Product Documentation

実行プロファイルの編集

Jul 08, 2016

セルフプロビジョニングとInstall Captureの実行プロファイルは、セルフプロビジョニングの実行プロファイルには上級ユーザー向けの追加の表示テキストが含まれる点で異なります。 そのほかのすべての点において、2つの実行プロファイルは同じです。

注:実行プロファイルを編集する前に、バックアップを作成することをお勧めします。 これを行うには、[Install Capture Settings]または[Self-Provisioning Settings]の[Execution Profiles]タブで[Export]をクリックします。

Install Capture、Forward Path、またはセルフプロビジョニングで使用する実行プロファイルを構成するには、以下の操作を行います。

  • [Install Capture Settings]ページまたは[Self-Provisioning Settings]ページの[Execution Profiles]タブで[New]または[Edit]をクリックします。
  • [Import Applications]画面の[Install Capture]タブおよび[Self-Provisioning]タブの[Execution Profile]ボックスの一覧の隣の[Customize]をクリックします。 この操作で編集できるのは現在のアプリケーションの実行プロファイルのみです。

[Edit Execution Profile]ダイアログボックスでは、以下の編集を行います。

Name – 実行プロファイルの名前です。 名前にコロン(:)を含めないようにしてください これにより、その名前が将来Citrixが定義する内部の置き換え可能パラメーターと競合する可能性がなくなります。

Manually execute the commands – ユーザーがコマンドを手動で実行する必要があるかどうかを制御するチェックボックスです。

[Commands]タブおよび[Replaceables]タブ – 次のセクションを参照してください。

[Commands]タブ

[Edit Execution Profile]ダイアログボックスの[Commands]タブを使用して、実行プロファイルのコマンドを表示し、編集します。 [Commands]タブの上部には、実行プロファイルのコマンドが実行順に一覧表示されます。 右側のボタンを使用して、新しいコマンドを追加し、コマンドを削除し、コマンドの順序を変更します。

[Commands]タブの下部には、上部で選択したコマンドの詳細情報が表示されます。 情報は、[Command]タブと[User Interface]タブに次のように分けて表示されます。

[Commands]タブ

[Commands]タブにはそのコマンドの一般情報が表示され、これにはコマンドの種類(Command LineまたはWrite Unicode File)が含まれます。

Command Lineのオプションは以下のとおりです。

  • Command - 実行可能ファイルおよび引数で構成する必要があります。 置き換え可能パラメーターと呼ばれる、実行時に提供される値で置き換えられるプレースホルダーを含められます。 置き換え可能パラメーターを含めるときの構文は$(replaceable_name)です。ここで、replaceable_nameは置き換え可能パラメーターの名前です(例: $(AppToolsFolder))。
  • Wait type - コマンドの待機動作を定義します。 オプションは、待機せずに続行、コマンドにより起動したプロセスの完了を待機、またはプロセスツリーの完了を待機のいずれかです。 通常、インストールを起動するコマンドではインストールの完了を待機するのに対して、画面キャプチャユーティリティを起動するコマンドでは待機しません。
  • Show window - コマンドにより起動したウィンドウの表示方法を制御します。 指定できる値について詳しくは、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/ms633548(v=vs.85).aspxを参照してください。
  • Fail on unexpected exit code - 終了コードが予期しないコードであった場合に、コマンドを失敗とするかどうかを示します。 インストーラーを起動するコマンドについて、0以外の終了コードはAppDNAではデフォルトで失敗とみなされます。 インストーラーは成功時に0を戻し失敗時に0以外を戻すという、非公式な規約があります。 ただし、この規約にすべてのインストーラーが従っているというわけではありません。 終了コードが成功または失敗を示さない場合は、このチェックボックスをオフにします。 異なる終了コードを設定するには、このチェックボックスをオンにしてから[Expected exit code]ボックスに成功を示すコードを入力します。
  • Expected exit code – [Fail on unexpected exit code]チェックボックスがオフの場合は、このパラメーターは無視されます。 この値は成功を示す終了コードです。 デフォルトでは0です。

