Product Documentation

用語集

Jul 08, 2016
アクションRAG
定義された修復アクションを実行した後の、アプリケーションのRAG(赤、黄、緑)状態です。 たとえば、標準RAGが黄色で修復オプションがある場合は、通常、アクションRAGは緑になります。 ただし、標準RAGが赤で修復オプションがアプリケーションの再開発のみである場合は、アクションRAGも赤になり、複雑な開発および/または置き換えが必要であることを示します。 アクションRAGは、アクション後RAGまたは修復RAGとも呼ばれます。

Active Directory
Microsoftのディレクトリサービスで、ネットワーク管理、ネットワーク上のリソースに対するユーザーアクセスのセキュリティとシングルサインオン、アプリケーションデータに対するアクセスの標準化、アプリケーションの展開と更新、およびサーバー間のディレクトリ更新の同期を集中管理できます。 すべての情報と展開設定が中央データベースに格納されます。

Action View
ポートフォリオ内のアプリケーションを修復するために必要なアクション内容の内訳が提供されるレポートビューです。

アルゴリズム
AppDNAではアルゴリズムを使用して、さまざまな対象プラットフォームおよび仮想化環境におけるアプリケーションの適合性、相互運用性、競合、およびパフォーマンスを検証します。 アルゴリズムは固定規則に基づく手法よりも発見的であり、(Windows 7のような)対象の技術に関連するレポートにグループ化されています。 各アルゴリズムは、対象プラットフォームで特定の問題を引き起こす可能性のあるアプリケーションを特定するように設計されています。 この問題を持つと特定されるアプリケーションは、アルゴリズムをトリガーするといわれます。 アルゴリズムは規則と呼ばれるときもあります。

アプリケーションDNA
ファイル、レジストリキー、およびファイルヘッダーから抽出されたテキストベースの情報などの、アプリケーションの構成要素に関するメタデータです。 AppDNAではこの情報を使用して、対象のプラットフォームでのアプリケーションの動作を予測します。

アプリケーションレポートビュー
2つのバージョンがあるレポートビューで、レポートに含まれる各アプリケーションの詳細な修復レポートに、両方のバージョンからアクセスできます。Application Issuesでは、レポートに含まれるアプリケーションの標準およびカスタムのRAG状態の概要が提供され、各アプリケーションが各アルゴリズムグループのアルゴリズムをトリガーした回数が表示されます。Application Actionsでは、レポートに含まれるアプリケーションの標準およびアクション後のRAG状態と修復に必要なアクションの概要が提供されます。

クライアント指示ファイル
セルフプロビジョニングクライアントがキャプチャまたはパッケージ化タスクを実行するために使用する制御ファイルです。 クライアント指示ファイルは、エンドユーザーが対象の人間が読める指示ではありません。

複雑度RAG
アプリケーションの複雑度を示すインジケーターです。 アプリケーションの持つファイルとレジストリエントリの数に基づきます。 3つの複雑度レベル(単純、標準、複雑)のしきい値を[Reporting Settings]で設定できます。 通常、アプリケーションの複雑度RAGは円で表されます。 1つの円は単純なアプリケーション、2つの円は標準のアプリケーション、3つの円は複雑なアプリケーションを表します。

カスタムRAG
アプリケーションの標準RAG状態は、レポートに組み込まれているアルゴリズムによって決定されます。 ただし、たとえば組織固有のニーズに応じて、黄色状態を赤に上げたり、緑に下げたりする必要がある場合があります。 [Algorithm Groups]画面で、各アルゴリズムのカスタムRAGを設定できます。 デフォルトでは、カスタムRAGは標準RAGと同じです。

Custom Report Manager
既存のアルゴリズムまたは独自に定義する新しいアルゴリズムに基づいて、新しいレポート、アルゴリズム、およびアルゴリズムグループを作成できます。

直接インポート
.msi、.sft、または.appvファイルを使用できる場合に、WindowsアプリケーションをAppDNAにインポートする方法です。 これは、アプリケーションDNAをデータベースにインポートする、最も時間がかからない方法です。

検出済みのアプリケーション
組織全体で、SysTrackによって使用状況を追跡しているアプリケーションです。 検出済みのアプリケーションは、[Discover Applications]画面に一覧表示されます。

Effort Calculator
アプリケーションのポートフォリオを新しいプラットフォームに移行するために必要な時間、費用、および作業を見積もります。

Estate View
対象の技術に対するアプリケーションポートフォリオの状態の概要を提供する、試用版ライセンスでのみ利用できるレポートビューです。

実行プロファイル
Install Captureの実行中に仮想マシンで実行されるタスクとリソースを制御します。 デフォルトの実行プロファイルには3つの段階が定義されています。まず仮想マシンの(ファイルシステムとレジストリ全体を含めた)状態が分析され、次にアプリケーションがインストールされ、最後に仮想マシンの状態が再度分析されます。 インストールの前後の仮想マシンの状態の違いは、アプリケーションのインストールにより加えられた変更を表します。 実行プロファイルは、セルフプロビジョニングでも同様の方法で使用されます。

