Product Documentation

標準の修復アクション

Jul 08, 2016

標準のアクション

次の表は、AppDNAに組み込まれている標準の修復アクションの一覧です。 各アクションにはアクション詳細が関連付けられています。 アルゴリズムに関連付けられているアクションとアクション詳細を変更できます。また、「修復アクションの追加」で説明したように、独自のカスタムアクションとアクション詳細を追加することもできます。

操作難易度アクションRAG説明
Additional testing required追加のテストが必要です。
追加のXenAppテストが必要です。追加のXenAppテストが必要です。
Application virtualizationアプリケーション仮想化技術を使用して展開します。
App-V 4.6App-V 4.6を使用します。
App-V 5.0App-V 5.0を使用します。
App-V Management Console modificationsApp-V管理コンソールでの変更が必要です。
Auto自動修正を使用します。
Change GPOグループポリシーを変更します。
ハードウェアを変更します。ハードウェアを変更します。
Change OSオペレーティングシステムビルドを変更します。
ソフトウェアを変更します。ソフトウェアを変更します。
デスクトップの仮想化デスクトップ仮想化技術を使用して展開します。
OSDファイルを編集します。OSDファイルに編集が必要です。
例外修復は不可能です(アプリケーションの再開発か使用停止が必要な可能性があります)。
Firefox in-house redevelopment requiredこの問題を解決するにはWebアプリケーションの再開発が必要です。
Firefox redevelopment requiredこの問題を解決するにはWebアプリケーションの再開発が必要です。
Firefox remediationsWebページを期待どおりに動作させるにはFirefoxの修復が必要です。
IE infrastructure changes環境インフラストラクチャの変更が必要です。
IE in-house redevelopment requiredこの問題を解決するにはWebアプリケーションの再開発が必要です。
IE redevelopment requiredアプリケーションを再開発する必要があります。
IE remediationsWebページを期待どおりに動作させるには修復が必要です。
No remediation required修復は不要です。
Redevelopment required問題を解決するにはアプリケーションの再開発が必要です。
Repackage問題を解決するにはアプリケーションを再パッケージ化するかMSIを編集する必要があります。
Sequenceシーケンス処理の手順に従う必要があります。
Sequenceシーケンス処理の手順に従う必要があります。
Sequence advanced詳細なシーケンス処理の手順に従う必要があります。
shim問題を解決するために、アプリケーションにshimが適用されます。
Undefined未定義Undefined修復アクションが定義されていません。
Virtualization exception修復は不可能である可能性があります。
WorxWeb in-house redevelopment requiredこの問題を解決するにはWebアプリケーションの再開発が必要です。
WorxWeb redevelopment requiredこの問題を解決するにはWebアプリケーションの再開発が必要です。
WorxWeb remediationsWebページを期待どおりに動作させるにはWorxWebの修復が必要です。
XenAppXenAppの手順に従う必要があります。

標準のアクション詳細

このセクションでは、各標準アクションで利用できるアクション詳細の一覧を示します。

Additional testing required

アクション詳細 説明
アプリケーションに機能テストが必要です。 アプリケーションに機能テストが必要です。
アプリケーションのセキュリティリスクを評価します。 アプリケーションのセキュリティリスクを評価します。
ドライバーの互換性テストが必要です。 ドライバーの互換性テストが必要です。
ドライバーコンポーネントに追加のテストが必要です。 ドライバーコンポーネントに追加のテストが必要です。
アプリケーションの発行者が信頼できることを検証します。 アプリケーションの発行者が信頼できることを検証します。

追加のXenAppテストが必要です。

アクション詳細 説明
追加のテストが必要である可能性があります。 追加のテストが必要である可能性があります。

Application virtualization

アクション詳細 説明
App-Vのようなアプリケーション仮想化技術を使用してアプリケーションを展開します。 App-Vのようなアプリケーション仮想化技術を使用してアプリケーションを展開します。

App-V 4.6

アクション詳細 説明
App-V 4.6を使用します。 App-V 4.6を使用します。

App-V 5.0

アクション詳細 説明
Microsoft prescriptive guidance for sequencing Office 2010 Office 2010アプリケーションをシーケンス処理するためのMicrosoftの規範的なガイダンスに従います。
App-V 5.0を使用します。 App-V 5.0を使用します。

App-v Management Console modifications

アクション詳細 説明
グローバルFTAを作成します。 グローバルFTAを作成します。
FTAプロバイダーにするアプリケーションを選択し、ほかのアプリケーションの動詞を変更します。 FTAプロバイダーにするアプリケーションを選択し、ほかのアプリケーションの動詞を変更します。

