Product Documentation

[Import Applications]ツールバー

Jul 08, 2016

このトピックでは、[Import Applications]画面のツールバーについて説明します。 この画面を使用して、AppDNAにデスクトップアプリケーションをインポートします。

[Import Applications]画面を開くには:

  • サイドバーから[Import & Analyze][Applications]の順に選択します。

メインツールバー

Browse - 個々のインストールファイルを選択するために使用します。 [Direct Import]タブで.msi、.sft、または.appv以外のファイルを選択すると、そのファイルは自動的に[Install Capture]タブに追加されます。 同様に、[Install Capture]タブで.msi、.sft、または.appvファイルを選択すると、そのファイルは自動的に[Direct Import]タブに追加されます。

Search - ディレクトリ構造内で、さまざまな種類のインストールファイルを再帰的に検索するために使用します。 オプションで、.mst変換ファイルも検索したり、アプリケーションを追加するグループを指定したりできます。 [Direct Import]タブまたは[Install Capture]タブでこのボタンをクリックすると、.msi、.sft、および.appvファイルは自動的に[Direct Import]タブに追加され、それ以外のファイルは自動的に[Install Capture]タブに追加されます。 詳しくは、「アプリケーションの検索」を参照してください。

Import from List - インポートするアプリケーションの一覧を定義する.csvファイルを選択します。 詳しくは、「一覧からのインポート」を参照してください。

Select - 失敗したインポート、警告付きのインポート、成功したインポートを選択できます。

Backup – 後で元の状態に戻せるように、[Direct Import]タブおよび[Install Capture]タブのアプリケーションの一覧のバックアップを作成します。

Restore – 前にバックアップを作成したアプリケーション一覧を復元します。

Delete – 現在のタブから選択したアプリケーションを削除します。

Cancel - 現在実行中の処理をキャンセルします。

Import - 選択したアプリケーションをAppDNAにインポートします。 このボタンをクリックすると、[Direct Import]タブと[Install Capture]タブで選択したすべてのアプリケーションがインポートされます。 [Install Capture]タブでアプリケーションを選択した場合は、仮想マシン構成の一連のチェックがデフォルトで実行されます。 これらのチェックは、必要に応じて、[Install Capture Settings]で無効にすることができます。

Analyze - インポート後にデータを分析します。 または、後でアプリケーションを分析できます。 詳しくは、「アプリケーションの分析」を参照してください。

[Direct Import]のツールバー

[Direct Import]ツールバーには次のオプションがあります。

Select All MSTs - インポート時に.msiファイルに.mstファイルを自動的に適用するには、このチェックボックスをオンにします。 .mstファイルと.msiファイルは同じ場所に保存されている必要があります。 .mstファイルは、.msiファイルを変換つまり操作するために使用します。

Expand All MSTs - インポートする.msiファイルを選択したときに同じディレクトリに.mstファイルがある場合は、アプリケーション名の左側に[+]が表示されます。 [+]をクリックすると、関連する.mstファイルが表示され、個別に選択することができます。 [+]をクリックしなくても自動的にすべての.mstファイルが表示されるようにするには、このオプションをオンにします。

Import into Group - 作成済みのグループを一覧表示します。 選択したアプリケーションをインポートするときに自動的に追加するグループを選択します。 詳しくは、「グループ」を参照してください。

Configuration - クリックすると[Import and Analyze Settings]が開きます。