Product Documentation

相互運用性の分析

Jul 08, 2016

相互運用性ソリューションでは、同じイメージに含める予定のMSIアプリケーションを評価できます。 同じコンポーネント(または同じコンポーネントの異なるバージョン)をインストールするアプリケーション間で、Windowsインストーラーを使用してそのようなアプリケーションをアップグレード、アンインストール、または修復するときに、競合が発生する可能性があります。 このような問題は、MSIパッケージでのコンポーネントのコンポーネントIDが異なるために発生します。 このソリューションは、Windowsインストーラー(MSI)パッケージのみを使用してインストールされるデスクトップアプリケーションのテストに適しています。

相互運用性ソリューションではアプリケーションのインストールによって競合が発生する可能性はテストされません。多くの場合、そのような問題はWindowsインストーラーにより自動的に防止されるためです。

次の操作を行った後で、相互運用性ソリューションを実行する必要があります。

  • 新しいアプリケーションのインポート

    すべての潜在的な競合を確認できるように、すべてのアプリケーションを再分析するようにしてください。 新しいアプリケーションだけを分析する場合、レポートビューには、その新しいアプリケーションでほかのアプリケーションに対して発生する潜在的な競合が表示されます。 しかし、ポートフォリオ全体を分析し直さない限り、既存のアプリケーションで新しいアプリケーションに対して発生する潜在的な競合は表示されません。

  • アプリケーションの削除

相互運用性ソリューションでは、標準のAppDNAレポートで示されるものと同じレポートビューが生成されます。

相互運用性ソリューションを構成するには

  1. AppDNAのサイドバーで、[Solutions]をクリックし、[Add solution]をクリックします。
  2. [Solutions Templates]ページで[Interoperability]を選択し、[Next]をクリックします。

    ソリューションウィザードが開きます。

  3. [Solution name]ページで、[Solution name]ボックスと[Description]ボックスに、ソリューションのレポートで使用される名前と説明を入力して、ソリューションの識別情報を指定します。
  4. [Applications]ページで分析するアプリケーションを選択します。
  5. ソリューションを実行するには、次の手順に従います。
    1. [Summary]ページで、[Build]をクリックして、ソリューションを保存します。
    2. [Progress]ページで[Analyze]をクリックします。 分析が完了したら、表示するレポートを選択して[Finish]をクリックします。

    レポートを表示するには、AppDNAのサイドバーで、[Solutions]をクリックして、ソリューションの名前をクリックします。レポートはいつでも表示できます。

アプリケーションの一覧を変更するには

  1. AppDNAのサイドバーで、[Solutions]をクリックし、[Solutions]ペインで[Interoperability]をクリックします。
  2. [Interoperability]ペインで、ソリューション名の隣の[Edit]をクリックします。
  3. [Next]をクリックして、アプリケーションの一覧を更新します。
  4. 変更を完了したら[Build]をクリックし、[Analyze]をクリックします。