Product Documentation

VMware Workstation仮想マシンの構成

Jul 08, 2016

このトピックでは、仮想マシン構成ウィザードを使用してVMware Workstationの仮想マシン構成をセットアップする手順について説明します。 この例は、「Install Capture用のVMware Workstation仮想マシンのセットアップ」の説明に従って仮想マシンとホストマシンを既にセットアップしていることを前提としています。

  1. AppDNAを起動します。
  2. メニューから[Edit][Settings]の順に選択します。
  3. [Settings]ダイアログボックスの左側で、[Install Capture]をクリックします。
  4. [Virtual Machines]タブで、[New][Next]の順にクリックします。
  5. [Virtual Machine Configuration Details]ページで仮想マシン構成の名前および説明を入力し、[VMware Workstation]をクリックします。
  6. [VMware Workstation virtual machine]ページで、仮想マシンのVMXファイルのパスを指定します。
  7. [Virtual machine snapshot]ページで、仮想マシンをセットアップしたときに作成したスナップショットを選択し、[Next]をクリックします。 コンソールで仮想マシンが起動し、ウィザードにより一連のチェックが実行されます。
  8. [Virtual machine connection]ページで、仮想マシンのIPアドレスを入力します。 通常、[Remote Admin TCP port]を変更する必要はありません。
  9. [Capture Output Location]ページで[Copy results to network share (faster)]を選択し、前にAppDNAマシンで作成した出力フォルダーを指定します。 UNCパスを使用し、ホスト名またはIPアドレスでクライアントまたはサーバーマシンを特定してください。たとえば、\\AppDNAMachine\AppDNAOutputを使用します。
  10. [Virtual Machine State]ページで、[Power off the VM and take a snapshot (Recommended)]を選択して[Next][Finish]の順にクリックします。

    [Settings]ダイアログボックスの[Install Capture]ページに仮想マシン構成が表示されます。

  11. [Save]をクリックします。

[Import Applications]画面の[Install Capture]タブの仮想マシン構成の一覧に、仮想マシン構成が表示されます。