Auto

アクション詳細 説明
Use the automatic fix provided by AppDNA アプリケーションにはAppDNAの提供する自動修正が必要です。

Change GPO

アクション詳細 説明
対応するグループポリシーを変更します。 対応するグループポリシーを変更します。

ハードウェアを変更します。

アクション詳細 説明
基礎になるハードウェアを置き換えます。 基礎になるハードウェアを置き換えます。

Change OS

アクション詳細 説明
信頼された一覧の証明書を追加します。 信頼された一覧の証明書を追加します。
オペレーティングシステムにサポートされないコンポーネントを追加します。 オペレーティングシステムにサポートされないコンポーネントを追加します。
オペレーティングシステムに再頒布可能パッケージを追加します。 オペレーティングシステムビルドがこの依存関係を含む必要があります。再配布可能なソフトウェアが使用できる可能性があります。
ビルド上のレジストリキーを変更します。 ビルド上のレジストリキーを変更します。
オペレーティングシステムにコアアプリケーションを展開します。 オペレーティングシステムにコアアプリケーションを展開します。
仮想化に不適切なアプリケーションをオペレーティングシステムに展開します。 仮想化に不適切なアプリケーションをオペレーティングシステムに展開します。
オペレーティングシステムでDep NX保護を無効にします。 オペレーティングシステムでDep NX保護を無効にします。
GPOを編集して、匿名RPCを許可し、ファイアウォール上のポート135を開放します。 GPOを編集して、匿名RPCを許可し、ファイアウォール上のポート135を開放します。
Edit registry to repair GINA chaining on Windows Server 2003 レジストリを編集してWindows Server 2003のGINAチェーンを修復し、Windows Server 2008以降には別のアクションを選択します。
Enable only IP v4 内蔵ネットワークアダプターのため、ビルドでIP v4のみを有効にします。
16ビットサブシステムを有効にします。 16ビットサブシステムを有効にします。
通信できるようにポートを開放します。 通信できるようにポートを開放します。
ローカルイントラネットゾーンでアクセス権を緩和します。 ローカルイントラネットゾーンでアクセス権を緩和します。
64ビット版オペレーティングシステムでアプリケーションを実行します。 64ビット版オペレーティングシステムでアプリケーションを実行します。
Run Interactive Service Detection Service オペレーティングシステムビルドでInteractive Server Detection Serviceを有効にする必要があります。

ソフトウェアを変更します。

アクション詳細 説明
ベンダーソフトウェアを置き換えまたは更新します。 ベンダーソフトウェアを置き換えまたは更新します。

デスクトップの仮想化

アクション詳細 説明
Med-Vのようなデスクトップ仮想化技術を使用してアプリケーションを展開します。 Med-Vのようなデスクトップ仮想化技術を使用してアプリケーションを展開します。

OSDファイルを編集します。

アクション詳細 説明
FTAセクションを編集します。 FTAセクションを編集します。
Enable LOCAL_INTERACTION_ALLOWED ポリシーを有効化します。 Enable LOCAL_INTERACTION_ALLOWED ポリシーを有効化します。
アプリケーションを分割し、DSCを使用してパッケージ間依存関係を作成します。 アプリケーションを分割し、DSCを使用してパッケージ間依存関係を作成します。
DSCを使用してパッケージ間依存関係を作成します。 DSCを使用してパッケージ間依存関係を作成します。

例外

アクション詳細 説明
Remediation not possible このアプリケーションに使用できる修復はありません。

Firefox in-house redevelopment required

アクション詳細 説明
出力がHTML解析ルール に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします。 出力がHTML解析ルール に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします。
標準化されたXSL名前空間 に移行します。 標準化されたXSL名前空間 に移行します。
Firefoxのテーブルオブジェクトモデルへの変更を調整するために、ページを再開発します。 Firefoxのテーブルオブジェクトモデルへの変更を調整するために、ページを再開発します。
必要な箇所での空白をトリミングするために、ページを再開発します。 必要な箇所での空白をトリミングするために、ページを再開発します。
従来のプロパティを使用しないように、サイトを再開発します。 従来のプロパティを使用しないように、サイトを再開発します。
eval メソッドが直接呼び出されるように、サイトを再開発します。 eval メソッドが直接呼び出されるように、サイトを再開発します。
メソッドを呼び出すキャッシュポインターを使用せずに、サイトを再開発します。 メソッドを呼び出すキャッシュポインターを使用せずに、サイトを再開発します。
標準化されたxmlスタイルシート処理命令 を使用してXSLTをロードします。 標準化されたxmlスタイルシート処理命令 を使用してXSLTをロードします。

