Product Documentation

キャプチャ出力の場所

Jul 08, 2016

仮想マシン構成ウィザードの[Capture Output Location]ページで、Install Captureの出力(MSIファイルやインストールのスクリーンショットなど)を保存する場所を指定します。 出力を制御する方法は2つあり、選択したオプションによって出力場所の要件が決定されます。

Stream results (simple) – このオプションでは、キャプチャが完了した後、仮想マシンからホストマシンまたはネットワーク共有上のフォルダーに出力をストリーム配信します。 仮想マシンはこのフォルダーにアクセスする必要がないので、このオプションは、[Copy results to network share]オプションよりもセットアップが簡単です。 ただし、Install Captureの処理が長くなります。 さらに、何らかの理由でキャプチャが失敗すると、失敗するまでのキャプチャ結果が失われます。 したがってこのオプションは、(オートクリッカーを使用するなどして)キャプチャをまとめて無人で実行する計画の場合は推奨されません

  • Store results in – 仮想マシンからストリーム配信される出力ファイルを保存する場所を指定します。 AppDNAにはこのフォルダーに対する読み取り/書き込みアクセス権限が必要ですが、仮想マシンからアクセスする必要はありません。
注:キャプチャ処理中に、仮想マシンのフォルダーに結果が一時的に保存されます。 デフォルトでは、このフォルダーはC:\AppDNAですが、このウィザードで仮想マシン構成の作成を完了した後、必要に応じて、[Virtual Machine Configuration]ダイアログボックスでフォルダーを変更できます。

Copy results to network share (faster) – このオプションでは、AppDNAと仮想マシンの両方に読み取りおよび書き込み権限があるホストマシンまたはネットワーク共有上のフォルダーに、仮想マシンから結果をコピーします。 (オートクリッカーを使用するなどして)キャプチャをまとめて無人で実行する場合は、このオプションを使用してください。

  • Network share – 仮想マシンによる出力ファイルのコピー先を指定します。 このコピー先は、ホストマシンと仮想マシンの両方が読み取りおよび書き込み権限を持つ場所である必要があります。 たとえば、c:\temp\appdnaなどのローカルパスは機能しません。 通常は、\\server\share\pathの形式のUNCパスを使用します。 ただし、AppDNAマシンと仮想マシンの両方で同じドライブ文字が同じ場所にマップされている場合は、マップされたネットワークドライブを使用できます。

Test – クリックして、AppDNAマシンと仮想マシンの両方が、指定された場所にアクセスできることを確認します。