Product Documentation

アルゴリズムの構成

Jul 08, 2016
モジュール構成ウィザードによる初回構成により、アルゴリズムおよびアルゴリズムグループのグローバル設定が提供されます。 ここでは、アルゴリズム、RAG状態、および修復アクションのカスタマイズについて説明します。

アルゴリズムおよびアルゴリズムグループの有効化と無効化

関係のないアルゴリズムおよびアルゴリズムグループを無効にすると、不要な処理が省かれ、レポート結果を実際のニーズに合わせた内容にすることができます。 たとえば、一部のレポートではオプションの機能との互換性をテストします。 これらのオプション機能を使用しない(または使用計画がない)場合は、関連アルゴリズムを無効にすると分析時間が短縮されます。

  1. AppDNAのメニューで[Configure][Modules][Module][Report]の順に選択します([Module]および[Report]で目的のレポートを選択します)。
  2. [Algorithm Groups]画面で、有効または無効にするアルゴリズムグループまたはアルゴリズムを見つけます。
  3. [Enabled]チェックボックスをオンまたはオフにして、アルゴリズムグループまたはアルゴリズムを有効または無効にします。
  4. ツールバーの[Save]をクリックして変更を保存します。
  5. 変更内容をレポートに反映させるために、アプリケーションを再分析します。

カスタムRAGの設定

アプリケーションの標準RAG状態は、レポートに組み込まれているアルゴリズムによって決定されます。 ただし、たとえば組織固有のニーズに応じて、黄色状態を赤に上げたり、緑に下げたりする必要がある場合があります。 デフォルトでは、カスタムRAGは標準RAGと同じです。

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][Modules][Module][Report]の順に選択します([Module]および[Report]で設定するカスタムRAGがあるアルゴリズムを含むレポートを選択します)。
  2. [Algorithm Groups]画面で、ツールバーの[List View]をクリックします。
  3. 設定するカスタムRAGを持つアルゴリズムを見つけます。
  4. [Custom RAG]列で新しい値を選択します。

  5. ツールバーの[Save]をクリックして変更を保存します。

修復アクションの変更

RAGのカスタマイズが必要な場合があるように、たとえば追加のテストを必須にするなど、アルゴリズムの修復アクションのカスタマイズが必要なときもあります。

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][Modules][Module][Report]の順に選択します([Module]および[Report]でアクションを変更するアルゴリズムを含むレポートを選択します)。
  2. [Algorithm Groups]画面で、ツールバーの[List View]をクリックします。
  3. カスタマイズする修復アクションを持つアルゴリズムを見つけます。
  4. [Action]列のドロップダウンリストから、必要なアクションを選択します。

  5. アクションによっては、アクション詳細もカスタマイズする必要がある可能性があります。 これを行うには、[Action Detail]列のドロップダウンリストから必要なアクション詳細を選択します。
  6. ツールバーの[Save]をクリックして変更を保存します。

修復アクションを変更すると、アクションRAG(修復RAGとも呼ばれます)も自動的に変更されることがあることに注意してください。 アクションRAGは、修復アクションを実行した後のアプリケーションのRAG状態を示します。

アルゴリズムのバージョン履歴の表示

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][Modules][Module][Report]の順に選択します([Module]および[Report]でアルゴリズムを含むレポートを選択します)。
  2. [Algorithm Groups]画面で、ツールバーの[List View]をクリックします。
  3. 表示するバージョン履歴を持つアルゴリズムを見つけます。
  4. [Log]列のアイコンをクリックします。

    [Algorithm Version History]にアルゴリズムのバージョン履歴が表示されます。AppDNAの最新のアップグレードによりインストールされたのかどうか、および分析で使用済みであるかどうかも含まれます。