Product Documentation

モジュールの構成

Jul 08, 2016

モジュールは、Windowsのクライアントまたはサーバーのような、特定のコンテキストに合わせたレポートのコレクションです。 レポートは、Windows 8のような対象技術に関連するアルゴリズム群から構成されています。これらの対象技術に対して、アプリケーションDNAを評価します。 アルゴリズムはアルゴリズムグループに編成されています。

AppDNAのモジュールを構成するには、次の手順に従います。

  • メニューから、[Configure][Modules][Management]の順に選択します。

[Module Management]画面には、レポートが一覧表示されます。 各レポートのロゴが表示されます。 これは、レポートを表示するときに関連技術を見分けるのに役立ちます。

  • 表示されるモジュールを制御するには、ツールバー右側の[Filter Modules]ボックスの一覧でオプションを選択します。
  • レポートの有効/無効を切り替えるには、[Enabled]チェックボックスを使用します。 関係のないレポートを無効にすると、処理時間が短くなります。 設定を変更したら、[Save]をクリックします。 レポートを有効にした場合は、結果を表示する前にアプリケーションを分析する必要があります。
  • レポートで使用されたアルゴリズムについての詳細を確認するには、[View Module]をクリックします。 これにより、アルゴリズムのバージョン履歴を確認したり、アルゴリズムやそのグループの有効/無効を切り替えたり、カスタムRAGを設定したり、アルゴリズムの修復アクションをカスタマイズしたりできます。
  • すべてのモジュールやカスタマイズの内容をXMLファイルとしてエクスポートするには、[Export]をクリックします。 これはほかのAppDNAデータベースで使用するモジュールテンプレートを提供する場合に便利です。
  • エクスポートしたモジュールテンプレートをインポートするには、[Import]をクリックします。
注:複数のクライアントが同じデータベースに接続する環境では、この画面で加える変更はすべてのユーザーに影響を与えます。