Product Documentation

実行プロファイルの実行

Jul 08, 2016

実行プロファイルを実行する方法は、Install Capture、セルフプロビジョニング、Forward Pathのいずれを使用しているかによって異なります。 このトピックではこれらすべてついて説明します。

Install Captureを使用して実行プロファイルを実行するには

注:Install Captureは、仮想マシン構成を使用して、仮想マシンに接続して管理するためにAppDNAが必要とするすべての情報を保存します。
  1. [Import Applications]画面の[Install Capture]タブで、ツールバーの[Browse][Search]、または[Import from List]をクリックして、インポートする.exeファイルまたはほかのインストールファイルを選択します。

    ファイルをUNCパス(\\192.168.50.20\Source\application.exe または\\MachineName\Source\application.exe)を使用して指定します。

  2. [Install Capture]タブで、実行プロファイルを実行するアプリケーションの左側にあるチェックボックスをオンにします。
  3. [Install Capture]タブのツールバーで、使用する仮想マシン構成を選択します。

    仮想マシン構成では、実行プロファイルを実行する仮想マシンの詳細を指定します。 この仮想マシンは、実行プロファイル用に適切に設定されている必要があります。 たとえば、App-V 4.6 SP1 Sequencer実行プロファイルの場合は、Microsoft Application Virtualization 4.6 Service Pack 1がインストールされている必要があります。

  4. [Install Capture]タブのアプリケーションの一覧で、アプリケーション名の左側の[+]をクリックして、アプリケーションのオプションパネルを開きます。 その後、最初のドロップダウンリストで、実行する実行プロファイルを選択します。
  5. [Install Capture]タブのツールバーで、[Import]をクリックします。 選択した実行プロファイルでの定義に従って、仮想マシン構成で指定されている仮想マシンでInstall Captureの処理が開始されます。 キャプチャが終了すると、アプリケーションがAppDNAに自動的にインポートされます。

セルフプロビジョニングを使用して実行プロファイルを実行するには

セルフプロビジョニングは、AppDNAへのアクセス権を持たない上級エンドユーザーがアプリケーションキャプチャを実行するためのメカニズムを提供します。 手順の概要は、次のとおりです。

  1. 管理者は、AppDNAの[Import Applications]画面の[Self-Provisioning]タブを使用して、キャプチャの指示を設定します。

    この手順の間に、管理者はInstall Captureで実行プロファイルを選択するのと同様の方法で、使用する実行プロファイルを選択します。

  2. 管理者は、セルフプロビジョニングクライアントマシンが特定の実行プロファイル用に設定されるように手配します。

    たとえば、App-V 4.6 SP1 Sequencer実行プロファイルの場合は、Microsoft Application Virtualization 4.6 Service Pack 1がインストールされている必要があります。

  3. 管理者は指示をエンドユーザーに送信し、エンドユーザーはセルフプロビジョニングクライアントマシンでキャプチャを実行します。

    詳しくは、「セルフプロビジョニング」を参照してください。

Forward Pathを使用して実行プロファイルを実行するには

Forward Pathはシナリオおよびタスクスクリプトによって制御されます。 Forward Pathタスクスクリプトでは、実行プロファイルを実行できます。 これを実行するには、タスクスクリプトで ProductionManager.RunExecutionProfile 関数を呼び出します。 この関数の構文は次のとおりです。

Public Shared Sub RunExecutionProfile ( _     controller As IActionController, _     profile As ExecutionProfileBuilder, _     profile_replaceable_values As Dictionary(Of String, String), _     vm_config_name As String _ )
パラメーター説明
controllerこのオブジェクトは実行時にスクリプトに自動的に渡され、たとえば現在のアプリケーションに関する情報にアクセスできるようにします。
profile実行プロファイルの名前を渡すために使用します。
profile_replaceable_values置き換え可能な名前と値のペアの一覧を渡すために使用します。
vm_config_name使用する仮想マシン構成の名前を渡すために使用します。

次に例を示します。

 Dim replaceables As New Dictionary(Of String, String)   ' Set the SequenceName replaceable replaceables.Add("SequenceName", controller.Application.Name)  ' Activate auto-clicker replaceables.Add("UseAutoClick", "--use-autoclick")  ProductionManager.RunExecutionProfile(controller, _     "App-V 4.6 SP1 Sequencer", replaceables, "App-V VM Configuration")

詳しくは、「Forward Path」を参照してください。