Product Documentation

OSイメージの関係の構成

Jul 08, 2016
  1. AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze][Operating Systems]の順に選択します。
  2. [Operating Systems]画面のOSイメージの一覧から、構成するOSイメージを選択します。
  3. ツールバーの[OS Image Relationships]をクリックします。
  4. 左側の[Are you moving]で、次のいずれかのオプションを選択します。

    To this operating system image – 新しいオペレーティングシステムイメージが移行先のオペレーティングシステム(Windows 8.1など)を表している場合は、このオプションを選択します。 画面の右側に、使用可能な移行元のオペレーティングシステムイメージの一覧が表示されます。

    From this operating system image – 新しいオペレーティングシステムイメージが移行元のオペレーティングシステムを表している場合は、このオプションを選択します。 画面の右側に、使用可能な移行先のオペレーティングシステムイメージの一覧が表示されます。

  5. 画面右側で、構成するOSイメージと比較するOSイメージを選択します。 不要なOSイメージが選択されている場合は選択を解除します。

    最適な結果が得られるように、実行する分析に関連するイメージだけを選択することをお勧めします。

  6. ツールバーの[Save]をクリックして変更を保存します。

    変更がレポートに反映されるようにするには、構成への変更内容に応じて、アプリケーションを分析する必要がある場合があります。 これが必要な場合、ツールバーの右側にある[Analyze]ボタンが有効になります。 必要な場合には、[Analyze]をクリックしてアプリケーションを分析します。 または、後で通常の方法でアプリケーションを分析できます。

Windows XPからWindows 8.1に移行しようとしていて、Windows XPとWindows 8.1の両方のデスクトップイメージとラップトップイメージをインポートすると仮定します。

  • Windows XPのラップトップイメージをインポートして構成するときは、[From this operating system image]を選択し、移行先イメージとしてWindows 8.1のラップトップイメージを選択します。
  • Windows 8.1のラップトップイメージを構成するときは、[To this operating system image]を選択し、移行元イメージとしてWindows XPのラップトップイメージを選択します。

デスクトップイメージについても同じ手順を実行します。 Windows 8.1レポート用の分析を実行すると、Windows XPのラップトップイメージとWindows 8.1のラップトップイメージの間の変更、およびWindows XPのデスクトップイメージとWindows 8.1のデスクトップイメージの間の変更がそれぞれ比較されます。 レポートを表示するには、ラップトップイメージとデスクトップイメージのどちらのレポートを表示するかを選択します。

この例では、イメージが一対一で対応しているオペレーティングシステムイメージの関係を設定する方法について説明しています。 しかし、これは必須ではありません。 たとえば、1つの従来のオペレーティングシステムイメージと、4つのターゲットオペレーティングシステムイメージをインポートし、単一の従来のオペレーティングシステムイメージを使用して4つのターゲットオペレーティングシステムイメージのすべてを構成することもできます。