Product Documentation

vSphere

Jul 08, 2016

このトピックでは、Windows XPからWindows 7に移行するときに、Install Captureで使用するVMware vSphere仮想マシンを(AppDNAを実行するマシンと共に)セットアップする方法の例について説明します。 この例では、実行可能なアプローチの1つについて説明します。 全般的なセットアップ要件について詳しくは、「仮想マシンのセットアップ」を参照してください。

前提条件

  • AppDNAを実行しているマシンとは別のマシンにVMware vSphereが既にインストールされ構成されていること。
  • Install Captureで使用するための、Windows XPのクリーンなビルドを含むvSphere仮想マシンが既に存在していること。 vSphere仮想マシンの作成について詳しくは、VMware vSphereのドキュメントを参照してください。
  • 仮想マシンが、AppDNAを実行しているマシン(AppDNAマシンと呼びます)と同じドメインに接続されていること。
  • vSphereホストサーバーのIPアドレスまたはDNS名がわかっており、vSphereに接続して高度な仮想マシンの操作を実行できるアカウントのユーザー名とパスワードがわかっていること。 少なくとも、ユーザーアカウントに、仮想マシンの電源のオン/オフ、仮想マシンのリセットと一時停止、およびスナップショットの作成と元に戻す権限が必要です。
  • ゲストオペレーティングシステムの管理用ユーザーアカウントのユーザー名とパスワードがわかっていること。

この例では、仮想マシンがAppDNAマシン上の共有フォルダーにアクセスできるように、仮想マシンへの自動ログオンを、ユーザーがAppDNAマシン上のWindowsにログオンするときに使用するドメインユーザーアカウントと同じアカウントで構成します (以降では、これをユーザーのドメインアカウントと呼びます)。

注:次の手順では、VMware vSphere Clientで仮想マシンをセットアップします。 VMware vSphere Clientにアクセスできない場合は、vSphereの管理者に依頼して、仮想マシンにVMware Toolsをインストールし、リモートデスクトップ接続を許可する構成にしてもらう必要があります。 そのほかのすべてのセットアップ手順は、AppDNA仮想マシン構成ウィザードで仮想マシンを起動して行います。

VMware vSphere Clientで仮想マシンを開く

ここでは、仮想マシンをセットアップするためにVMware vSphere Clientのコンソールで仮想マシンにログオンする手順について説明します。

VMware vSphere Clientのコンソールで仮想マシンを開くには:

  1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム][VMware][VMware vSphere Client]の順に選択します。 画面の指示に従って接続の詳細を入力します。
  2. 左ペインのツリーで、目的の仮想マシンを見つけます。
  3. 仮想マシンを右クリックして、[Open Console]を選択します。
  4. 必要に応じて、緑の矢印ボタンをクリックして仮想マシンの電源をオンにし、仮想マシンにログオンします。

これで、後述の仮想マシンのセットアップタスクを実行できます。

仮想マシンへのVMware Toolsのインストール

Install CaptureでvSphere仮想マシンを使用するには、vSphere仮想マシンにVMware Toolsがインストールされている必要があります。 VMware vSphere Clientにアクセスできない場合は、次の手順を実行するようvSphereの管理者に依頼することができます。

  1. VMware vSphere Clientで仮想マシンにログオンします。
  2. VMware vSphere Clientのメニューで、[Inventory][Virtual Machine][Guest][Install/Upgrade VMware Tools]の順に選択します。
  3. [Install VMware Tools]ダイアログボックスで、[OK]をクリックします。 VMware Toolsのインストーラーが起動します。
  4. [Setup Type]ページで、[Typical]または[Complete]を選択してVMware Toolsをインストールします。
  5. インストールが完了したら、仮想マシンを再起動します。

仮想マシンへのリモートデスクトップ接続の許可

Install CaptureでvSphere仮想マシンを使用するには、vSphere仮想マシンがリモートデスクトップ接続を許可するように構成されている必要があります。 VMware vSphere Clientにアクセスできない場合は、次の手順を実行するようvSphereの管理者に依頼することができます。

  1. VMware vSphere Clientで仮想マシンにログオンします。
  2. [コントロールパネル][システム]の順に開きます (必要であれば最初にクラシック表示に切り替えます)。
  3. [システムのプロパティ]ダイアログボックスで、[リモート]タブをクリックします。
  4. [リモートデスクトップ]で、[このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する]チェックボックスをオンにします。
  5. [OK]をクリックして変更を保存します。

AppDNAマシン上の共有フォルダーの作成

ここでは、AppDNAマシン上にフォルダーを作成し、そのフォルダーを共有して仮想マシンが読み書きを行えるようにする方法について説明します。

  1. AppDNAマシン上にInstall Captureの出力を格納するフォルダー(C:\AppDNAOutputなど)を作成します。
  2. 作成したフォルダーを共有し、すべてのユーザーに読み取りおよび書き込みのアクセス許可を与えます。 次に例を示します。
    1. Windowsエクスプローラーを開き、共有するフォルダーを検索します。
    2. フォルダーを右クリックして、[共有][詳細な共有]の順に選択します。
    3. [詳細な共有]をクリックし、[詳細な共有]ダイアログボックスで[このフォルダーを共有する]チェックボックスをオンにします。
    4. [アクセス許可]をクリックします。
    5. [アクセス許可]ダイアログボックスで、[Everyone]をクリックし、[フルコントロール][変更]、および[読み取り]について[許可]チェックボックスをオンにします。
    6. [OK]を2回クリックします。
注:仮想マシンから入力ファイルの場所にもアクセスできる必要があります。 組織内で展開されたアプリケーションを含む既存の共有フォルダーを使用するには、そのフォルダーに仮想マシン内からアクセスできるようにします。 それ以外の場合は、これらの入力ファイルを出力ファイルと同じフォルダーに格納するか、入力ファイル用に別の共有フォルダーを作成します。 どちらの場合も、仮想マシンから入力ファイルを読み取ることができる必要があります。

