Product Documentation

インポート、分析、およびレポート

Jul 08, 2016

AppDNAは、さまざまなプラットフォームとのアプリケーションの互換性を自動的に分析します。 サポートされる各プラットフォームは、個別のレポートによって表されます。レポートには、特定の対象環境におけるアプリケーションの適合性およびパフォーマンスを検証する一連のアルゴリズムが含まれます。

AppDNAプロセスの概要


AppDNAプロセスの概要

インポート - 分析 - レポートと、AppDNAのアプローチは単純です。

インポート  - AppDNAにとってアプリケーションは原材料です。したがって、始める前にインポートする必要があります。 このとき、各アプリケーションのファイル、レジストリエントリ、およびAPIの使用状況が調査されてアプリケーションの「DNA」が明らかにされ、 これらの情報は、SQL Serverデータベースにロードされます。 内部で開発されたものか、パッケージソフトウェア開発企業が供給するものかにかかわらず、あらゆる種類のデスクトップアプリケーションとWebアプリケーションをインポートできます。

詳しくは、「アプリケーションのインポート」を参照してください。

分析  – 分析プロセスを開始するときには、アプリケーションのテストの対象となるプラットフォームに対応するレポートを選択します。 AppDNAは、アプリケーションポートフォリオについて持っているすべての情報を組み合わせ、アプリケーションDNAに対してレポートアルゴリズムを実行し、レポートデータを保存します。

詳しくは、「アプリケーションの分析」を参照してください。

レポート  – インポートと分析のプロセスが完了したら、レポート結果を表示できます。 AppDNAは、一連のレポートビューに分析結果を表示します。レポートビューは、アプリケーションポートフォリオの計画、修正、およびテストに必要な情報を提供します。 AppDNAは、各レポートについて同じレポートビューのセットを提供します。これには次のレポートビューが含まれます。

  • EstateViewには、対象の技術に対するアプリケーションポートフォリオ全体の状態についての統合された概要が表示されます。 アプリケーション固有の情報は提供されません。このビューは個々のアプリケーションライセンスに依存しないため、AppDNAを評価する場合に特に役立ちます。 Effort CalculatorはEstateViewに基づいており、同じくAppDNAを評価する場合に役立ちます。 このレポートビューを使用すると、アプリケーションのポートフォリオを新しいプラットフォームに移行するために必要な時間、費用、および作業を見積もることができます。
  • Application IssuesビューとApplication Actionsビューには、個々のアプリケーションの状態に関するハイレベルな管理の概要が表示されます。
  • Remediation IssuesビューとRemediation Actionsビューには、個々のアプリケーションの修復方法に関する修復チーム向けの詳細情報が表示されます。

詳しくは、「レポートビュー」を参照してください。