Product Documentation

インポート

Jul 08, 2016

AppDNAでは、AppDNAへのインポート方法によってアプリケーションがWebアプリケーションなのかデスクトップアプリケーションなのかを判断します。 [Import Web Applications]画面でインポートされたアプリケーションは、Webアプリケーションとみなされます。 それ以外のすべてのアプリケーションは、デスクトップアプリケーションとみなされます。

デスクトップアプリケーション

Windowsデスクトップアプリケーションはそのインストールパッケージを使用してインポートします。 .msiまたはそのほかの種類のインストールパッケージを使用できます。 または、App-V(.sftまたは.appv)パッケージを使用することもできます。 アプリケーションインストールパッケージを見つけたら、[Import Applications]画面に移動してそれらをインポートします。

以下のいずれかの方法でデスクトップアプリケーションをインポートします。

  • 直接インポート – Windowsインストーラー(.msi)またはApp-V(.sftまたは.appv)パッケージでアプリケーションをインポートするために使用します。 これは、アプリケーションDNAをデータベースにインポートする、最も時間がかからない方法です。
  • Install Capture – Windowsインストーラー(.msi)またはApp-V(.sftまたは.appv)パッケージがないアプリケーションをインポートするために使用します。 Install Captureは、仮想マシンを使用してアプリケーションのインストールと構成の詳細をMSI内にキャプチャし、そのMSIをAppDNAにインポートします。
  • Self-Provisioning – セルフプロビジョニングの管理に使用します。セルフプロビジョニングは、AppDNAにインポートするためにデスクトップアプリケーションをキャプチャするための代替メカニズムです。 キャプチャは、AppDNAとは別のマシンで行います。 マシンの種類は、仮想、物理、またはVDIのどれでも構いません。 セルフプロビジョニングを使用して、エンドユーザーにアプリケーションのキャプチャとパッケージ化を委任できます。

管理対象アプリケーション - Active DirectoryまたはMicrosoft System Center Configuration Manager(Configuration Manager)を使用してアプリケーションを展開する場合は、展開済みのインストールを使用してアプリケーションをインポートできます。 まず、Active DirectoryおよびConfiguration ManagerのデータをAppDNAデータベースにロードします。 Active DirectoryおよびConfiguration Managerのデータには、展開済みのアプリケーションの組織単位、グループ、コレクション、ユーザー、コンピューター、およびインストール操作が含まれます。

Active DirectoryおよびConfiguration ManagerのデータをAppDNAデータベースにロードした後、[Managed Applications]画面にActive DirectoryとConfiguration Managerで展開されたすべてのアプリケーションが一覧表示されます。 この画面でインポートするアプリケーションを選択すると、それらが[Import Applications]画面に転送され、通常の方法でAppDNAにインポートすることができます。

Active DirectoryおよびConfiguration Managerのデータをこの方法で操作すると、AppDNAで組織レポートが作成されます。 これらのレポートでは、Active DirectoryまたはConfiguration Managerで定義されているグループや組織単位のユーザーとコンピューターに展開されている管理対象アプリケーションの状態の概要が提供されます。

詳しくは、「Active DirectoryとConfiguration Managerのデータの統合」を参照してください。

検出と合理化 – エンタープライズで使用されているWindowsアプリケーションを確認するには、[Discover Applications]画面を使用します。 これはLakeside SysTrackに依存する機能であり、このソフトウェアを統合することで使用できます。SysTrackは、エンタープライズ内のアプリケーションの実際の使用状況を監査しトラックするソフトウェアです。 [Discover Applications]画面には、SysTrackデータベースからアプリケーションの監査情報が取り込まれ、組織で使用されているアプリケーションが一覧表示されます。 この情報に基づいてアプリケーションを合理化し、たとえば新しいプラットフォームにアプリケーションを移行するかどうかを判断できます。 それからそれらのアプリケーションをAppDNAにインポートできます。

詳しくは、「アプリケーションの検出」を参照してください。

Webアプリケーション

Webアプリケーションは、2つの異なるアプローチまたはその両方を組み合わせてAppDNAにインポートできます。

  1. AppDNAの指向スパイダーで実行時のHTMLページをクロールし、それらをキャプチャしてAppDNAにインポートします。
  2. Webアプリケーションのソースファイルをインポートします。
  3. 指向スパイダーの出力とWebアプリケーションのソースファイルを組み合わせます。

どちらのアプローチも、AppDNA内で実行するか、スタンドアロンのAppDNA Web Application Captureツールを使用して実行できます。

詳しくは、「Webアプリケーションのインポート」を参照してください。