Product Documentation

App-Vシーケンス

Jul 08, 2016

ネイティブインストーラーのポートフォリオに基づくApp-Vパッケージの作成を自動化し、バッチ処理することができます。AppDNAの知識を活用するため、シーケンス処理の成功率が向上します。

App-Vソリューションなしで、アプリケーションおよびApp-Vパッケージを[Import]>[Applications]からインポートできます。ただし、処理を完了するためには、ソフトウェアの追加の要件と手順が必要です。 詳しくは、「Direct Import 」および「Install Capture」を参照してください。

App-Vソリューションウィザードを使用してApp-Vシーケンス処理を自動化し、確認および修復、App-Vサーバーでの起動テストと展開を成功させます。 これは、App-V環境でApp-Vの採用と アップグレードをサポートします。

前提条件

以下の点に注意してください。

  • App-Vバージョン5.0および5.0 SP1がサポートされています。 App-Vバージョン4.6よりも古いバージョンはサポートされません。
  • App-Vシーケンスおよびクライアント コンポーネントは、シーケンス処理を行う仮想マシンに配備します。
  • マシン上でApp-Vキャプチャを実行する前提条件となるインストーラーを含むネットワーク共有にアクセスできます。 次のようなものがあります。
    • appv_client_setup.exe
    • appv_sequencer_setup.exe
    • AppVPackageRemediationUtility.exe
    • Citrix AppDNA VM構成。 msi
    • dotNetFx40_Full_x86_x64.exe
  • App-Vシーケンスの仮想マシン構成プロファイルは、[Edit]>[Settings]>[Install Capture] (オプション)でセットアップします。 App-Vソリューションウィザードの3番目の手順で仮想マシンが追加できます。 
localized image

App-Vソリューションの構成

App-Vソリューションを構成するには

1. [Solutions][Add solution][App-V]の順に選択します。

localized image

2. ソリューション名を入力し、[Next]をクリックします。

localized image

3. App-Vの前提条件インストーラーがあるネットワーク共有を指定するか参照します。 たとえば、次のように指定します。\\networkshare\AppDNA Output or \\[IP address]\AppDNA Share [次へ]をクリックします。

localized image

仮想マシンが起動すると、この手順で定義された前提条件がインストールされます(既にマシンにインストールされていない場合)。

4. App-VシーケンスおよびApp-V起動テストの実行に使用される2つの異なる仮想マシンを選択するか、追加します。 App-VクライアントはApp-Vシーケンサと同じマシンには存在できません。 [次へ]をクリックします。

localized image

5. [Check OS family and OS bitness]ダイアログで、[No]または[Yes]を選択します。

localized image

これは後から分析に役立ちます。 たとえば、2つの64ビットマシンのペアと1つの32ビットマシンのペアを含む複数のマシンのペアをApp-Vシーケンス用にセットアップすると、AppDNAはパッケージに64ビットコンポーネントが含まれているかを確認し、シーケンス処理およびプロファイリングに64ビットのマシンのペアを使用します。

6. ここまでで選択された仮想マシンを確認します。 [New]をクリックした別の仮想マシンのペアを追加します。 指定した仮想マシンを変更するには、[Edit]または[Delete]を選択します。 [次へ]をクリックします。

localized image

7. パッケージを出力するディレクトリを選択します。 この場所にシーケンスの結果が保存されます。 [次へ]をクリックします。

localized image

8. ソリューションの準備中、進行状況が表示されます。 準備が完了したら、[Close]をクリックします。

構成の手順が完了すると、App-Vソリューションダッシュボードが表示されます。

App-Vソリューションでアプリケーションを処理する

App-Vソリューションの構成手順の終わりに、App-VソリューションダッシュボードはApp-Vシーケンス処理の手順を示した一連の「スイムレーン」を表示します。

アプリケーションを処理に追加するには

1. [Add imported app]アイコンを選択します。

localized image

2. 一覧からアプリケーションを選択します。 アプリケーションがキューのスイムレーンに追加されます。

3. [Run]を選択します。

localized image

アプリケーションの隣の情報アイコンを選択すると、ワークフローの詳細を表示できます。

アプリケーションのシーケンス処理および起動テストがスイムレーンの完了までエラーなく進行すると、既に対象OSの起動テストをパスしているため、信頼できるApp-Vパッケージを作成できます。