Product Documentation

クイックスタートガイド

Jul 08, 2016

アプリケーションの移行ソフトウェアであるCitrix AppDNAを使用すると、エンタープライズにおけるアプリケーションの検出、自動化、モデル化、および管理を自信を持って行い、よりすばやくアプリケーションを移行し、簡単にアプリケーションを仮想化し、アプリケーション管理を効率化することができます。

このクイックスタートガイドでは、初めてのインストールとアップグレードについて簡単に説明します。

ステップ1 - 前提条件となるコンポーネントのインストール

AppDNAをインストールする前に、前提条件となるコンポーネントを展開します。 特にほかの指定がなければ、以下の項目が必要です。

ステップ2 - AppDNAのダウンロードとインストール

インストーラーCitrix AppDNA.msiをダウンロードして、仮想マシンで実行します。

すべての種類のライセンスで、インストーラーによって、初回インストールおよびアップグレードインストールが処理されます。 試用版のライセンスの場合、Microsoft SQL Server Expressと連動するデータベースがインストーラーによって作成されます。

ステップ3 - AppDNAの構成

インストールが完了すると、AppDNA環境構成ウィザードが開きます。

  1. データベースの詳細を入力するページで、SQL Serverの名前、データベース名、および管理者のユーザー名とパスワードを指定します。
  2. サービスアカウントの構成方法を選択するページで、ほとんどの場合に適切なオプションは[Configure a local service account for me]です。
  3. ライセンス情報を入力するページで:AppDNAが既にある場合は、ライセンスはこのリリースでも引き続き動作します。
  4. AppDNA環境構成ウィザードが正常終了したら、Windowsの[スタート]画面/メニューから[AppDNA]を選択してログオンします。

    管理者アカウントのデフォルトのユーザー名はadministrator、パスワードはapps3cur3です。

  5. 試用版のライセンスを使用している場合は、OSイメージのロードが完了したことを確認してから続行してください。

    インポートが完了すると、AppDNAに結果が表示されます。

    これでインストールが完了しました。

  6. アプリケーションのインポートを開始するには:
    1. AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze]を選択して[Applications]をクリックします。
    2. アプリケーションをインポートしたら[Analyze]をクリックして結果のレポートを表示します。

      インポートと分析の段階でかかる時間は、選択するアプリケーションの数とコンピューターの速度に応じて、数分から数時間までさまざまです。