Firefox redevelopment required

アクション詳細 説明
BASE要素をドキュメントのHEAD内に移動する必要があります。 BASE要素をドキュメントのHEAD内に移動する必要があります。
要素を作成し、 setAttribute APIを使用して属性を個別に追加するか、親内に要素を作成します。 要素を作成し、 setAttribute APIを使用して属性を個別に追加するか、次のAPIを使用して親要素内に要素を作成します。 innerHTML API
ページにこれらのフィルターが含まれる場合は、削除するか置き換えます。 ページにこれらのフィルターが含まれる場合は、削除するか置き換えます。
ネストされたOBJECTを移動して、最も外側のOBJECTになるようにします。 ネストされたOBJECTを移動して、最も外側のOBJECTになるようにします。
サポートされるDHTML動作を使用するようにページを再開発します。 サポートされるDHTML動作を使用するようにページを再開発します。
ドキュメントフラグメント経由でドキュメントAPIを使用しないように、ページを再開発します。 ドキュメントフラグメント経由でドキュメントAPIを使用しないように、ページを再開発します。
getElementsByTagNameを呼び出している間は完全なタグ名を使用するように、ページを再開発します。 getElementsByTagName getElementsByTagNameを呼び出している間は完全なタグ名を使用するように、ページを再開発します。 getElementsByTagName
JavaScriptプロトコルでreturnステートメントを使用しないように、ページを再開発します。 JavaScriptプロトコルでreturnステートメントを使用しないように、ページを再開発します。
コンディショナルなコメントを使用しないように、サイトを再開発します。 コンディショナルなコメントを使用しないように、サイトを再開発します。
名前空間を使用しないように、サイトを再開発します。 名前空間を使用しないように、サイトを再開発します。
XMLデータアイランドを使用しないように、サイトを再開発します。 XMLデータアイランドを使用しないように、サイトを再開発します。
IFramesに固定の高さを使用してサイトを再開発します。 IFramesに固定の高さを使用してサイトを再開発します。
arguments.callerプロパティを使用せずに サイトを再開発します。 arguments.callerプロパティを使用せずに サイトを再開発します。
Remove references to external domains 外部ドメインに対する、スクリプトタグにsrc属性を使用する参照を削除します。
GopherおよびTelnetのリソースに対するURLパスを削除します。 GopherおよびTelnetのリソースに対するURLパスを削除します。
Remove XMB images and use alternative image format XMB画像を削除し.pngのような代替画像フォーマットを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。
Replace API call with compliant 切断された、またはサポートされないAPI呼び出しを、新しい、またはサポートされるAPI呼び出しに置き換える必要があります。
Replace CDF with the new RSS feed CDFを新しいRSSフィードと置き換えるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
FirefoxでサポートされないActiveXコンポーネントの機能を置き換えます。 FirefoxでサポートされないActiveXコンポーネントの機能を置き換えます。
必要な箇所について、ドキュメント上のウィンドウを置き換えます。 必要な箇所について、ドキュメント上のウィンドウを置き換えます。
代わりに要素を document.documentElement に追加するように、ページを修正します。 代わりに要素を document.documentElement に追加するように、ページを修正します。
The application needs to be redeveloped so that files are created on the web server and a clickable link is provided to users to ファイルがWebサーバーに作成され、そのファイルをダウンロードするためのリンクがユーザーに提供されるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
標準に準拠する命名規則を使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。 標準に準拠する命名規則を使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。
スタイルシートに正しいエクステンションを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。 スタイルシートに正しいエクステンションを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。

Firefox remediations

アクション詳細 説明
Firefoxで混在したコンテンツの表示を無効にします。 Firefoxで混在したコンテンツの表示を無効にします。
FirefoxでサポートされないCOMコンポーネントを使用しないでください。 FirefoxでサポートされないCOMコンポーネントを使用しないでください。
ビルドにコンポーネントを事前インストールします。 ビルドにコンポーネントを事前インストールします。
スタイルシートに正しいエクステンションを使用します。 スタイルシートに正しいエクステンションを使用します。
IE8 Ax GPOのクラスIDをホワイトリスト化します。 IE8 Ax GPOのクラスIDをホワイトリスト化します。