外部データ
AppDNAの外部に由来する、互換性と修復に関するデータです。 たとえば、MicrosoftはWindows 7で動作すると判明しているアプリケーションの情報と、プログラム互換性アシスタント(PCA)データベースを提供しています。

フィンガープリント
アプリケーションの製品名、製造元、バージョン番号、およびファイルとレジストリエントリの数を組み合わせたものです。 AppDNAにWindowsアプリケーションを初めてインポートすると、そのフィンガープリントが格納されます。 AppDNAにそのアプリケーションを再インポートするとき、フィンガープリントが同じか変化が10%以下である場合は、同じアプリケーションであるとデフォルトでみなされます。 ただし、この動作は上書きできます。

Forward Path
さまざまな展開シナリオをモデル化してその影響を簡単に比較できるビジネス決定エンジンです。

グループ
AppDNA内のアプリケーションの論理的なコンテナーです。 グループはWindowsエクスプローラーのフォルダーと似ています。たとえばユーザーグループ、場所、またはアプリケーションの種類別に、アプリケーションポートフォリオを組み立てられます。 ポートフォリオ内の残りのアプリケーションとは別に、グループ内のアプリケーションを簡単に確認したりレポートを作成したりできます。 グループに全体的な1つのRAG状態は割り当てられず、レポートに個別の項目としては表示されません。

import
アプリケーションおよびOSイメージのDNAをAppDNAデータベースにロードする処理です。

Install Capture
.msi、.sft、または.appvファイルが使用できない場合に、WindowsアプリケーションをAppDNAにインポートする処理です。 Install Captureで仮想マシンにアプリケーションをインストールし、MSIファイルを作成します。このMSIファイルをAppDNAにインポートします。 通常、作成されるMSIはAppDNAにインポートするためにアプリケーションDNAを単にキャプチャしたものであり、アプリケーションの実際のインストールには不適切です。 必要な追加ソフトウェアを使用して、App-VシーケンスまたはXenAppパッケージをキャプチャ処理で作成できます。

統合ログオン
AppDNAユーザーがそのWindowsユーザーアカウントの資格情報を使用して自動的にAppDNAにログオンできるようにする、オプションの機能です。 つまり、ログオン画面が省略され、ユーザーはユーザー名とパスワードを入力する必要がありません。

Issue View
レポート内の各アルゴリズムをトリガーしたアプリケーションの数の内訳を提供するレポートビューです。

管理対象アプリケーション
Active DirectoryまたはConfiguration Managerで展開されるアプリケーションです。

モジュール
Windowsクライアントまたはサーバーのような、特定の状況に合わせたレポートのコレクションです。 レポートは、Windows 8やWindows Server 2012などの対象技術に関連するアルゴリズム群から構成されています。これらの対象技術に対して、アプリケーションDNAを評価します。 アルゴリズムはアルゴリズムグループに編成されています。

MSIファイル
Windowsアプリケーションのインストールパッケージファイルです。 MSIファイルには、アプリケーションのファイルとレジストリエントリに関するテキスト情報のリレーショナルデータベースが含まれています。 MSIファイルの中にはアプリケーションのバイナリファイルを含むものもあり、それらのバイナリファイルは圧縮され別のCABファイルにパッケージ化されていることも、圧縮されずパッケージ化されていないこともあります。

MSTファイル
MSIファイルと共に使用してインストールパッケージを変換、つまり操作するためのファイルです。 MSTファイルは、MSIではないインストールファイルには無関係です。

MST修正
AppDNAでMSTファイルを配布する方法です。 MSTファイルには、問題を解決するためにMSIファイルのインストール時に適用する修整が含まれています。

Non-MSIファイル
Windowsアプリケーションの、MSIファイルの形式ではないインストールファイルです。 通常、MSIではないファイルはEXE形式で、1つ以上のMSIファイルを含むものもあります。

RAG
アプリケーションの状態が赤、黄、緑のどれかであることを指します。 緑は、(対処すべき問題が生じる可能性があっても)アプリケーションが対象のプラットフォームで現状のままで機能すると予想され、ユーザー承認テストの準備ができていることを意味します。黄色は、修復を実行できますが、アプリケーションが機能しない、または一部の機能が動作しない可能性があることを意味します。赤は、アプリケーションが機能しないことが予想される、または機能しないことが確実であることを意味します。 一部のレポートビューではアクション後RAG(修復RAG)も提供されます。これは定義済みのすべての修復アクションを実行した後のRAG状態を示します。

修復レポートビュー
個々のアプリケーションの詳細な修復情報を提供するレポートビューです。当てはまる場合は、MST修復オプションも表示されます。 Remediation IssuesとRemediation Actionsの2つのビューがあります。 AppDNAの指向スパイダーでキャプチャされたWebアプリケーションには、追加のSite Mapビューがあります。

