Product Documentation

仮想マシンのセットアップ

Jul 08, 2016

ここでは、Install Capture仮想マシンの全般的なセットアップ要件の概要を示します。 これらの手順を実行するために可能なアプローチはたくさんあります。

通常、これらの手順は、AppDNAで仮想マシン構成ウィザードを使用する前に実行します。 ただし、このウィザードにはコンソールで仮想マシンを開くオプションがあり、ウィザードに従ってコンソールで仮想マシンのセットアップ手順を実行することができます (ウィザードを実行するには仮想マシンが既に存在している必要があるため、最初の2つの手順は含まれません)。

  1. Install Capture」の一覧に含まれる技術の1つに基づく仮想マシンを作成します(または、仮想マシンファイルを取得します)。

    デスクトップまたはサーバーのWindowsプラットフォームとの互換性をテストするためにWindowsアプリケーションをキャプチャするときは、ゲストオペレーティングシステムが、アプリケーションが現在動作しているオペレーティングシステムと同じである必要があります。 たとえば、Windows XPからWindows 8.1への移行を準備する場合は、仮想マシンはWindows XPに基づく必要があります。 ただし、仮想マシンを使用して実稼働環境用のMSI、App-Vシーケンス、またはXenAppプロファイルを作成する場合は、ゲストオペレーティングシステムは通常、それらの対象オペレーティングシステムである必要があります。

    Install Captureの処理を妨げる可能性があるので、仮想マシンではアンチウイルスソフトウェアを実行しないでください。

    仮想マシンと通信するには、ゲストオペレーティングシステムのIPアドレスか、そのマシン名またはDNS名が必要です。 マシン名またはDNS名を使用する場合は、ネットワークで適切な名前解決メカニズム(DNSなど)を構成する必要があります。 IPアドレスを使用する場合は、静的IPアドレスで仮想マシンを構成することをお勧めします。 IPアドレスが変更された場合、仮想マシン構成に格納されているゲストオペレーティングシステムのIPアドレスを更新する必要があります。

  2. 仮想マシンを起動し停止します。

    これは、仮想マシンが正しく動作することを確認するためです。

  3. Install Captureを使用して仮想アプリケーションパッケージを作成する場合は、App-V SequencerまたはXenApp Profilerのような追加のソフトウェアを仮想マシンにインストールする必要があります。 この追加のソフトウェアはAppDNAには付属していません。

    追加のソフトウェアによっては、実行プロファイルを適宜に編集する必要がある可能性があります。

  4. Install Captureを実行するために仮想マシンへのログオンに使用するユーザーアカウントに管理者特権があることを確認します。

    このユーザーアカウントは、仮想マシンのローカル管理者アカウントでも、仮想マシンのAdministratorsグループに追加されている別のユーザーアカウントでも構いません。

    この管理ユーザーアカウントを使用して自動でログオンするように仮想マシンを構成し、ログオン時に表示されるすべての法的通知を抑制することをお勧めします。 このように構成すると、Install Capture処理の実行時に手動で仮想マシンにログオンする必要がなくなります。

    注:ポリシーにより自動的にログオン(または法的通知を抑制)できない場合は、ゲストオペレーティングシステムにログオンした状態で仮想マシンのスナップショットを作成します。 これにより、Install Captureの開始時に仮想マシンが元の状態に戻され、ユーザーが何らかの操作を行う必要がなくなります。
  5. AppDNAマシンまたはネットワーク共有に、Install Captureの出力ファイル(AppDNAにインポートするMSIなど)を格納するフォルダーを作成します。 このフォルダーは、必要に応じて入力ファイルに使用することもできます。

    Install Captureでは、2種類の方法で出力ファイルを処理できます。

    • 結果をストリーム配信する – この方法では、Install Captureの出力ファイルが最初に仮想マシンのステージングフォルダーに格納されます。 その後、キャプチャが完了すると、AppDNAマシンまたはネットワーク共有のフォルダーに出力ファイルがストリーム配信されます。 AppDNAにはこのフォルダーに対する読み取り/書き込みアクセス権限が必要ですが、仮想マシンからアクセスする必要はありません。
    • 結果をコピーする – この方法では、Install Captureの出力ファイルがAppDNAマシンまたはネットワーク共有のフォルダーに直接格納されます。 AppDNAと仮想マシンの両方に、このフォルダーに対する読み取り/書き込みアクセス権限が必要です。 この方法の方がストリーム配信よりも処理が高速になります。 オートクリッカーを使用するなどしてキャプチャをまとめて無人で実行する場合は、このオプションを使用することをお勧めします。