IE infrastructure changes

アクション詳細 説明
X-UA-CompatibleヘッダーをWebページ/IISヘッダーに追加して、強制的にInternet Explorer 7標準モードで実行します。 X-UA-CompatibleヘッダーをWebページ/IISヘッダーに追加して、強制的にInternet Explorer 7標準モードで実行します。
X-UA-CompatibleヘッダーをWebページ/IISヘッダーに追加して、強制的にInternet Explorer 8標準モードで実行します。 X-UA-CompatibleヘッダーをWebページ/IISヘッダーに追加して、強制的にInternet Explorer 8標準モードで実行します。
仮想化技術を使用して、Internet Explorer 6のネイティブモードでWebサイトを実行します。 仮想化技術を使用して、Internet Explorer 6のネイティブモードでWebサイトを実行します。
仮想化技術を使用して、Internet Explorer 7のネイティブモードでWebサイトを実行します。 仮想化技術を使用して、Internet Explorer 7のネイティブモードでWebサイトを実行します。
仮想化技術を使用して、Internet Explorer 8のネイティブモードでWebサイトを実行します。 仮想化技術を使用して、Internet Explorer 8のネイティブモードでWebサイトを実行します。
Webサーバーでカスタムヘッダーを使用して、IE8標準ドキュメント互換モードに設定します。 Webサーバーでカスタムヘッダーを使用して、IE8標準ドキュメント互換モードに設定します。
Webサーバーでカスタムヘッダーを使用して、IE9標準ドキュメント互換モードに設定します。 Webサーバーでカスタムヘッダーを使用して、IE9標準ドキュメント互換モードに設定します。
GPOを使用して、Internet Explorer 7の互換モードでWebページを実行します。 GPOを使用して、Internet Explorer 7の互換モードでWebページを実行します。

IE in-house redevelopment required

アクション詳細 説明
link要素上のtitle属性、またはスタイルシートを含むstyle要素上のtitle属性を変更します。 link要素上のtitle属性、またはスタイルシートを含むstyle要素上のtitle属性を変更します。
出力がHTML解析ルール に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします。 出力がHTML解析ルール に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします。
標準化されたXSL名前空間 に移行します。 標準化されたXSL名前空間 に移行します。
IE9のテーブルオブジェクトモデルへの変更を調整するために、ページを再開発します。 IE9のテーブルオブジェクトモデルへの変更を調整するために、ページを再開発します。
削除されたiframeを調整するために、ページを再開発します。 削除されたiframeを調整するために、ページを再開発します。
必要な箇所での空白をトリミングするために、ページを再開発します。 必要な箇所での空白をトリミングするために、ページを再開発します。
ユーザー定義のコンテンツ属性の値を取得する getAttribute APIを使用するために、ページを再開発します。 ユーザー定義のコンテンツ属性の値を取得する getAttribute APIを使用するために、ページを再開発します。
従来のプロパティを使用しないように、サイトを再開発します。 従来のプロパティを使用しないように、サイトを再開発します。
DXフィルターではなくCCS3、SVGなど広くサポートされた標準を使用するように、サイトを再開発します。 DXフィルターではなくCCS3、SVGなど広くサポートされた標準を使用するように、サイトを再開発します。
eval メソッドが直接呼び出されるように、サイトを再開発します。 eval メソッドが直接呼び出されるように、サイトを再開発します。
メソッドを呼び出すキャッシュポインターを使用せずに、サイトを再開発します。 メソッドを呼び出すキャッシュポインターを使用せずに、サイトを再開発します。
Webページに埋め込まれている管理用DLLおよびOCXを削除します。 Webページに埋め込まれている管理用DLLおよびOCXを削除します。
標準化されたxmlスタイルシート処理命令 を使用してXSLTをロードします。 標準化されたxmlスタイルシート処理命令 を使用してXSLTをロードします。

