Product Documentation

修復レポートビューへのリンク作成

Jul 08, 2016

ここでは、Forward Pathレポートを構成して、レポートに含まれる各アプリケーションの名前がそのアプリケーションの修復レポートビューに対するリンクとして機能するように設定する方法について説明します。 単一のレポートまたは標準レポートの組み合わせの、修復レポートビューに対するリンクを作成できます(後者の場合、結合した修復レポートビューに対するリンクが作成されます)。

以下のForward Pathレポートの抜粋には、アプリケーション名がリンクとして表示されています。

Forward Pathシナリオでのリンクを指定するために、 RemediationModules プロパティを 出力 オブジェクト( ForwardPathReportOutput オブジェクト)で使用します。 単一のレポートの修復レポートビューまたは結合した修復レポートビューに対するリンクを作成できます。 たとえば、以下のようにしてWindows 7修復レポートビューに対するリンクを作成できます。

Dim myForwardpathresult As New Output() ' ... myForwardpathresult.RemediationModules.Add("Win7Module")

Windows 7およびApp-Vの結合した修復レポートビューに対するリンクを作成するには、以下のようにして行を追加します。

myForwardpathresult.RemediationModules.Add("VirtualisationRuleModule")

デフォルトで、リンクによってRemediation Issuesビューが開きます。 Remediation Actionsビューを開くには、以下の行を追加します。

myForwardpathresult.RemediationView = RemediationView.Actions
注: RemediationModules プロパティは、標準の.NET List クラスのオブジェクトです(ドキュメントについては、MSDNライブラリを参照)。

以下の表は、さまざまなAppDNAレポートを定義するIDの一覧です。 リンクを正しく動作させるには、レポートのライセンスが有効で、そのレポートに対してアプリケーションを解析済みである必要があります。

指定するレポート: 使用するID:
Windows 7 Win7Module
Windows 8/8.1 Win8Module
Windows Server 2012/2012 R2 Win2012Module
Windows Server 2008 R2 Win2008R2Module
XenApp Hosted XenAppRuleModule
App-V VirtualisationRuleModule
Internet Explorer(IE) IEModule
Firefox FFModule
WorxWeb WorxWebModule

カスタム修復レポートビューへのリンク作成

単一のカスタムレポートの修復レポートビューにリンクすることができます。 これを行うには、カスタムレポートのIDを知っている必要があります。 通常、これは(スペースを除いた)カスタムレポートの名前と同じです。 たとえば、デフォルトの名前「My New Custom Report」でカスタムレポートを作成するとします。このIDは通常は MyNewCustomReportです。 ただし、例外があります。 次に例を示します。

  • カスタムレポートの名前を変更しても、IDは変わらないままです。
  • 最初に作成したカスタムレポートの名前を変更してから、二番目に作成したレポートに最初のレポートの元の名前を付ける場合は、二番目のレポートのIDは最初のレポートのIDに_1 を付加した文字列になります。
注:結合したカスタム修復レポートビューに対するリンクは作成できません。

完全なシナリオ

これは、修復レポートビューへのリンクが作成されるように、「Forward Pathの例」で作成したサンプルシナリオを拡張したものです。

Public Function ForwardPath(ByVal currentApplication _   As Application) As Output    Dim myForwardpathresult As New Output()    If (currentApplication.Modules.Windows7.RAG = RAG.Green) Then     myForwardpathresult.Outcome = "OK for Windows 7"       Else             If (currentApplication.Modules.Windows7.RAG = RAG.Amber) Then         myForwardpathresult.Outcome = "Remediation required"             Else         myForwardpathresult.Outcome = "Redevelopment required"             End If       End If    myForwardpathresult.Cost = 100   myForwardpathresult.RAG = _     currentApplication.Modules.Windows7.RAG        ' Create links to the merged Windows 7 and App-V   ' remediation report views.   myForwardpathresult.RemediationModules.Add("Win7Module")   myForwardpathresult.RemediationModules.Add("VirtualisationRuleModule")    ' Specify that the link goes to the action view.   myForwardpathresult.RemediationView = _     RemediationView.Actions    ForwardPath = myForwardpathresult End Function