Product Documentation

Install Capture

Jul 08, 2016

Install Captureを使用して、MSI、SFT、またはAPPVファイルがないWindowsアプリケーションをインポートします。 Install Captureで仮想マシンにアプリケーションをインストールし、MSIファイルを作成します。このMSIファイルをAppDNAにインポートします。 通常、作成されるMSIはAppDNAにインポートするためにアプリケーションDNAを単にキャプチャしたものであり、アプリケーションの実際のインストールには適切ではありません。 必要な追加ソフトウェアがあれば、インストールに適したMSIとApp-Vシーケンスをキャプチャ処理で作成できます。

Install Captureを使用するには次のデスクトップ仮想化技術のいずれかに基づく仮想マシンが必要です。

  • Hyper-V - この技術を使用する場合は、Install Capture専用の仮想マシンと管理者権限を提供するHyper-Vユーザーアカウントが必要です。 ゲストオペレーティングシステムがリモートデスクトップ接続を許可するように構成されている必要があります。 一部の構成では、仮想マシンにHyper-V統合サービスをインストールする必要があります(Windows XP SP2以降でサポートされます)。 Windows 8 Hyper-Vクライアントを使用する場合は、AppDNAクライアントをHyper-Vクライアントと同じマシンにインストールする必要があります。
  • VMware vSphere – この技術を使用する場合は、完全にライセンスされたvSphereのインストール、Install Capture専用の仮想マシン、Webサービスを通じて(仮想マシンの電源のオン/オフ、仮想マシンのリセットと一時停止、およびスナップショットの作成と元に戻す権限を含む)高度な仮想マシンの操作を行う権限を持つvSphereユーザーアカウントが必要です。 使用する仮想マシンは、リモートデスクトップ接続を許可するように構成し、VMware Toolsをインストールしておく必要があります。 vSphereホストサーバーでWebサービスが有効になっている必要があります。
  • Citrix XenServer – この技術を使用する場合は、XenServerホストサーバーに対するアクセス権、Install Capture専用の仮想マシン、および仮想マシンスナップショットを作成および元に戻すためのXenServerの権限が必要です。
  • VMware Workstation - https://www.vmware.com/tryvmware/?p=vmware-workstation&lp=1からダウンロードできます。

仮想化技術は、仮想マシンをホストするマシン(ホストマシンと呼びます)とAppDNAが通信できる方法でインストールし構成する必要があります。 使用する技術とその構成方法によっては、AppDNAと同じマシンにインストールする場合があります。 たとえば、VMware Workstationの場合はAppDNAをホストマシンにインストールする必要がありますが、XenServerおよびvSphereの場合は、常にAppDNAとは別のマシンにインストールします。

AppDNAは仮想マシンのオペレーティングシステム(ゲストオペレーティングシステムと呼びます)と通信できる必要があります。 これはゲストオペレーティングシステムがネットワークに接続している必要があるということを意味します。 結果をストリーム配信するのではなくコピーする場合は、AppDNAとゲストオペレーティングシステムの両方から、ホストマシンかネットワーク共有上の指定の出力フォルダーに対して読み取りと書き込みを実行できる必要があります。

Install Captureを実行するAppDNAクライアントでは、専用の仮想マシンを使用する必要があります。

AppDNA内で仮想マシン構成ウィザードを使用して、Install Captureのために使用する仮想マシン構成を作成します。 この構成には、仮想マシンを管理するためにInstall Captureに必要なすべての情報が格納されます。

ここでは、まず、ウィザードの実行前に満たしておく必要があるセットアップ要件の概要について説明します。 要件は多くの一般的な手順に分けられます。 これらの手順を実行するにはさまざまな方法があります。 全般的な要件について説明した後、仮想化技術ごとに1つの可能なアプローチとウィザードの使用手順について詳しく説明します。