Remote Admin
仮想マシンで発生する処理(Install Captureなど)の間、仮想マシン内で動作するAppDNAエージェントです。 Remote Adminにより、AppDNAと仮想マシンの間の通信がサポートされます。

置き換え可能パラメーター
実行プロファイル内のプレースホルダーで、実行時に提供される値により置き換えられます。

レポート
レポートには、特定のプラットフォームまたは技術に対する互換性の問題がアプリケーションにないかどうかを判定するためにAppDNAで実行される分析をまとめたアルゴリズムが組み込まれています。 結果は、Application Issues、Application Actions、Issue View、Action View、詳細な修復レポートビューなど、さまざまなレポートビューで表示できます。 試用版ライセンスでは、検証用の環境に役立つ概要ビューであるEstate Viewも提供されます。

シナリオ
Forward Pathレポートのロジックを定義するスクリプトです。 ロジックはレポート対象として選択される各アプリケーションに適用されます。 レポートにはアプリケーション名、製造元、バージョン、およびインポート元のパスの列が含まれます。また、シナリオロジックにより、[Outcome]列と、オプションで[Cost]列、[RAG]列、および[Description]列、さらに最大で20個のカスタム列について値が提供されます。 ロジックでカスタム列にRAG値を指定する場合は、レポートを実行するとその列の結果の円グラフが自動的に生成されます。

セルフプロビジョニング
AppDNAにインポートするためにデスクトップアプリケーションをキャプチャするための代替メカニズムで、使用できる実行プロファイルに応じて、App-VまたはXenApp用にアプリケーションをパッケージ化します。 キャプチャとパッケージ化は、AppDNAとは別のマシンで行います。 マシンの種類は、仮想、物理、またはVDIのどれでも構いません。 セルフプロビジョニングを使用して、エンドユーザーにアプリケーションのキャプチャとパッケージ化を委任できます。

SFTファイル

App-Vアプリケーションの最大かつ最も重要なファイルです。 ファイルとレジストリエントリをはじめとする、アプリケーションのすべての資産が含まれます。 App-V 5.0では、.sftファイルはもうありません。.appvパッケージに置き換えられました。

shim
一般的なコンピューター用語で、従来のアプリケーションが依存する機能が廃止された後で、アプリケーションを動作させることができる実行可能コードの小さなファイルを指します。 shimは永久的な解決策ではなく、廃止された機能を使用しないバージョンにアプリケーションを更新するまでの、一時的な解決策として意図されるものです。

サイト
名前付きのデータベースとAppDNA Webサイトを組み合わせたものです。 AppDNAにログオンするときに、使用するサイトを指定します。 次に、AppDNAでそのサイトを使用して、指定したAppDNA WebサイトとデータベースにAppDNAクライアントを接続します。 ログオンした後は、AppDNAメイン画面の左下にある[Switch Site]ポップアップリストでサイト(およびデータベース)を切り替えられます。 複数のデータベースを使用できるため、たとえばWebアプリケーションをデスクトップアプリケーションと分けてテストする場合に便利です。 複数のデータベースを使用できるのは、同時に複数の顧客のアプリケーションポートフォリオをテストする必要があるシステムインテグレーターにとっても便利です。

スパイダー
Webページを自動的にクロールし、リンク先にアクセスし、アクセスしたすべてのページのコピーを作成するプログラムです。

標準RAG
レポートに組み込まれているアルゴリズムによって判定される、アプリケーションのRAG(赤、黄、緑)状態です。

System Center Configuration Manager
大きなグループのWindowsベースのコンピューターシステムを管理するための、Microsoftのシステム管理ツールです。 Configuration Managerにより、リモート制御、パッチ管理、ソフトウェアの配布、オペレーティングシステムの展開、ネットワークアクセス保護、およびハードウェアとソフトウェアのインベントリが提供されます。 Active Directoryのように、すべての情報と展開設定が中央データベースに格納されます。

SysTrack
Lakeside SoftwareのITビジネスインテリジェンス製品群です。 SysTrackには、エンタープライズ内のアプリケーションの使用状況を監査し追跡する機能が搭載されています。 AppDNAではこの追跡結果を[Discover Applications]画面で使用します。

タスクスクリプト
Forward Pathシナリオで生成される[Outcome]列の値に対して実行するアクションを定義するスクリプトです。 たとえば、アプリケーションの仮想化シナリオによってアプリケーションのRAG状態が緑と判定された場合は、すぐにテストするために、タスクスクリプトによってApp-V Sequencerでそのアプリケーションが自動的にシーケンス処理され、シーケンスがテスト環境に公開されます。

仮想マシン構成
Install Captureを起動し、仮想マシンと通信し、生成出力を取得できる構成設定のコレクションです。 複数の仮想マシン構成を作成して異なる要件に対応できます。Install Captureを起動するときに、使用する構成を1つ選択します。