Product Documentation

OSイメージの設定

Jul 08, 2016

[Settings]ダイアログボックスには、AppDNAの全般的なオプションが含まれます。 このダイアログボックスを開くには、メニューから[Edit][Settings]の順に選択します。

[OS Image Configuration]ページを使用して、レポートのデフォルトのOSイメージを指定します。 このページには、1つまたは複数のOSファミリに属するOSイメージに対してアプリケーションDNAを分析するアルゴリズムを含むレポートが一覧表示されます。 たとえば、Windows 8のレポートでは以前のOS(Windows XPなど)およびWindows 8に対してアプリケーションDNAが分析されます。

1つのOSファミリに複数のOSイメージを使用できる場合は、関連するレポートのデフォルトイメージを指定する必要があります。 デフォルトイメージは、Effort Calculator、Overview Summaryレポートおよびレポートエクスポートウィザードで使用されます。また関連するレポートに対してデフォルトで選択されます。

各レポートについて、デフォルトとして使用するOSイメージを指定します。 それから[Save]をクリックして変更を保存します。

このダイアログボックスのボックスの一覧で選択できるOSイメージは、レポートおよびその構成によって異なります。 たとえば、従来のWindowsプラットフォームをWindows XPと指定してWindows 8レポートを構成したとします。 このWindows 8レポートについては、[Prior OS Image]ボックスの一覧ではWindows XPの使用できるイメージを、[Target OS Image]ボックスの一覧ではWindows 8の使用できるイメージを選択できます。 使用できるOSイメージが1つしかない場合は、選択する必要がありません。

No OS algorithms active for this report」というメッセージが表示される場合は、OSイメージに対してアプリケーションDNAを分析するアルゴリズムが、このレポートでは([Algorithm Groups]画面などで)無効に設定されていることを意味します。

  • カスタムレポートがサポートされるAppDNAエディションでは、このダイアログボックスにOSイメージ依存アルゴリズムを含んでいるカスタムレポートのエントリが自動的に追加されます。
  • 無効になっているレポートは表示されません。
  • 独自のOSイメージは、[Operating Systems]画面で削除できます。 レポートのデフォルトイメージに設定されているOSイメージを削除すると、そのOSファミリについて最後にインポートしたイメージがデフォルトイメージに設定されます。 必要であれば、このダイアログボックスでこれを変更できます。