IE redevelopment required

アクション詳細 説明
BASE要素をドキュメントのHEAD内に移動する必要があります。 BASE要素をドキュメントのHEAD内に移動する必要があります。
Bypass window.close プロンプトをバイパスするために、 window.open(('', '_self') キーをXenServer APIにあるオブジェクトの closeWin function Bypass window.close プロンプトをバイパスするために、 window.open(('', '_self') キーをXenServer APIにあるオブジェクトの closeWin function
ファイルタイプをイメージファイルからプレーンテキストに変更します。 ファイルタイプをイメージファイルからプレーンテキストに変更します。
COMコンポーネントの64ビットバージョンを作成します。 COMコンポーネントの64ビットバージョンを作成します。
要素を作成し、 setAttribute APIを使用して属性を個別に追加するか、親要素内に要素を作成します。 要素を作成し、 setAttribute APIを使用して属性を個別に追加するか、次のAPIを使用して親要素内に要素を作成します。 innerHTML API
ページにこれらのフィルターが含まれる場合は、削除するか置き換えます。 ページにこれらのフィルターが含まれる場合は、削除するか置き換えます。
ネストされたOBJECTを移動して、最も外側のOBJECTになるようにします。 ネストされたOBJECTを移動して、最も外側のOBJECTになるようにします。
サポートされるDHTML動作を使用するようにページを再開発します。 サポートされるDHTML動作を使用するようにページを再開発します。
ドキュメントフラグメント経由でドキュメントAPIを使用しないように、ページを再開発します。 ドキュメントフラグメント経由でドキュメントAPIを使用しないように、ページを再開発します。
getElementsByTagNameを呼び出している間は完全なタグ名を使用するように、ページを再開発します。 getElementsByTagNameを呼び出している間は完全なタグ名を使用するように、ページを再開発します。
JavaScriptプロトコルでreturnステートメントを使用しないように、ページを再開発します。 JavaScriptプロトコルでreturnステートメントを使用しないように、ページを再開発します。
古いバージョンのサポートが必要で、バージョンコンディショナルなバインド追加を使用する場合に、手動バインドを削除するように、ページを再開発します。 古いバージョンのサポートが必要で、バージョンコンディショナルなバインド追加を使用する場合に、手動バインドを削除するように、ページを再開発します。
サイトを再開発して、Windowsのジャーナルフック関数をアクセス可能にするCOMコントロールを使用しないようにします。 サイトを再開発して、Windowsのジャーナルフック関数をアクセス可能にするCOMコントロールを使用しないようにします。
コンディショナルなコメントを使用しないように、サイトを再開発します。 コンディショナルなコメントを使用しないように、サイトを再開発します。
名前空間を使用しないように、サイトを再開発します。 名前空間を使用しないように、サイトを再開発します。
XMLデータアイランドを使用しないように、サイトを再開発します。 XMLデータアイランドを使用しないように、サイトを再開発します。
サイトを再開発して、保護された場所に書き込まないようにします。 サイトを再開発して、保護された場所に書き込まないようにします。
VMLの代わりにSVG、Raphael JavaScriptライブラリ、およびほかの広くサポートされる標準を使用するように、サイトを再開発します。 VMLの代わりにSVG、Raphael JavaScriptライブラリ、およびほかの広くサポートされる標準を使用するように、サイトを再開発します。
ネイティブなXMLとMSXMLオブジェクトを混在しないように、サイトを再開発します。 ネイティブなXMLとMSXMLオブジェクトを混在しないように、サイトを再開発します。
サイトを再開発して、DEPを認識するようにします。 サイトを再開発して、DEPを認識するようにします。
IFramesに固定の高さを使用してサイトを再開発します。 IFramesに固定の高さを使用してサイトを再開発します。
arguments.callerプロパティを使用せずに サイトを再開発します。 arguments.callerプロパティを使用せずに サイトを再開発します。
Remove direct animation with another technology 直接アニメーションをほかのサポートされている技術と置き換えるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
Remove references to external domains 外部ドメインに対する、スクリプトタグにsrc属性を使用する参照を削除します。
GopherおよびTelnetのリソースに対するURLパスを削除します。 GopherおよびTelnetのリソースに対するURLパスを削除します。
Remove XMB images and use alternative image format XMB画像を削除し.pngのような代替画像フォーマットを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。
Replace API call with compliant 切断された、またはサポートされないAPI呼び出しを、新しい、またはサポートされるAPI呼び出しに置き換える必要があります。
Replace CDF with the new RSS feed CDFを新しいRSSフィードと置き換えるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
必要な箇所について、ドキュメント上のウィンドウを置き換えます。 必要な箇所について、ドキュメント上のウィンドウを置き換えます。
代わりに要素を document.documentElement に追加するように、ページを修正します。 代わりに要素を document.documentElement に追加するように、ページを修正します。
The application needs to be redeveloped so that files are created on the web server and a clickable link is provided to users to ファイルがWebサーバーに作成され、そのファイルをダウンロードするためのリンクがユーザーに提供されるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
属性の存在がチェックされるように、アプリケーションを再開発する必要があります。 属性の存在がチェックされるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
標準に準拠する命名規則を使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。 標準に準拠する命名規則を使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。
スタイルシートに正しいエクステンションを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。 スタイルシートに正しいエクステンションを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。
スクリプトを実行する必要がある場合は、UTF-7以外の文字セットを使用します。 スクリプトを実行する必要がある場合は、UTF-7以外の文字セットを使用します。
Use the correct case and matching 正しいケースおよびマッチングを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。

