Product Documentation

vSphere仮想マシンの構成

Jul 08, 2016

このトピックでは、仮想マシン構成ウィザードを使用してvSphereの仮想マシン構成をセットアップする手順について説明します。

この例では、「Install Capture用のvSphere仮想マシンのセットアップ」の説明に従ってVMware vSphere Clientを使用して仮想マシンをセットアップしているか、次のすべての条件に当てはまることを前提としています。

  1. AppDNAを起動します。
  2. AppDNAのメニューで、[Edit][Settings]の順に選択します。
  3. [Virtual Machines]タブで、[New][Next]の順にクリックします。
  4. [Virtual Machine Configuration Details]ページで仮想マシン構成の名前および説明を入力し、[vSphere][Next]の順にクリックします。
  5. [vSphereホストの詳細]ページで、vSphereホストサーバーのIPアドレスまたはDNS名を指定します。 ハイパーバイザーに直接接続している場合は、SSO(シングルサインオン)サーバーフィールドを空のままにします。これ以外の場合は、シングルサインオンサーバーのIPアドレスまたはDNS名も指定します。 次に、ユーザー名とパスワードを入力します。

    標準のドメインアカウントではなく、パスワードが期限切れにならないように設定されている専用のvSphereユーザーアカウントを使用することをお勧めします。 これがドメインアカウントである場合は、ドメインで修飾されたユーザー名(例、「domain\user またはuser@domain.com)を入力してください。

    重要:将来パスワードを変更した場合は、このウィザードをもう一度実行して新しいパスワードを入力する必要があります。
  6. [vSphere Virtual Machine]ページで、使用する仮想マシンを選択します。

    これはこのAppDNAクライアントから実行されるInstall Capture専用の仮想マシンである必要があります。

  7. [Snapshot selection]ページで、使用する仮想マシンのスナップショットを選択します。 「Install Capture用のvSphere仮想マシンのセットアップ」の説明に従って仮想マシンをセットアップした場合、これは最後の手順で取得したスナップショットです。 一覧にスナップショットがない場合は、[Create]をクリックして仮想マシンのスナップショットを作成します。

    ウィザードにより一連のチェックが実行され、コンソールで仮想マシンが起動します。 特にゲストオペレーティングシステムを起動する必要がある場合になど、数分かかる可能性があります。 仮想マシンのセットアップ手順を実行していない場合は、コンソールに仮想マシンが表示されたときにその仮想マシンでこの手順を実行します。 ウィザードの最後に別のスナップショットを取得することもできます。

  8. [Virtual machine connection]ページでは、通常、デフォルトの値をそのまま使用できます。これは、ウィザードによりゲストオペレーティングシステムのマシン名の取得が試行され、通常は[Remote Admin TCP port]ボックスの値を変更する必要がないためです。

    この手順の詳細、および仮想マシンのIPアドレスの確認方法については、「仮想マシンの接続」を参照してください。

  9. [Capture output location]ページで[Copy results to network share (faster)]を選択し、前にAppDNAマシンで作成した出力フォルダーを指定します。 UNCパスを使用し、ホスト名またはIPアドレスでクライアントまたはサーバーマシンを特定してください。たとえば、\\AppDNAMachine\AppDNAOutputなどです。
  10. [Virtual Machine State]ページで、[Power off the VM and take a snapshot (Recommended)]を選択して[Next][Finish]の順にクリックします。

    ウィザードが終了し、[Settings]ダイアログボックスの[Install Capture]ページに戻ります。このページに仮想マシン構成が表示されます。

  11. [Save]をクリックします。

[Import Applications]画面の[Install Capture]タブの仮想マシン構成の一覧に、仮想マシン構成が表示されます。