Product Documentation

直接インポート

Jul 08, 2016

.msi、.appv、または.sftファイルを使用できるデスクトップアプリケーションを直接インポートできます。

標準のWindowsインストーラー(.msi)ファイルとApp-V(.sftまたは.appv)パッケージファイルの両方がある場合は、通常、.msiファイルをインポートすることをお勧めします。 これは、App-Vパッケージが仮想環境用に用意されているために、ネイティブWindows環境用のアプリケーションDNAの一部が含まれていないためです。 たとえば、ドライバーおよびレジストリ設定に関する情報が省略される場合があります。 このため、.msiファイルを使用できる場合は、.msiファイルをインポートすることをお勧めします。

これらの手順では、[Auto Analyze]は無効になっています([Edit]>[Settings]で選択します)。 [Import]と[Analyze]は個別の2つのオプションになります。
  1. AppDNAの サイドバーから [Import] 、 [Applications]の順に選択します。
  2.  [Direct Import] タブをクリックします。
  3. インポートする.msi、.appv、または.sftファイルを指定するには、 [Browse]、 [Search]または [Import from list]をクリックします。
  4. インポートするアプリケーションを選択します。
  5. AppDNAデータベースへのアプリケーションDNAのロードを開始するには、[Add to import queue]をクリックします。
localized image

他のアプリケーションのインポート中に、新しいインポート対象を追加できます。 :インポートが完了またはキャンセルされたアプリケーションをカーソルが選択すると、[Add to import queue]ボタンを使用できます。

次の場所で、進行状況を追跡します。

  • [Progress]列。
  • アプリケーションの進行状況を示すメッセージの右側にある[Log] アイコン。
  • 右下にある[View Server Queue]リンク。

インポートを取り消すには、[Cancel] ボタンをクリックします。 クライアント側の処理中にインポート作業がキャンセルされた場合、MSIの展開が完了すると、[Canceled]状態が表示されます。

インポート時のMSTファイルの適用

.mstファイルを.msiファイルと共に使用して、インストールパッケージを変換、つまり操作することができます。

.msiファイルと同じ場所に.mstファイルがあれば、インポート時に.mstファイルを適用できます。 .mstファイルを使用できるすべてのアプリケーションについてこれを行うには、[Select All MSTs]チェックボックスをオンにします。


MSTsの選択

または、特定のアプリケーションについて.mstファイルを選択できます。 これを行うには、アプリケーションの左の[+]をクリックして、適用する.mstファイルを選択します。

インポート中のグループへのアプリケーションの追加

  1. [Import Applications]画面で、グループに追加するアプリケーションを選択します。
  2. ツールバーの[Import into group]ボックスの一覧から、グループを選択します。

または、[Group]列をクリックして、個々のアプリケーションのグループを選択することもできます。

アプリケーションの再インポート

AppDNAにデスクトップアプリケーションを初めてインポートすると、そのフィンガープリントが格納されます。 フィンガープリントとは、アプリケーションの製品名、製造元名、バージョン番号、およびファイルとレジストリエントリの数を組み合わせたものです。 AppDNAにそのアプリケーションを再インポートするとき、フィンガープリントが同じか変化が10%以下である場合は、同じアプリケーションであるとデフォルトでみなされます。 これは、修復処理の一環としてアプリケーションを変更して再インポートしたときに、通常は同じアプリケーションであるとみなされることを意味します。 同様に、アプリケーションの新しいバージョンも、通常は同じアプリケーションであるとみなされます。

ただしこの動作を変更して、フィンガープリントに変更がなくても、常に異なるアプリケーションであるとみなされるようにすることもできます。 これを行うには、[Import and Analyze Settings][Finger print override]チェックボックスをオンにします。 ただし、レポートを表示できるアプリケーションの数はAppDNAのライセンスで制御されるため、ライセンスに影響があることに注意してください。

同じ場所からアプリケーションを再インポートすると、テキストが[Path]列に太字で表示され、そのアプリケーションが同じ場所から既にインポート済みであることが示されます。