにかかわらず、アプリケーションの適切な配信に必要な条件を把握することがロールアウトを成功させるために不可欠です。 AppDNAレポートアルゴリズムにより、あるアプリケーションで必要となるアプリケーション、アプリケーションのフレームワーク、およびファイルが存在するかどうかが分析されます。 標準のアプリケーション修復レポートには、不足しているすべての依存関係が示されます。また、アプリケーションの問題レポートには、すべての依存アプリケーションのRAGがまとめられます。

財務アプリケーションのスイートで、App1がApp2を呼び出すとします。ここで、App2はMicrosoft Foundation Classes(MFC)を必要とし、App3を呼び出します。 AppDNAによってそれらのアプリケーションの依存関係が分析され、手動で依存関係を作成することも、不足しているファイルまたはAPI呼び出しとそれらを提供するランタイムとを照合することで得られた依存関係の提案に基づいて、依存関係を作成することもできるようになります。 組み込みのアプリケーション依存関係マップには、Visual Studio C++やVisual Basicランタイムライブラリなどの一般的なライブラリとフレームワークに加えて、Webブラウザー、SQL Server、Webサービス接続などのアプリケーションが含まれます。 (おそらくSystem Center Configuration Managerからの情報により)ほかのアプリケーションの依存関係を認識している場合、それらの関係の管理にAppDNA SDKを使用できます。

依存関係の表示

  1. アプリケーションの一覧で、アプリケーションをクリックして選択し、右クリックして[Properties]を選択します。
  2. [Dependencies]タブをクリックしてから、 をタップします。

    このアイコンを使用して、選択したアプリケーションを必要とするアプリケーションの一覧と、選択したアプリケーションが必要とするアプリケーションの一覧を切り替えることができます。

依存関係の提案の使用

  1. アプリケーションの一覧で、アプリケーションをクリックして選択し、右クリックして[Properties]を選択します。
  2. [Dependencies]タブをクリックし、[Suggestions]をクリックします。
  3. 項目を選択して[Link Applications]をクリックします。

依存関係の定義

  1. アプリケーションの一覧で、アプリケーションをクリックして選択し、右クリックして[Properties]を選択します。
  2. [Dependencies]タブをクリックし、[New]をクリックします。

    [Applications]タブと[System Frameworks]タブに、AppDNAデータベース内の項目が一覧表示されます。

  3. アプリケーションまたはシステムフレームワークの依存関係を指定するには、対応するタブを選択し、項目を選択して、[OK]をクリックします。