Product Documentation

Install Capture

Jul 08, 2016

Install Captureを使用すると、.msi、.sft、または.appvファイルを持たないデスクトップアプリケーションをインポートできます。 Install Captureで仮想マシンにアプリケーションをインストールし、.msiファイルを作成します。このファイルをAppDNAにインポートします。

通常、作成される.msiファイルはAppDNAにインポートするためにアプリケーションDNAを単にキャプチャしたものであり、アプリケーションの実際のインストールには不適切です。 ただし、必要な追加ソフトウェアがある場合は、キャプチャ処理によって、App-VシーケンスまたはXenAppプロファイルに加えて、AppDNAへのインポートを目的とする.msiファイルを作成できます。

Install Captureを使用したアプリケーションのインポート

  1. AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze][Applications]の順に選択します。
  2. [Install Capture]タブをクリックします。
  3. [Install Capture]タブで、インポートする.exeファイルまたはそのほかのインストールファイルを選択します。
    重要:Install Captureでインポートするアプリケーションを選択するときは、次のようなUNCパスを使用する必要があります。\\MyServer\MyApplications\MyApplication.exe 指定するパスに、仮想マシンからアクセスできる必要があります。アクセスできなければインポートは失敗します。
  4. アプリケーションの一覧から、インポートするアプリケーションを選択します。
  5. 使用する仮想マシン構成を選択します。
  6. 必要に応じて、アプリケーションのグループを選択します。
  7. ツールバー右側の[Import]をクリックして、AppDNAデータベースにロードするためのアプリケーションDNAのキャプチャを開始します。

デフォルトでは、仮想マシン構成の一連のチェックが実行されます。 いずれかのチェックが失敗する場合は、「トラブルシューティング」を参照してください。

チェックが正常に完了すると、進行状況バーが表示され、Install Captureの処理が発生している仮想マシンが開きます

vSphereまたはHyper-Vの仮想マシンを使用している場合は、[リモートデスクトップ接続]ウィンドウでその仮想マシンが開きます。 警告ウィンドウが開いたら、[このコンピューターへの接続について今後確認しない]チェックボックスをオンにして[接続]をクリックします。 [Windowsセキュリティ]ダイアログボックスが開いたら、仮想マシン用のユーザー名とパスワードを入力します。 ドメインユーザーアカウントを使用してください。 次に[資格情報を記憶する]チェックボックスをオンにし、[OK]をクリックします。

Install Captureの処理の一般的な情報については、次の「Install Captureの処理」を参照してください。

重要:インストール時にコンピューターの再起動が必要な場合は、[コンピューターを後で再起動します]などのオプションを選択してください。 Install Capture処理の実行時に仮想マシンを再起動するとInstall Captureが失敗します。

Install Captureの処理

[Install Capture]タブで[Import]をクリックし、仮想マシン構成のチェックが完了すると、[AppDNA Virtual Machine Remote Controls]ウィンドウが開きます。

  • [Automatic]チェックボックスをオンにした場合は、オペレーティングシステム上でBefore snapshotの処理が自動的に実行されます。
  • 手動モードを選択した([Automatic]チェックボックスをオフにした)場合は、実行するアクションを手動で選択して[Perform]をクリックする必要があります。 ドロップダウンリストに表示される順序にアクションを選択します。

発生する処理は実行プロファイルによって制御されます。 Snapshot実行プロファイルを使用する場合は、Before snapshotが仮想マシンで実行される最初のアクションです。 Before snapshotが完了すると、インストールが実行されます。 手動インストールが必要な場合は、必要に応じてアプリケーションをインストールして構成します。

重要:インストール時にコンピューターの再起動が必要な場合は、[コンピューターを後で再起動します]などのオプションを選択してください。 Install Capture処理の実行時に仮想マシンを再起動するとInstall Captureが失敗します。

アプリケーションのインストールが完了すると、After snapshotが開始されます(ここでも、Snapshot実行プロファイルの使用を前提としています)。 これが完了すると、作成されたMSIのロードが開始されます。 インポートが完了すると、[AppDNA Virtual Machine Remote Controls]ウィンドウが閉じ、[Install Capture]タブの進行状況が「Loading Completed Successfully」に変わります。