IE remediations

アクション詳細 説明
Add site to trusted zone ActiveXインストーラーサービスで、ActiveXコントロールの承認されたインストールサイトまたは信頼済みゾーンのサイトに対するActiveXのインストールポリシーのどちらかを使用して、ポリシー設定を構成します。
Internet ExplorerでDEPを無効にします。 Internet ExplorerでDEPを無効にします。
IEで混在したコンテンツの表示を無効にします。 IEで混在したコンテンツの表示を無効にします。
レジストリを編集して、繰り返しと古いバージョンを削除します。 レジストリを編集して、繰り返しと古いバージョンを削除します。
ASP.NETサーバーにパッチを適用します。 ASP.NETサーバーにパッチを適用します。
ビルドにコンポーネントを事前インストールします。 ビルドにコンポーネントを事前インストールします。
Relax Internet security settings セキュリティリスクが容認できる場合は、ActiveXのインターネットセキュリティ設定を緩和します。
スクリプトレットを有効にして、インターネットセキュリティ設定を緩和します。 スクリプトレットを有効にして、インターネットセキュリティ設定を緩和します。
ステータスバーの更新を有効にするために、インターネットセキュリティ設定を緩和します。 ステータスバーの更新を有効にするために、インターネットセキュリティ設定を緩和します。
Remove the kill bit unkillレジストリキーを作成することによって、キルビットを削除します。
Set the Safe for Scripting and Safe for Initialization value ActiveXコントロールのCLSIDを使用して、レジストリキーに安全なスクリプトおよび安全な初期化の値を設定します。
新機能についてユーザー研修を行います。 新機能についてユーザー研修を行います。
インターネットセキュリティ設定の、スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行のブロックを解除します。 インターネットセキュリティ設定の、スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行のブロックを解除します。
現在のJavaScriptフレームワークを最新のバージョンに更新します。 現在のJavaScriptフレームワークを最新のバージョンに更新します。
32ビット版のInternet Explorerを使用します。 32ビット版のInternet Explorerを使用します。
IE8 Ax GPOのクラスIDをホワイトリスト化します。 IE8 Ax GPOのクラスIDをホワイトリスト化します。

No remediation required

アクション詳細 説明
Install admin rights インストールユーザーが管理者権限を持っていることを確認します。
修復は不要です。 修復は不要です。

Redevelopment required

アクション詳細 説明
この問題を解決するにはアプリケーションの再開発が必要 再開発のサブアクションの説明

Repackage

アクション詳細 説明
必要なカスタム設定を追加します。 必要なカスタム設定を追加します。
Change the default installation path MST(Microsoft Transform)を使用してインストールパスを変更するか、手動で変更します。
Condition out the components これらのリソースをインストールするコンポーネントを対象から除外します。
共有リソースのマージモジュールを作成します。 共有リソースのマージモジュールを作成します。
Disable DEP using MSI MSIを使用してDEPを無効にします。
カスタムアクションを編集します。 カスタムアクションを編集します。
MSIを編集します。 MSIを編集します。
MSIによって呼び出されるスクリプトファイルを編集します。 MSIによって呼び出されるスクリプトファイルを編集します。
カスタムアクションを昇格します。 カスタムアクションを昇格します。
この必須コンポーネントをインストールします。 この必須コンポーネントをインストールします。
デスクトップに展開するためにWindowsインストーラーでアプリケーションをパッケージ化します。 デスクトップに展開するためにWindowsインストーラーでアプリケーションをパッケージ化します。
代用の技術を提供します。 代用の技術を提供します。
不足しているリソースの提供 不足しているリソースを提供するか、再配布可能なソフトウェアをインストールします。
Relax permissions on the local machine たとえば LockPermission を使用して、ローカルマシンのアクセス許可を緩和します。
ロックのアクセス権を削除します。 ロックのアクセス権を削除します。
この条件を削除します。 この条件を削除します。
セットアップファイルの名前をSetup.EXEに変更します。 セットアップファイルの名前をSetup.EXEに変更します。
再起動が行われないようにします。 再起動が行われないようにします。
コンポーネントGUIDを同期します。 コンポーネントGUIDを同期します。
MSIを変換してALLUSERSの値を変更します。 MSIを変換してALLUSERSの値を変更します。
Transform the MSI values MSIの値を、新しい正しいパスに変換します。

Sequence(簡単な作業)

アクション詳細 説明
INIファイルにプレースホルダーを追加します。 INIファイルにプレースホルダーを追加します。
シーケンスに関係リンクを追加します。 シーケンスに関係リンクを追加します。
SFTファイルを圧縮します。 SFTファイルを圧縮します。
SequencerワークステーションにダミーODBCエントリを作成します。 SequencerワークステーションにダミーODBCエントリを作成します。
シーケンスに不足しているファイルを含めます。 シーケンスに不足しているファイルを含めます。
実行可能ファイルを修正するためにショートカットを手動で作成します。 実行可能ファイルを修正するためにショートカットを手動で作成します。
[スタート]メニューのスタートアップフォルダーにショートカットを公開します。 [スタート]メニューのスタートアップフォルダーにショートカットを公開します。
インストール関連のショートカットを解決してシーケンスから削除します。 インストール関連のショートカットを解決してシーケンスから削除します。
必須サービスと共にアプリケーションをシーケンス処理します。 必須サービスと共にアプリケーションをシーケンス処理します。
依存するアプリケーションと共にシーケンス処理します。 依存するアプリケーションと共にシーケンス処理します。
アプリケーションを分割します。 アプリケーションを分割します。
Use Dynamic Suite Composition Dynamic Suite Compositionを使用して、アプリケーションをその依存関係に関連付けます。

