Product Documentation

修復アクションの追加

Jul 08, 2016

アルゴリズムにはそれぞれ修復アクションが関連付けられており、アルゴリズムで特定された問題を解決するために必要な修復の種類が定義されています。 アルゴリズムに関連付けられたアクションは、[Algorithm Groups]画面で変更できます。 提案されるデフォルトのアクションおよびアクション詳細がプロジェクトの正確なニーズと一致しないこともありますが、その場合はカスタムの修復アクションを作成できます。

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][Modules][Module][Report]の順に選択します。[Module][Report]で対象のレポートを選択します。
  2. [Algorithm Groups]画面で、ツールバーの[Change to List View]をクリックします。
  3. 新しいアクションを追加するアルゴリズムを見つけ、[Action]列の下向き矢印をクリックします。

    アクションの追加の手順1

  4. ボックスの一覧内で、[Action]列見出しの右側の[+]をクリックします。
  5. [Assign Actions to Algorithms]ダイアログボックスで、[Action Name]ボックスの右側の青い[+]をクリックします。
  6. [Add Action]ダイアログボックスで、新しいアクションの名前と説明を入力し、アクションの作業の複雑度とアクションRAGを設定します。

    名前は以下の規則に従っている必要があります。

    • 最初の文字は英字(a~z、A~Z)である必要があります。
    • それ以降の文字には英字または数字(0~9)を使用できます。
    • SQL Serverの予約語を名前として使用することはできません。 これらの予約語の完全な一覧については、http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa238507(v=sql.80).aspxを参照してください。
    • 名前にはスペースを使用でき、最大文字数は40文字です。
  7. [OK]をクリックして、[Add Action]ダイアログボックスを閉じます。
  8. 作成した新しいアクションを使用するには、アクション詳細を作成する必要があります。これを行うには、[Assign Actions to Algorithms]ダイアログボックスで、[Action Detail]の右側にある青い[+]をクリックします。
  9. [Add Action Detail]ダイアログボックスで、詳細を入力して[OK]をクリックします。

    前述の規則に従った名前を指定する必要があります。

  10. [Assign Actions to Algorithms]ダイアログボックスのツリー表示で、新しいアクションを関連付けるモジュール、レポート、およびアルゴリズムの隣のチェックボックスをオンにします。
  11. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  12. ツールバーの[Save]をクリックします。