Product Documentation

OSイメージのインポート

Jul 08, 2016
  1. サイドバーから[Import & Analyze][Operating Systems]の順に選択します。
  2. [Operating Systems]画面のツールバーで、[Import from MSI]をクリックし、以下のタスクを実行します。

オペレーティングシステムイメージの詳細情報

  1. 次の詳細情報を入力します。

    Location of MSI file – インポートするOSイメージのMSIを指定します。 OSイメージのMSIは、Snapshot Managerで生成される3つのXMLファイルと同じフォルダーに格納されている必要があります。

    .msi
    .msi.xml
    .msi_predumper.xml
    .msi_predumper_output.xml

    Create new image – AppDNAで新しいOSイメージを作成する場合に選択します(デフォルト)。 このオプションを選択した後、名前と説明を入力します。

    • OS image name – AppDNAでオペレーティングシステムイメージを識別できる名前を入力します。 オペレーティングシステムファミリの名前など、重要なID情報を含めることをお勧めします。 たとえば、「Windows 8.1 – standard laptop image」のような名前を使用します。
    • OS image description – このオペレーティングシステムイメージの用途を示す追加の情報を入力します。

    Overwrite existing image – AppDNAで既存のOSイメージを上書きする場合に選択します。このオプションを選択した後、上書きするOSイメージを選択します。 このオプションは、インポートしたOSイメージに対してのみ使用できます。 システムOSイメージ(AppDNAに組み込まれているOSイメージ)は上書きできません。

  2. イメージ情報の入力が完了したら、[Next]をクリックして次の手順に進みます。

イメージの関係

  1. 左側の[Are you moving]で、次のいずれかのオプションを選択します。

    To this operating system image – 新しいオペレーティングシステムイメージが移行先のオペレーティングシステム(Windows 8.1など)を表している場合は、このオプションを選択します。 画面の右側に、使用可能な移行元のオペレーティングシステムイメージの一覧が表示されます。

    From this operating system image – 新しいオペレーティングシステムイメージが移行元のオペレーティングシステムを表している場合は、このオプションを選択します。 画面の右側に、使用可能な移行先のオペレーティングシステムイメージの一覧が表示されます。

  2. 画面右側で、構成するOSイメージと比較するOSイメージを選択します。 不要なOSイメージが選択されている場合は選択を解除します。

    最適な結果が得られるように、実行する分析に関連するイメージだけを選択することをお勧めします。

    ペアの一方のイメージをインポートすると、もう一方のイメージはまだインポートされていないため選択できなくなります。 そのため、このセクションは未入力のままにして、後で[Operating Systems]画面で構成します。

  3. [Next]をクリックしてオペレーティングシステムイメージのインポートを開始します。

Windows XPからWindows 8.1に移行しようとしていて、Windows XPとWindows 8.1の両方のデスクトップイメージとラップトップイメージをインポートすると仮定します。

  • Windows XPのラップトップイメージをインポートして構成するときは、[From this operating system image]を選択し、移行先イメージとしてWindows 8.1のラップトップイメージを選択します。
  • Windows 8.1のラップトップイメージを構成するときは、[To this operating system image]を選択し、移行元イメージとしてWindows XPのラップトップイメージを選択します。

デスクトップイメージについても同じ手順を実行します。 Windows 8.1レポート用の分析を実行すると、Windows XPのラップトップイメージとWindows 8.1のラップトップイメージの間の変更、およびWindows XPのデスクトップイメージとWindows 8.1のデスクトップイメージの間の変更がそれぞれ比較されます。 レポートを表示するには、ラップトップイメージとデスクトップイメージのどちらのレポートを表示するかを選択します。

この例では、イメージが一対一で対応しているオペレーティングシステムイメージの関係を設定する方法について説明しています。 しかし、これは必須ではありません。 たとえば、1つの従来のオペレーティングシステムイメージと、4つのターゲットオペレーティングシステムイメージをインポートし、単一の従来のオペレーティングシステムイメージを使用して4つのターゲットオペレーティングシステムイメージのすべてを構成することもできます。

オペレーティングシステムイメージのインポートの結果

インポートが完了すると、結果が表示され、新しいオペレーティングシステムイメージを反映するために再分析が必要なレポートが示されます。

  1. 分析をすぐに開始する場合は、[Analyze]をクリックします。
  2. 分析を実行する前に別のオペレーティングシステムイメージをインポートする場合は、[Previous]をクリックして[Operating Systems]画面に戻ります。 その後、通常の方法で分析を実行できます。