Sequence(困難な作業)

アクション詳細 説明
Deploy the service separately from the App-V package Dynamic Suite Compositionを使用して、アプリケーションをその依存関係に関連付けます。

Sequence advanced

アクション詳細 説明
環境変数の変更を構成します。 環境変数の変更を構成します。
アクティブセットアップを使用せずに、シーケンス内にインストールされているユーザー固有のデータを構成します。 アクティブセットアップを使用せずに、シーケンス内にインストールされているユーザー固有のデータを構成します。
追加の調査が必要です。実行できる場合はシーケンス処理します。 追加の調査が必要です。実行できる場合はシーケンス処理します。
Use Office Deployment Tool Office展開ツールを使用してApp-Vパッケージを作成します。

shim

アクション詳細 説明
適用 CorrectFilePaths shim アプリケーションに CorrectFilePaths shimを適用する必要があります。
適用 DisableNX shim アプリケーションに DisableNX shimを適用する必要があります。
適用 HideCursor shim アプリケーションに HideCursor shimを適用する必要があります。
適用 IgnoreMessageBox shim アプリケーションに IgnoreMessageBox shimを適用する必要があります。
適用 「RunAsAdmin shim アプリケーションに HideCursor shimを適用する必要があります。
適用 「RunAsAdmin または RunAsInvoker shim アプリケーションに 「RunAsAdmin または RunAsInvoker shimを適用する必要があります。
適用 RunAsInvoker shim アプリケーションに RunAsInvoker shimを適用する必要があります。
適用 SessionShim shim アプリケーションに SessionShim applied
適用 VirtualRegistry shim アプリケーションに VirtualRegistry applied
適用 WRPDllRegister shim アプリケーションに WRPDllRegister Shimを適用する必要があります。
適用 WRPMitigationLayer shim アプリケーションに WRPMitigation Shimを適用する必要があります。
適用 WRPRegDeleteKey shim アプリケーションに WRPRegDeleteKey shimを適用する必要があります。

Undefined

アクション詳細 説明
未定義 未定義

Virtualization exception

アクション詳細 説明
コンポーネントをオペレーティングシステムに分割する場合は修復が可能です。 コンポーネントをオペレーティングシステムに分割する場合は修復が可能です。
広範にテストすることによって修復できる可能性があります。 広範にテストすることによって修復できる可能性があります。

WorxWeb in-house redevelopment required

アクション詳細 説明
出力がHTML解析ルール に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします。 出力がHTML解析ルール に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします。
標準化されたXSL名前空間 に移行します。 標準化されたXSL名前空間 に移行します。
WorxWebのテーブルオブジェクトモデルへの変更を調整するために、ページを再開発します。 WorxWebのテーブルオブジェクトモデルへの変更を調整するために、ページを再開発します。
必要な箇所での空白をトリミングするために、ページを再開発します。 必要な箇所での空白をトリミングするために、ページを再開発します。
従来のプロパティを使用しないように、サイトを再開発します。 従来のプロパティを使用しないように、サイトを再開発します。
eval メソッドが直接呼び出されるように、サイトを再開発します。 eval メソッドが直接呼び出されるように、サイトを再開発します。
メソッドを呼び出すキャッシュポインターを使用せずに、サイトを再開発します。 メソッドを呼び出すキャッシュポインターを使用せずに、サイトを再開発します。
標準化されたxmlスタイルシート処理命令 を使用してXSLTをロードします。 標準化されたxmlスタイルシート処理命令 を使用してXSLTをロードします。