仮想マシンへのユーザーのドメインアカウントの管理者としての追加

注:仮想マシンでユーザーのドメインアカウントが既に管理者ユーザーとしてセットアップされている場合は、この手順を実行する必要はありません。
  1. VMware vSphere Clientで管理者ユーザーアカウントを使用して仮想マシンにログオンします。
  2. [コントロールパネル][管理ツール][コンピューターの管理]の順に開きます (必要であれば最初にクラシック表示に切り替えます)。
  3. 左ペインのツリーで、[システムツール][ローカルユーザーとグループ][グループ]の順にクリックします。
  4. 右ペインで[Administrators]をダブルクリックします。
  5. [Administratorsのプロパティ]ダイアログボックスで[追加]をクリックします。
  6. [ユーザーの選択]、[コンピューター]、または[グループ]ダイアログボックスで、[選択するオブジェクト名を入力してください]ボックスにドメイン修飾されたユーザー名(例:Domain\Userを入力します)。
  7. [OK]をクリックして[ユーザーの選択]ダイアログボックスを閉じます。
  8. [OK]をクリックして[Administratorsのプロパティ]ダイアログボックスを閉じます。

仮想マシンの自動ログオンの構成

これはInstall Captureを高速化するオプションの手順です。 この手順を実行しない場合は、仮想マシンを起動するたびに、ユーザーのドメインアカウントを使用して手動でログオンする必要があります。

仮想マシンで、http://support.microsoft.com/kb/315231の手順に従って、ユーザーのドメインアカウントを使用した自動ログオンをセットアップします。

AppDNAマシンおよび仮想マシンにおける簡易ファイルの共有の無効化

AppDNAマシンと仮想マシンの両方で次の手順を実行します。

  1. Windowsエクスプローラーで、[ツール][フォルダーオプション]の順に選択します (Windows 8.1では、Windowsエクスプローラーの[整理]メニューから[フォルダーと検索のオプション]を選択します)。
  2. [フォルダーオプション]ダイアログボックスで、[表示]タブをクリックします。
  3. [簡易ファイルの共有を使用する(推奨)]チェックボックスをオフにします (Windows 8.1では、[共有ウィザードを使用する(推奨)]チェックボックスをオフにします)。
  4. [OK]をクリックします。

AppDNAマシンでのアンチウイルス構成

AppDNAマシン上のアンチウイルスソフトウェアを、Install Captureの出力フォルダーおよび入力フォルダーに対するアクセス時のスキャンが無効になるように構成する必要があります。 たとえば、Norton Anti-Virusの場合は、AppDNAの出力フォルダーと入力フォルダーに対するオートプロテクトオプションを無効にします。

共有フォルダーへのアクセスの確認

AppDNAマシン上に作成した共有フォルダーに仮想マシンからアクセスできることを確認する必要があります。

仮想マシンで、Windowsの[スタート]ボタン[ファイル名を指定して実行]ボックスに次のように入力します。
\\\AppDNAOutput

ここで、 はAppDNAマシンの名前です。

AppDNAマシン上の共有フォルダーが開いたら、仮想マシンからアクセスできると確認できたことになります。 トラブルシューティングのヒントについては、「仮想マシンから共有フォルダーへのアクセスのトラブルシューティング」を参照してください。

仮想マシンへのAppDNA VM構成ツールのMSIのインストール

これを行うには、Citrix AppDNA VM Configuration.msiという名前のインストーラーが必要です。 これはAppDNAに付属しており、 AppDNAのインストール時にAppDNAインストールフォルダーのToolsサブフォルダーにコピーされます。 デフォルトの場所はC:\Program Files\Citrix\AppDNA\Tools(64ビットマシンの場合はC:\Program Files (x86)\Citrix\AppDNA\Tools)です。

  1. デフォルトのファイルの場所をそのまま使用して、仮想マシン内にCitrix AppDNA VM構成ツールのMSIをインストールします。
  2. 仮想マシンを再起動します。
重要:AppDNA VM構成ツールのMSIのバージョンが、お使いのAppDNAのバージョンと同じであることを確認してください。 これは、AppDNAをアップグレードしたら仮想マシン上のVM構成もアップグレードする必要があるということを意味します。

仮想マシンのスナップショットの作成

  1. VMware vSphere Clientで仮想マシンにログオンします。
  2. VMware vSphere Clientのメニューで、[Inventory][Virtual Machine][Snapshot][Take Snapshot]の順に選択します。
  3. [Take Virtual Machine Snapshot]ダイアログボックスで、スナップショットの[Name][Description]を入力し、[Snapshot the virtual machine's memory]チェックボックスをオンにします。
  4. [OK]をクリックします。

これで、AppDNA仮想マシン構成ウィザードを使用して、Install Captureで使用する仮想マシン構成をセットアップする準備ができました。 手順については、「vSphere仮想マシンの構成」を参照してください。