    失敗があったとき、ときどきインストーラーが0以外の終了コードを戻さないことがあります。 この問題が発生すると、AppDNAではキャプチャが成功したとみなされ、キャプチャされたDNAがインポートされ、インポートが成功したと記録されます。ただし、実際には本当のアプリケーションDNAはまったくキャプチャされていません。 この状況では、キャプチャされたDNAに含まれるのは、失敗したアプリケーションのインストール試行によって基礎となるオペレーティングシステムに加えられた軽微な変更です。 成功時にゼロ終了コードを戻す規約にインストーラーが従わないことがわかっている場合は、このオプションを使用して、そのアプリケーションの実行プロファイルに成功時の終了コードを指定します。

  • Capture output – コマンドにより、標準出力(stdout)および標準エラー(stderr)のストリームをInstall CaptureまたはForward Pathのログに書き出すかどうかを示します。 これは、エラー文字列を書き出すコマンドラインの実行可能ファイルのトラブルシューティングに役立ちます。

Write Unicode Fileのオプションは以下のとおりです。

  • Target file path - コマンドによりファイルが作成される場所です。
  • Expand replaceables in contents - 置き換え可能パラメーターがファイルに書き込まれる前に、コマンドにより展開されるかどうかを指定します。 このオプションを選択すると、 $(XXX) の形式のすべてのものが、ファイルに書き込まれる前に適切な実行時値に置き換えられます。 たとえば、 $(AppToolsFolder) は、C:\Program Files\Citrix\AppDNA\VM Configurationのような実行時値で置き換えられます。 このチェックボックスをオフにすると、置き換え可能パラメーターはそのまま、たとえば $(AppToolsFolder)という名前です。

[User Interface]タブ

[User Interface]タブのオプションでは、スタンドアロンのセルフプロビジョニングツールでコマンドを実行したときの、ユーザーに対するコマンドの表示方法を制御します。

  • Show as step - ユーザーにコマンドをステップとして表示するかどうかを示します。
  • Allow the user to edit the command before execution - コマンドを実行する前にユーザーがコマンドを編集できるかどうかを示します。

[Replaceables]タブ

[Edit Execution Profile]ダイアログボックスの[Replaceables]タブを使用して、実行プロファイルの実行時に使用する置き換え可能パラメーターの値を定義します。 [Settings]ダイアログボックスの[Self-Provisioning]ページ、または[Configure Virtual Machine]ダイアログボックスに入力する値は、ここに入力する値で上書きされます。

注:単一のアプリケーションについて、このタブで入力した置き換え可能パラメーターの値を上書きする必要が生じる場合があります。 最もよく使用される置き換え可能パラメーターについては、[Import Applications]画面の[Quick Edit Parameter]ボックスで上書きすることができます。

置き換え可能パラメーターの値を指定するには:

  • 一覧に値を変更する置き換え可能パラメーターがある場合は、それを選択して[Edit]をクリックします。 [Edit Replaceable]ダイアログボックスが開きます。ここで、新しい値を入力したり貼り付けたりできます。
  • 一覧に値を変更する置き換え可能パラメーターがない場合は、[New]をクリックします。 [Edit Replaceable]ダイアログボックスが開きます。ここで、新しい置き換え可能パラメーターと値を入力できます。

内部的に使用される置き換え可能パラメーターを、次の一覧に示します。 これらの置き換え可能パラメーターの値は自動的に設定されるため、手動設定は不要です。

  • App:InstallCommand
  • App:InstallDriveLetter
  • App:InstallWrkDir
  • App:Manufacturer (Forward Pathのタスクスクリプトでのみ使用されます)
  • App:Name (Forward Pathのタスクスクリプトでのみ使用されます)
  • App:Version (Forward Pathのタスクスクリプトでのみ使用されます)
  • Capture:ImportInputFile
  • Capture:InputFile
  • Capture:Mode
  • Capture:OutputFile
  • Capture:OutputDirectory
注:置き換え可能パラメーター名にコロン(:)が含まれることに注意してください。 これは、これがCitrixにより定義されている内部の置き換え可能パラメーターであることを示します。 独自の置き換え可能パラメーターを作成する場合は、名前にコロンを含めないように注意してください。 これにより、その名前が将来Citrixで提供される内部置き換え可能パラメーターと重複する可能性がなくなります。 名前のうちコロンの前の部分は、置き換え可能パラメーターの用途を示します。 たとえば、Appはその置き換え可能パラメーターが処理中のアプリケーションの情報を提供すること、Captureはその置き換え可能パラメーターが現在のキャプチャ状態と関連することを示します。