WorxWeb redevelopment required

アクション詳細 説明
BASE要素をドキュメントのHEAD内に移動する必要があります。 BASE要素をドキュメントのHEAD内に移動する必要があります。
要素を作成し、 setAttribute APIを使用して属性を個別に追加するか、親要素内に要素を作成します。 要素を作成し、 setAttribute APIを使用して属性を個別に追加するか、次のAPIを使用して親要素内に要素を作成します。 innerHTML API
ページにこれらのフィルターが含まれる場合は、削除するか置き換えます。 ページにこれらのフィルターが含まれる場合は、削除するか置き換えます。
ネストされたOBJECTを移動して、最も外側のOBJECTになるようにします。 ネストされたOBJECTを移動して、最も外側のOBJECTになるようにします。
サポートされるDHTML動作を使用するようにページを再開発します。 サポートされるDHTML動作を使用するようにページを再開発します。
ドキュメントフラグメント経由でドキュメントAPIを使用しないように、ページを再開発します。 ドキュメントフラグメント経由でドキュメントAPIを使用しないように、ページを再開発します。
getElementsByTagNameを呼び出している間は完全なタグ名を使用するように、ページを再開発します。 getElementsByTagNameを呼び出している間は完全なタグ名を使用するように、ページを再開発します。
JavaScriptプロトコルでreturnステートメントを使用しないように、ページを再開発します。 JavaScriptプロトコルでreturnステートメントを使用しないように、ページを再開発します。
コンディショナルなコメントを使用しないように、サイトを再開発します。 コンディショナルなコメントを使用しないように、サイトを再開発します。
名前空間を使用しないように、サイトを再開発します。 名前空間を使用しないように、サイトを再開発します。
XMLデータアイランドを使用しないように、サイトを再開発します。 XMLデータアイランドを使用しないように、サイトを再開発します。
VMLの代わりにSVG、Raphael JavaScriptライブラリ、およびほかの広くサポートされる標準を使用するように、サイトを再開発します。 VMLの代わりにSVG、Raphael JavaScriptライブラリ、およびほかの広くサポートされる標準を使用するように、サイトを再開発します。
IFramesに固定の高さを使用してサイトを再開発します。 IFramesに固定の高さを使用してサイトを再開発します。
arguments.callerプロパティを使用せずに サイトを再開発します。 arguments.callerプロパティを使用せずに サイトを再開発します。
Remove references to external domains 外部ドメインに対する、スクリプトタグにsrc属性を使用する参照を削除します。
GopherおよびTelnetのリソースに対するURLパスを削除します。 GopherおよびTelnetのリソースに対するURLパスを削除します。
Remove XMB images and use alternative image format XMB画像を削除し.pngのような代替画像フォーマットを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。
Replace API call with compliant 切断された、またはサポートされないAPI呼び出しを、新しい、またはサポートされるAPI呼び出しに置き換える必要があります。
Replace CDF with the new RSS feed CDFを新しいRSSフィードと置き換えるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
WorxWebでサポートされないActiveXコンポーネントの機能を置き換えます。 WorxWebでサポートされないActiveXコンポーネントの機能を置き換えます。
必要な箇所について、ドキュメント上のウィンドウを置き換えます。 必要な箇所について、ドキュメント上のウィンドウを置き換えます。
代わりに要素を document.documentElement に追加するように、ページを修正します。 代わりに要素を document.documentElement に追加するように、ページを修正します。
ファイルがWebサーバーに作成され、そのファイルをダウンロードするためのリンクがユーザーに提供されるように、アプリケーションを再開発する必要があります。 ファイルがWebサーバーに作成され、そのファイルをダウンロードするためのリンクがユーザーに提供されるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
標準に準拠する命名規則を使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。 標準に準拠する命名規則を使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。
スタイルシートに正しいエクステンションを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。 スタイルシートに正しいエクステンションを使用するように、アプリケーションを再開発する必要があります。
スクリプトを実行する必要がある場合は、UTF-7以外の文字セットを使用します。 スクリプトを実行する必要がある場合は、UTF-7以外の文字セットを使用します。

WorxWeb remediations

アクション詳細 説明
WorxWebで混在したコンテンツの表示を無効にします。 WorxWebで混在したコンテンツの表示を無効にします。
WorxWebでサポートされないCOMコンポーネントを使用しないでください。 WorxWebでサポートされないCOMコンポーネントを使用しないでください。
ビルドにコンポーネントを事前インストールします。 ビルドにコンポーネントを事前インストールします。
スタイルシートに正しいエクステンションを使用します。 スタイルシートに正しいエクステンションを使用します。
IE8 Ax GPOのクラスIDをホワイトリスト化します。 IE8 Ax GPOのクラスIDをホワイトリスト化します。

XenApp

アクション詳細 説明
サイロプランを開発します。 サイロプランを開発します。
公開アプリケーションの仮想IPアドレスを有効にします。 公開アプリケーションの仮想IPアドレスを有効にします。
Password Managerエージェントがシステムにインストールされた最後のGINAであることを確認します。 Password Managerエージェントがシステムにインストールされた最後のGINAであることを確認します。
ローカルマシンのレジストリキーに書き込まれるデータを分離/リダイレクトします。 ローカルマシンのレジストリキーに書き込まれるデータを分離/リダイレクトします。
印刷管理のためにユニバーサルプリンタードライバーを使用します。 印刷管理のためにユニバーサルプリンタードライバーを使用します。