Product Documentation

外部データソースの構成

Jul 08, 2016
  1. AppDNAのメニューで、[Configure][External Data]の順に選択します。
  2. [External Data Administration]画面の外部データソースの一覧で、構成するデータソースを選択します。
  3. [Configuration]で、データソース内のアプリケーションとAppDNAポートフォリオ内のアプリケーションを照合するときに使用するオプションを選択します。
    • Ignore Whitespace – アプリケーションの照合時にAppDNAで余分な空白とタブ文字を無視する場合は、このチェックボックスをオンにします。 これがデフォルトの設定です。 アプリケーションの照合時に空白を意味のあるものとして扱うには、このチェックボックスをオフにします。
    • Case Insensitive - 大文字と小文字を区別しないでアプリケーションを照合するには、このチェックボックスをオンにします。 これがデフォルトの設定です。 大文字と小文字を区別してアプリケーションを照合するには、このチェックボックスをオフにします。
  4. [Data Source Context]セクションで、外部データソースを適用するレポートを選択します。
  5. [Data Source Trust Level]セクションで、このデータソースに適用する信頼レベルを選択します。

    High Trust - 外部データソースで提供される情報に基づくRAG状態で、一致するアプリケーションの元のRAG状態が上書きされます。 たとえば、標準またはカスタムRAGが黄色で外部データソースに基づくRAGが緑の場合は、状態は緑になります。

    Medium Trust - これは、外部データに基づくRAG状態の表示のデフォルト設定です。 一致するアプリケーションの元のRAG状態が保持され、外部データソースにより提供されるRAGは左上に重ねて表示されます。

    Low Trust - 一致するアプリケーションの元のRAG状態が保持され、外部データソースにより提供されるRAGは左上に小さなアイコンで表示されます。

  6. メインツールバーで、[Save]をクリックして変更を保存します。
  7. 変更をアプリケーションポートフォリオに適用する場合は、メインツールバーの[Apply External Data]をクリックします。