Product Documentation

Forward Path

Jul 08, 2016

Forward Pathは、AppDNAに組み込まれている強力なビジネス決定エンジンです。 Forward Pathを使用すると、異なる展開シナリオをモデル化し、その影響を比較できます。 組織の決定を反映するシナリオを作成し、結果に基づいて異なる自動化タスクスクリプトを作成できます。 たとえば、Windows 7への移行準備中にForward Pathシナリオを作成して、App-Vパッケージとして展開するのに適しているアプリケーション、デスクトップに展開する必要があるアプリケーション、再開発が必要なアプリケーションを判断できます。

タスクスクリプトをさまざまな成果に関連付けて、App-Vシーケンスの処理とMSIパッケージ化をInstall Captureで自動化できます。 これには、「Install Capture」の説明に従って設定および構成された仮想マシンが必要です。

Forward Pathシナリオ

「Forward Pathシナリオ」とは、Forward Pathレポートのロジックを定義するスクリプトを指します。 ロジックはレポート対象として選択される各アプリケーションに適用されます。 レポートにはアプリケーション名、製造元、バージョン、およびインポート元のパスの列が含まれます。また、シナリオロジックにより、[Outcome]列と、オプションで[Cost]列、[RAG]列、および[Description]列、さらに最大で20個のカスタム列について値が提供されます。 ロジックでカスタム列にRAG値を指定する場合は、レポートを実行するとその列の結果の円グラフが自動的に生成されます。

注:モジュール構成ウィザードでは、プロジェクトに合わせた<My Enterprise Selections>という名前のシナリオが自動的に作成されます。 モジュール構成ウィザードでオプションを変更すると、このシナリオが自動的に更新されます。 My Enterprise Selectionsシナリオを直接編集することはできません。 ただし、このシナリオを独自のシナリオのテンプレートとして使用できます。

Forward Pathタスクスクリプト

通常Forward Pathのタスクは、Forward Pathレポート内のロジックに基づき、実稼働環境で使用できるApp-VパッケージおよびXenAppパッケージの作成を自動化するために使用します。 ただしForward Pathのタスクは、ファイルのコピーやメールの送信など、そのほかの多くのタスクを実行するように構成できます。

「Forward Pathタスクスクリプト」とは、Forward Pathシナリオで生成される[Outcome]列の値に対して実行するアクションを定義するスクリプトです。 たとえば、アプリケーションの仮想化シナリオによってアプリケーションのRAG状態が緑と判定された場合は、すぐにテストするために、タスクスクリプトによってApp-V Sequencerでそのアプリケーションが自動的にシーケンス処理され、シーケンスがテスト環境に公開されます。

選択したForward Pathシナリオに関連付けられたタスクスクリプトを実行するには、Forward Pathレポートビューアーの[Evaluate Tasks]をクリックします。

  • アプリケーションの選択を変更するには、[Application List]画面に移動します。
  • AppDNAセッション中のアクティブなシナリオを変更するには、必要なシナリオをForward Pathレポートビューアーで選択します (アクティブなシナリオを永続的に変更するには、Forward Pathロジックエディターを使用します)。
  • 選択したアプリケーションのタスクスクリプトを実行するには、[Start]をクリックします。
  • 選択したアプリケーションのアクティブシナリオを評価するには、ツールバーの[Refresh]をクリックします。 これにより、以下の情報が表示されます。
    • [MapUNCPathDriveLetter]列。マップされたドライブ文字が入力されます(タスクスクリプトで ApplicationDetails.MapUNCPath プロパティを使用しインストールディレクトリの<\\server\share>部分をドライブ文字にマップしている場合)。
    • [Install Command]列。アプリケーションのインストールを起動するコマンドが表示されます。 タスクスクリプトで上書きされなければ、アプリケーションがActive DirectoryまたはConfiguration Managerの管理対象アプリケーションにリンクされている場合は、この列にはActive DirectoryまたはConfiguration Managerのインストールコマンドが表示されます。 そうでない場合は、AppDNAにアプリケーションをインポートするときに使用された場所と方法に基づいて、コマンドが表示されます。
    • [InstallWrkDir]列。インストールコマンドにより使用される作業ディレクトリが表示されます。 この列が空白の場合は、デフォルトの作業ディレクトリが使用されます。