    どちらの方法を使用するかは、AppDNAで仮想マシン構成を作成するときに選択します。

    仮想マシンから入力ファイルの場所にもアクセスできる必要があります。 入力ファイルは出力ファイルと同じフォルダーに格納することも、入力ファイル用に別の共有フォルダーを作成することもできます。 どちらの場合も、仮想マシンから入力ファイルを読み取ることができる必要があります。 Active DirectoryまたはConfigMgrからインストールパッケージをインポートする場合は、仮想マシンからActive DirectoryまたはConfigMgrのドメインおよびインストールパッケージの場所にアクセスできる必要もあります。

  6. 結果をコピーする場合は、前の手順で作成したフォルダーに対する読み取り/書き込みアクセス権限が仮想マシンにあることを確認します。 結果をストリーム配信する場合は、入力ファイルが格納されたフォルダーに対する読み取りアクセス権限だけで構いません。

    仮想マシンからフォルダーへのアクセスは、さまざまな方法でセットアップできます。

    • 仮想マシンにドメインユーザーとしてログオンする場合、共有フォルダーがあるマシンが同じドメインまたは信頼済みのドメインに属していれば、そのユーザーに共有へのアクセスを許可できます。
    • AppDNAマシンと仮想マシンの両方で、同じ名前と資格情報を使用してユーザーを作成します。 AppDNAマシンで共有フォルダーを作成し、その共有フォルダーに対する読み取り/書き込みアクセス権限をそのユーザーに許可します。 Install Captureの実行に使用する同じ資格情報を使用して仮想マシンにログオンすることで、仮想マシンから共有フォルダーにアクセスできるようにする必要があります。
    • 適切な資格情報を使用して、仮想マシンから共有への永続的な接続を確立します。 共有フォルダーがホストマシンにある場合は、ホストマシンへのログオンに使用する同じユーザーの資格情報を使用できます。 共有フォルダーがドメインにある場合は、ドメインの資格情報を使用します。
  7. 仮想マシンにCitrix AppDNA VM構成ツールのMSIをインストールし、仮想マシンを再起動します。

    これを行うには、Citrix AppDNA VM Configuration.msiという名前のインストーラーが必要です。 これはAppDNAに付属しており、 AppDNAのインストール時にAppDNAインストールフォルダーのToolsサブフォルダーにコピーされます。 デフォルトの場所はC:\Program Files\Citrix\AppDNA\Tools(64ビットマシンの場合はC:\Program Files (x86)\Citrix\AppDNA\Tools)です。

    仮想マシン構成ツールのMSIのバージョンは、実行しているAppDNAのバージョンと一致する必要があります。 これは、AppDNAをアップグレードしたら仮想マシン上のVM構成ツールもアップグレードする必要があるということを意味します。

  8. この手順は、ゲストオペレーティングシステムがユーザーアカウント制御(UAC)をサポートする場合にのみ適用されます。

    Citrix AppDNA VM構成ツールのMSIにより、Remote Adminがインストールされます。Remote Adminは、仮想マシン内で動作してAppDNAが仮想マシンと通信できるようにするAppDNAエージェントです。 ゲストオペレーティングシステムでユーザーアカウント制御が有効になっている場合、Remote Adminが起動されるたびに、Windowsでユーザーアカウント制御のダイアログボックスが開き、コンピューターを変更する権限が確認されます。 Install Captureの実行時に毎回これが発生すると、そのたびにユーザーの操作が必要になり、キャプチャのバッチ処理を無人で実行できないため、問題になることがあります。

    解決策として、仮想マシンではユーザーアカウント制御を無効にすることをお勧めします(方法については、http://support.microsoft.com/kb/975787などを参照してください)。 ただし、Windows 8またはWindows Server 2012については、オペレーティングシステム上でVM構成ツールのMSIで自動的にユーザーアカウント制御が無効にされるため、通常はこの処理を行う必要はありません。

    ユーザーアカウント制御を無効にできない場合は、次の手順に従って、Remote Adminを実行した状態でスナップショットを作成します。

  9. 前の手順に従って作業した後、仮想化技術の機能を使用して仮想マシンの状態のスナップショットを作成します。 Install Captureではこのスナップショットを使用して、各キャプチャの開始時に仮想マシンを既知の状態に戻します。

    ユーザーアカウント制御をサポートするゲストオペレーティングシステムで、セキュリティポリシーによりユーザーアカウント制御を無効にできない場合は、Remote Adminを実行した状態で仮想マシンのスナップショットを作成します。 これにより、Install Captureを実行するときにRemote Adminが既に実行された状態になるため、Install Capture処理の実行時にユーザーアカウント制御のダイアログボックスが表示されなくなります。 仮想マシンの電源をオフにした状態で仮想マシンのスナップショットを作成した場合は、Install Captureを実行するたびにユーザーアカウント制御のプロンプトが表示され、キャプチャのバッチ処理を無人で実行できない場合があります。

  10. アンチウイルスソフトウェアを、Install Captureの出力および入力フォルダーに対するアクセス時のスキャンが無効になるように構成します。